収入サポート保険 「くらすプラスZ」 を発売

長期はもちろん、短期の就業不能状態を幅広く保障

 チューリッヒ生命保険株式会社(代表取締役社長:太田健自)は、2021年9月2日(木)より、収入サポート保険 「くらすプラスZ」 ※1を発売します。

 「くらすプラスZ」は、入院や自宅療養などに備える「短期収入サポート」と、所定の障害状態に備える「長期収入サポート」により、働けなくなった場合の収入減少を幅広く保障します。また、就業不能状態が長期間となることも多い精神疾患も保障対象とすることにより、充実した保障内容を実現しております。

■チューリッヒ生命の「くらすプラスZ」の3つの特長
1.長期の就業不能はもちろん、短期の就業不能状態を幅広く保障
 病気やけがによる所定の高度障害状態になった場合や、不慮の事故による所定の身体障害状態になった場合、そして国民年金法の障害等級1級または2級※2に認定された場合に、「長期収入サポート月額給付金」をお支払いします。また、同一の月に10日以上入院または医師の指示を受け自宅など※3で治療に専念した場合に「短期収入サポート月額給付金」をお支払いします。
2.精神疾患も保障
 「長期収入サポート月額給付金」は、精神疾患により国民年金法の障害等級1級に認定された場合でも給付金をお支払いします。また、「短期収入サポート月額給付金」においては、精神疾患により10日以上入院した場合でも給付金をお支払いします。
3.「長期収入サポート月額給付金」は、仕事への復帰後も給付金が継続
 「長期収入サポート月額給付金」の支払事由に該当した場合は、再び就業が可能な状態となったとしても、保険期間満了まで生存していることを条件に給付金をお支払いします。

※1 正式名称:無解約払戻金型収入サポート保険 ※2 精神の障害は1級のみ ※3 精神及び行動の障害の場合は入院のみ


1.開発背景

 2021年4月に改正された高年齢者雇用安定法により、70歳までの就業機会確保が企業の努力義務となりました。就業機会が増えた一方で、高齢時まで働くことにより、病気やケガなどで働くことができずに収入を得られなくなるリスクは増加することになります。

 会社員や公務員の場合、病気やケガなどで就業できない状態が一定期間継続した場合は、「傷病手当金」が支給されます。しかし、治療が長期化すると治療費の支出が増えるだけでなく、収入自体も減少するため家計への負担が大きくなります。また、全国健康保険協会の調査※4では、傷病手当金の受給原因の約31%が精神疾患によるものとなっているなど、精神疾患への備えは重要となっています。

 このような背景を踏まえ、当社ではお客様が働けなくなった場合の収入減少を精神疾患も含めて幅広く補うことができる、収入サポート保険 「くらすプラスZ」 の開発に至りました。

※4 令和元年度 全国健康保険協会管掌健康保険 現金給付受給者状況調査報告

2.取扱い内容

 

項目 内容
商品名 くらすプラスZ
正式名称 無解約払戻金型収入サポート保険
契約年齢 満15歳~65歳※5
※5 インターネットチャネルの場合、満20歳~65歳
保険期間 55歳・60歳・65歳・70歳・75歳
保険料払込期間 10年・55歳・60歳・65歳・70歳・75歳払済
(被保険者の契約年齢から10年以上が必要)
保険料払込方法 月払・年払
保険料払込経路 口座振替またはクレジットカード支払
販売チャネル(予定) 募集代理店、金融機関、インターネット、通信販売※6
※6 販売チャネルによっては取扱範囲が異なる場合があります。

 

3.保障内容
 
給付金名称 支払事由 支払額
短期収入サポート
月額給付金
被保険者が、同一の月に10日以上、つぎのア.イ.の療養状態に該当したとき

ア.責任開始期以後に生じた疾病・不慮の事故・不慮の事故以外の外因を直接の原因として、保険期間中に治療を目的として病院または診療所に入院したこと
イ.責任開始期以後に生じた傷害または疾病を直接の原因として、保険期間中に医師の指示を受けて、軽い家事および必要最小限の外出を除き、自宅等で治療に専念していること
ただし、約款所定の精神及び行動の障害を原因とするものを除く
長期収入サポート給付月額×0.5
第1回長期収入
サポート月額給付金
被保険者が、つぎのいずれかに該当したとき

ア.責任開始期以後に生じた傷害または疾病を原因として所定の高度障害状態に該当したとき
イ.責任開始期以後に発生した不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日からその日を含めて180日以内に所定の身体障害の状態に該当したとき
ウ.責任開始期以後に生じた傷害または疾病を原因として、国民年金法にもとづき障害等級1級または2級に該当していると認定され、障害基礎年金の受給権が生じたときただし、障害等級2級の状態のうち、精神障害の状態に該当していると認定されたときを除く
長期収入サポート給付月額
第2回以後長期
収入サポート月額給付金
第1回長期収入サポート月額給付金が支払われた場合において、その支払日の翌月以後、第1回長期収入サポート月額給付金を支払った日の長期収入サポート月額給付金支払期間中の月単位の応当日(応当日がない月の場合は、その月の末日)が到来したとき 長期収入サポート給付月額


[短期収入サポート月額給付金免責特則]
 本特則を付加した場合は、短期収入サポート月額給付金は支払わず、長期収入サポート月額給付金のみ支払います。


4.月払保険料例

■長期収入サポート給付月額:10万円
■保険期間・保険料払込期間:65歳満了
■短期収入サポート月額給付金免責特則:なし
加入年齢 男性 女性
満30歳 3,670円 2,370円
満40歳 2,970円 1,980円
満50歳 2,430円 1,530円

 

■長期収入サポート給付月額:20万円
■保険期間・保険料払込期間:65歳満了
■短期収入サポート月額給付金免責特則:なし
加入年齢 男性 女性
満30歳 7,340円 4,740円
満40歳 5,940円 3,960円
満50歳 4,860円 3,060円

 

チューリッヒ生命保険株式会社について
 チューリッヒ生命保険株式会社は、チューリッヒ・インシュアランス・グループの日本における生命保険事業の主要拠点として1996年に開設した日本支店の会社形態を日本法人へ変更し、2021年4月より営業しています。多くの働き盛りの世代の方々に、「革新的な保障性商品」と「高品質なサービス(Z.Q.:チューリッヒ・クオリティー)」を乗合代理店、銀行窓販およびインターネットなど、「お客様にとって利便性の高い選択権の活かせるチャネル」を通じて、ご提供しています。

チューリッヒ・インシュアランス・グループについて
 チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、およそ55,000人の従業員を有し、世界215以上の国と地域で、個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN)はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.comをご覧ください。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チューリッヒ生命 >
  3. 収入サポート保険 「くらすプラスZ」 を発売