エクサウィザーズ、地銀の法人事業DXを支援する「exaBase企業検索 for 地銀」を発表

~地域企業をAI検索できる情報基盤を提供、金融機関が新ビジネス創出を可能に~

 AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組む株式会社エクサウィザーズ(東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下、エクサウィザーズ)は、地域企業の事業承継などに関する情報をAIで検索できる「exaBase 企業検索 for 地銀」を発表します。

 exaBase 企業検索 for 地銀は、地域金融機関が独自に保有する企業データと、当社が収集した全国450万法人のデータ、技術の相関情報、最新のトレンドなどを掛け合わせ分析することで、地域金融機関が地域企業の事業承継の相手先を見つけたり、事業機会を可視化したりできる情報プラットフォームです。システムはSaaS型だけでなく、オンプレミス型でも提供可能です。

 この地域金融機関向けのプラットフォームを導入することにより、地域金融機関は、融資業務における他行との差別化や新たな収益源を確立することを可能にし、地域の振興にも貢献できます。具体的には、①事業承継・M&Aビジネスの高度化、②産業知見に基づいた事業コンサルティング、③工業製品の地域商社、などのビジネスの実現に活用することができます。営業管理システムなど、各行で利用中のシステムとの接続も可能で、システム経由でデータ連携することによって常に情報が更新され、最新の分析結果を取得できます。


☑ 開発・提供の背景
 地域金融機関は、主要事業である法人融資事業において、低金利環境の長期化や他金融機関との競合による融資金利・収益の低減圧力が継続しています。また、社会からは「地域経済再生の牽引役」としての役割を期待されています。
 こうした事業環境のもと、地域金融機関からは「強みである地域企業との接点やデータを活用して新たなビジネスや価値提供に取り組みたいが、データを活用しきれていない」「データをどのように活用したらよいのか分からない、あるいはリソースが足りない」といった声が聞かれます。 

☑ 解決方法

図 業務に応じた対象企業を判断理由とともに表示する。エクサウィザーズの「exaBase 企業検索」などのAIサービスを基盤に提供する図 業務に応じた対象企業を判断理由とともに表示する。エクサウィザーズの「exaBase 企業検索」などのAIサービスを基盤に提供する

  こうした地域金融機関の課題に対して、エクサウィザーズは、各行が保有する取引先の会社要綱などの情報を連携するだけで、簡単に地域企業の事業承継のマッチングをしたり、事業機会のある取引先企業を見出したりできる情報プラットフォーム「exaBase企業検索 for 地銀」を提供します。

 地域金融機関はこの情報プラットフォーム活用し、①事業承継・M&Aビジネスの高度化、②産業知見に基づいた事業コンサルティング、③工業製品の地域商社ビジネス、などを実現することができます。

 本サービスでは、エクサウィザーズが金融業界におけるプロジェクトで培った経験に基づくAI/DXの戦略コンサルティングと、情報プラットフォーム導入による幅広い技術アセットがワンストップで利用可能です。約450万法人のデータを収録する「exaBase 企業検索」(※)を活用し、ビジネスの実現に必要となるAIモデルと、ビジネス化に必要な知見やリソースを各行の状況やニーズに合わせて提供いたします。

 地域金融機関は法人融資業務における他行との差別化や、新たな収益源を確立することが可能となります。またビジネス要件に応じて、個別のAIの開発やデータ活用にも対応します。

※ exaBase 企業検索とは
 エクサウィザーズは、年間約250件のプロジェクトにおいて500社超の顧客に提供してきた技術アセットを「exaBase」として、再利用可能な形で創業以来蓄積しています。exaBase企業検索は、経産省提供のgBizINFO収録の約450万社の法人番号に、各企業のHPを始めとするWeb上の公開情報をクロールして紐付けることで、国内企業を網羅した上で膨大な関連情報の収集を可能とした、企業情報に特化した検索エンジンです。

 


