東洋経済新報社125周年記念事業

記念出版、記念オンラインシンポジウムのご案内

 株式会社東洋経済新報社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:駒橋憲一)は昨年11月、創立125年を迎えました。永年のご愛顧に心より感謝申し上げます。125周年を迎えるにあたり、昨年8月と今年3月にあわせて4点の刊行物を記念出版し、また関連して記念オンラインシンポジウムを開催させていただきます。

記念出版は、4点を刊行いたします。

『ワイズカンパニー』
日本発の経営学の世界的名著『知識創造企業』の著者、野中郁次郎氏と竹内弘高氏による、25年ぶりの同書続編。未来に向けてイノベーションを起こすリーダーや企業を描き、デジタル時代の人間の生き方と経営を考えます。


『超訳 ケインズ「一般理論」』
今も様々な分野にますます影響力を高めている世界的名著『雇用、利子、お金の一般理論』(ジョン・メイナード・ケインズ著)を、翻訳家・山形浩生氏が読みやすくわかりやすく、そのエッセンスを凝縮しました。


『アクティブ・ラーニングで学ぶ 日本の経済』
リモート講義にも完全対応し、豊富なワークやeラーニング、インストラクターズ・マニュアルも完備した"全く新しい教科書"。オンラインでもリアルでも、すぐに魅力的なアクティブ・ラーニングを実現できます。


『石橋湛山の65日』
弊社の第5代主幹であり第55代首相や各大臣を歴任した石橋湛山の政治家としての足跡を追った迫真のノンフィクション。保阪正康氏(ノンフィクション作家)が戦後昭和史の謎を解き明かします。



 また、保阪正康氏の書籍『石橋湛山の65日』からテーマを得て、東洋経済新報社125周年記念シンポジウム「政治家 石橋湛山の65日」をオンライン配信にて開催いたします。
 はじめに保阪正康氏のご講演、そのあと石破茂氏(衆議院議員)、モデレーターとして船橋洋一氏(一般社団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長)に加わっていただき、政治家・石橋湛山の本質に迫るパネルディスカッションを展開いたします。是非多くの方のご参加をお待ちしております。




オンライン配信日時
2021年4月14日(水)19:00~20:30


開会挨拶
東洋経済新報社代表取締役社長 駒橋憲一

基調講演 「石橋湛山の65日」
保阪正康氏(ノンフィクション作家)

パネルディスカッション 「石橋湛山と保守政治」
保阪正康氏
石破茂氏(衆議院議員)
モデレーター/船橋洋一氏(一般社団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長)


視聴には事前登録が必要になります。
https://s.toyokeizai.net/apply.html?id=SM202104TANZAN
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東洋経済新報社 >
  3. 東洋経済新報社125周年記念事業