【横浜高島屋】パンからつくった野菜!?販売期限切れのパンを堆肥に活用して育てた野菜を使った“循環型” のパン「ぱんクル(パン+リサイクル)」販売!

 

横浜高島屋Foodies’ Port2<ベーカリースクエア>内、「KANAGAWA BAKERs' DOCK」では、10月27日(水)より、販売期限切れのパンを堆肥に活用して育てた野菜を使ったパン=「ぱんクル(ぱん+リサイクル)」を販売いたします。

 

<ベーカリースクエア>では、3月のオープン以来、国内でも有数の規模を誇るベーカリーコーナーとして、1日10,000個以上のパンを販売する中で、閉店後のパンの冷凍販売や、賞味期限間近のパンを使った発泡酒の販売など、パン業界の課題でもある“食品ロス”問題にも取り組んでいます。

さらに、3月のオープン以降、販売期限切れのパンを定期的に山梨県北杜市の農場(株式会社アルソア慧央グループが運営する「レインボーファーム」)に送り、酵母と納豆菌など土づくりに良い菌を加え、菌の力で発酵させることで堆肥化。廃棄処分を避けられなかった販売期限切れのパンを堆肥の原料の一部として再利用する取り組みも行ってまいりました。

今回、この堆肥を使った良質な土壌で耕作したサツマイモやカボチャを10月23日(土)の収穫を経て、地元・神奈川県内のベーカリーの協力のもと商品化、環境に配慮した“循環型”のパンの販売を行います。
※今回の取り組みは、今現在も継続して行っており、次の収穫は2022年春頃を予定しています。

【販売商品】
<パーネディトゥッティ>(横浜市・保土ヶ谷区)
イタリア語で“みんなのパン”を意味する<パーネディトゥッティ>。国産小麦と天然酵母で作った体にやさしい商品を扱っています。今回は、<パーネディトゥッティ>で人気のフォカッチャ、エピに今回収穫されたサツマイモとカボチャを使用。ふわっとした食感のフォカッチャともちっとした食感のエピ、それぞれの食感と野菜のやさしい甘みが調和した一品です。

かぼちゃとさつまいもの秋のフォカッチャ…356円
かぼちゃとあんこのエピ…356円


 
<ローゼンボア>(横浜市・神奈川区)
1937年創業の歴史あるベーカリーショップ<ローゼンボア>は、店内に設置の溶岩窯でしっとりと焼きあげたパンが人気のお店です。今回、収穫されたカボチャのフィリングをバターの風味たっぷりのデニッシュ生地で包み、焼きあげました。お子様から大人までお楽しみいただける味わいです。

かぼちゃデニッシュ…305円

 
<トレフール>(横浜市・港南区)
安心と美味しさにこだわり、長期熟成による風味豊かなパンが評判の<トレフール>。人気の季節商品「肉味噌と秋野菜のフォカッチャ」をアレンジした一品を販売。フォカッチャとカボチャのやさしい味わいと甘辛く仕上げた肉味噌が絶妙です。

かぼちゃと肉味噌のフォカッチャ…381円

■いずれも地下1階<ベーカリースクエア>で販売

 
【ベーカリースクエア概要】
約400㎡の売場に、地元・横浜や都内でも人気のベーカリーをはじめとする約40ブランド・500種類以上のパンを取り揃える国内でも有数の規模を誇るパンコーナー。イートインスペースも併設しており、出来立ての味もお楽しみいただけます。

【KANAGAWA BAKER’S DOCKについて】
パン職人とパン好きのお客様をつなぐ地元・横浜に本社を構える株式会社ハットコネクトと横浜髙島屋が共同で開発した、神奈川県下のパンを集めた編集型ショップ。毎日ご来店されるお客様にもご満足いただけるよう、約30のブランドの商品が日替わりで登場、約200種類の商品が店頭に並びます。
「世の中に知ってもらう機会がない」、「後継者がいない」などの理由で廃業せざるをえないお店も数多く存在する中、地元のパン職人に対して販売機会を創出すること、パン業界の未来を切り拓くことを目的にオープンした編集型ショップです。


お問合せ先:横浜高島屋 045-311-5111(代表)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社髙島屋 >
  3. 【横浜高島屋】パンからつくった野菜!?販売期限切れのパンを堆肥に活用して育てた野菜を使った“循環型” のパン「ぱんクル(パン+リサイクル)」販売!