栃木県佐野市とAnother worksが民間複業人材活用における連携協定を締結!民間の知見を行政に取り入れ、地域課題解決を目指す

地方創生を推進する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド for Public」を展開する株式会社Another works(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大林 尚朝)は、2022年5月19日、栃木県佐野市と連携協定を締結し、行政へ複業人材を登用する実証実験を開始しました。あわせて本日より、複業人材の募集を4職種で開始いたします。

Another works は35例目となる実証実験を成功させ、行政における複業人材の登用を推進するリーディングカンパニーとして更なる成長を目指して参ります。
https://special.aw-anotherworks.com/public-sano.tochigi/index.html

  • 実証実験の背景
新型コロナウイルス感染症拡大により社会・経済情勢が大きく変化する中で、高齢者福祉・自治体DXの推進・移住定住の促進・地域ブランドの育成・まちづくりなど地域の課題が複雑化しています。自治体ではそれらの課題に対し、住民ニーズや職員ニーズに合わせたさまざまな対応策は必須となっています。

そこで弊社では、有能な民間人材の知見や経験を多様化する行政課題の解決に活かし、地方創生に貢献すべく、複業クラウドを活用し行政に複業人材を登用するサポートを行っています。
 
  • 佐野市と取り組む実証実験の概要
佐野市とAnother worksの実証実験では、デジタル推進アドバイザー、広報紙戦略アドバイザー、デザインアドバイザー、広報・PRアドバイザーの4職種で複業人材の公募を開始します。

デジタル推進アドバイザーは、デジタルを活用した佐野市の課題解決や、市民生活の利便性の向上について検討すべく募集します。

広報紙戦略アドバイザーは、広報紙の新たなコンテンツ作成やPR戦略の立案においてアドバイスをいただきたく、民間の複業人材を公募します。

デザインアドバイザーは、読みたくなる広報紙を目指しリニューアルを進めるにあたり、民間の複業人材の方にアドバイスをいただきたく募集します。

広報・PRアドバイザーは、これからの柱となるブランドの検討、市内外への効果的なPR戦略の策定を目指します。

登用されるアドバイザーには、オンラインによって定期的な業務を遂行していただきます。たくさんのエントリーをお待ちしております。
 
  • 募集職種
・デジタル推進アドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/17740
・広報紙戦略アドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/17645
・広報・PRアドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/17586
・デザインアドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/17588
応募は複業クラウドにご登録後、エントリーをお願いいたします。
 
  • スケジュール
5月19日 公募開始
6月2日 公募終了
6月中旬 内定
7月~ 業務開始
12月末 業務終了
1月 最終報告会
※実験成果によっては延長あり
 
  • 佐野市長  金子 裕氏からのメッセージ


佐野市は栃木県の南西部に位置し、北部は緑豊かな自然環境に恵まれた中山間地域、南部は住宅や産業基盤が集積する都市的地域と農業が展開している地域です。3つのインターチェンジを有する高速交通の要衝となっており、国指定史跡の「唐沢山城跡」など歴史・文化的財産、佐野厄除け大師、佐野らーめんといった観光スポットや独特の食文化に恵まれています。

そして、現在取り組んでいる主な事業の一つとして、これまで重視してきた市民の安全安心や健康増進などの「セーフ(安全)」の実現を取組の柱とし、その成果として目指すべき未来の佐野市の姿を、佐野市版スマートシティである「スマートセーフシティ」として位置づけ、市民とともに安全安心な街の実現を図ろうとしています。


このように未来を見据えた取組を行いながら、豊かな地域資源をもつ本市は、人とのつながりを大切にしながら「住んでよし、訪れてよし」のまちとして進化し、多くの人から「選ばれる佐野市」を目指しています。

一方では、他の自治体と同様に人口減少が進む中で様々な課題を抱えています。社会経済が目まぐるしく変化している中、行政もこれまでの固定観念にとらわれずに柔軟性を持って対応していく必要があると考えています。Another works様との協定により、民間の方の専門的な知見をお借りできることは行政課題の解決に限らず、行政資源である職員の成長の一助になるものと確信しており、この度の協働事業でデジタルを活用した住みやすいまちづくり、効果的な広報による市民との一体感の醸成、地域ブランドの推進といった分野における行政課題の解決、そして地域の活性化につながることを期待しています。
 
  • 栃木県佐野市  概要
自治体名:栃木県佐野市
住所:    〒327-8501 栃木県佐野市高砂町1番地
自治体HP:https://www.city.sano.lg.jp/index.html
 
  • 「複業クラウド for Public」とは
専門人材不足の地方自治体が、複業人材登用により地方創生を推進できるサービスです。民間複業人材と自治体職員の協働プロジェクトにより、行政課題・地域課題の解決を実現します。Another worksと連携している自治体との取り組みはこちらからご確認いただけます。
連携希望の地方自治体担当者さまがいらっしゃれば、気軽にご連絡ください。
https://forseries.aw-anotherworks.com/public
 
  • 株式会社Another works


「挑戦する全ての人の機会を最大化する」をビジョンに掲げるスタートアップ企業です。2019年9月のサービスリリース以来、一部上場企業から自治体、スポーツチーム、教育機関など、あらゆる業種で複業人材の登用を後押ししてきました。サービス導入を検討されている担当者様は、ぜひお問い合わせください。

社名:株式会社Another works
代表取締役:大林 尚朝
所在地:東京都渋谷区恵比寿2丁目6番26号恵比寿クロスサードB1階
URL:https://anotherworks.co.jp/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Another works >
  3. 栃木県佐野市とAnother worksが民間複業人材活用における連携協定を締結!民間の知見を行政に取り入れ、地域課題解決を目指す