ヴァセリン ピュアスキンジェリーとボディクリームを寄付

最前線で闘い続けてくれている医療関係者の方の肌を守るため、感謝を込めて。

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役 社長:サンジェイ・サチュデヴァ)のスキンケアブランド「Vaseline(ヴァセリン)」は、同ブランドの総販売代理店である株式会社シービック(本社:東京都港区、代表取締役 社長:児島誠一郎)と協同で、2020年7月、新型コロナウィルスとの闘いが続く全国の医療機関へ、ヴァセリン ピュアスキンジェリーと、ヴァセリン ボディクリームを、計11,040個、寄付いたしました。

ヴァセリンは、2015年から、「ヴァセリン・ヒーリング・プロジェクト」という社会貢献活動を世界的に行っており、この度の、新型コロナウィルスの世界的感染拡大を受け、米国、英国、中国、南アフリカなど、各国で医療関係者やNPO団体をサポートする活動を行っています。

日本でも、新型コロナウィルスとの闘いが長期化する中、感染予防のための手洗いやアルコール消毒で、乾燥しがちな手肌のケアに少しでも役立てていただければと、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンが運営する「空飛ぶ捜索医療団(ARROWS)」の協力の基、寄付いたしました。


<ヴァセリン・ヒーリング・プロジェクトとは>
身体の健康と比較し、肌の健康は見過ごされがちです。けれど、肌は、厳しい外界の環境から、私達を最前線で守ってくれています。その肌が健康でないとき、私達は、肌を隠したくなったり、気になって大切な何かを楽しめなかったりしないでしょうか。

ヴァセリンは、私達が毎日を前向きに過ごすために、肌の健康は欠かすことが出来ないと考え、より多くの人が、人生を前向きに過ごせるよう、スキンケアを通じ、サポートしたいと願っています。

「ヴァセリン・ヒーリング・プロジェクト」は、貧困、災害、紛争など、様々な困難のため、肌の健康を維持することが難しい人々の、肌の健康を取り戻すことをサポートしたいという思いから、2015年、スタートしました。スタート以来、ヨルダンのシリア難民キャンプや、医療が届きにくいインドの農村部などへピュアスキンジェリーや医療品を届けるなどの活動を行い、2020年5月時点で、世界で500万人以上の方をサポートしています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社 >
  3. ヴァセリン ピュアスキンジェリーとボディクリームを寄付