☑活用例

事業承継の対象となる企業を検索した結果の画面。候補となる企業が、そのように判断された理由とともに表示される。  エクサウィザーズの「exaBase 企業検索」などのAIサービスを基盤に提供する。事業承継の対象となる企業を検索した結果の画面。候補となる企業が、そのように判断された理由とともに表示される。 エクサウィザーズの「exaBase 企業検索」などのAIサービスを基盤に提供する。


①事業承継・M&Aビジネスの高度化 
 各行が保有する地域企業の特徴(業種、事業内容、財務情報など)や経営者の情報と、exaBase企業検索に格納した日本全国の企業情報、業界のトレンド・ニュースといった情報を組み合わせます。その結果、事業承継のニーズの予測、M&Aによってシナジーの創出が見込める企業ペアを抽出します。また、買い手企業(出資側)を指定すると、M&Aによってシナジーの見込める売り手候補企業(被出資側)、売り手企業を指定すると買い手候補企業を抽出できます。
 従来把握することが困難であった事業承継ニーズの把握や、M&Aによってシナジーの見込める相手先を地域企業に提案することが可能となります。

②産業知見に基づいた事業コンサルティング 
 地域企業にとっての新たな事業機会となり得る成長産業について、Webで取得可能な行政文書、業界ニュース、各金融機関が保有している情報(テキスト情報)などから、産業構造の理解に必要な情報を抽出し整理。地域企業の持つ製品/技術との関係性や事業展開の可能性などを可視化します。
 通常のWeb検索ではたどり着くのが難しい情報を得たり、産業構造の的確な理解を支援したりします。これによって、地域企業に対する事業性評価やコンサルティング力の強化が可能となります。
 
③工業製品の地域商社ビジネス
 域内外の企業からの工業製品の受注に対して、受注に対応可能な地域企業を抽出します。
例えば、リース会社との協業により、IoTデバイスを埋め込んだ製造設備をリースし、設備の稼働状況まで加味したマッチングビジネスを行うことも検討可能です。
 中小企業の需要獲得や営業負荷の軽減、地域の受発注の最適化などに貢献できる新たなビジネスの実現を支援します。

☑利用方法
 地域金融機関は、法人事業の戦略を検討する総合企画部や営業戦略部などの担当者を窓口に設定いただくだけで、簡単に利用を開始できます。
 AI/データ活用を進める上では、各行が実現したいビジネスのアウトラインやそのターゲットを明確にし、その実現にむけた適切なステップを規定することが重要となります。各行が実現したいビジネスのアウトラインやそのターゲットを踏まえ、エクサウィザーズのAIコンサルタントがビジネス要件の定義やPoCの設計などを支援しながら、エンジニアが各行の保有するデータの形式や内容を理解しAIモデルの開発、現場への導入を実施します。

☑提供時期・形態 
 exaBase企業検索for地銀は、法人事業のDXを加速したいと考える地域金融機関向けに2022年10月1日から随時提供を開始します。

 本サービスでは、ビジネス要件の定義からAIモデルの開発・現場導入まで一気通貫でサブスクリプション形式にてご利用いただけます。また、導入行の現状や課題感に応じて、オンプレミス型での提供や必要な部分を切り出してご利用いただくことも可能です。

※エクサウィザーズの金融業界における実績例
・日本M&Aセンターが、企業情報に特化した検索エンジン「exaBase企業検索」を採用
・M&Aにおける買い手と売り手の相性診断機能「TRANBI相性分析」の構築
・三菱UFJフィナンシャル・グループとの資本業務提携
・複数の大手金融機関における法人営業の高度化

【株式会社エクサウィザーズ 会社概要】
会社名:株式会社エクサウィザーズ
所在地:東京都港区東新橋1丁目9−2 汐留住友ビル 21階
代表者:代表取締役社長 石山 洸
事業内容 :AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決
URL:https://exawizards.com/

<広報に関するお問い合わせ先>
株式会社エクサウィザーズ 広報部メール:publicrelations@exwzd.com

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクサウィザーズ >
  3. エクサウィザーズ、地銀の法人事業DXを支援する「exaBase企業検索 for 地銀」を発表