ADKクリエイティブ・ワン、専門性によって課題解決のブレーンが選べる業界初のクリエイター専門店街『ADK CREATIVE MALL』を発足

クリエイティブビジネス拡張への新たな挑戦

株式会社ADKクリエイティブ・ワン(本社:東京都港区、代表取締役社長:森永賢治、以下「ADK CO」)は、2019年の設立当初より描いていた「モール構想」を実現し、専門性によって課題解決のブレーンを選べる業界初のクリエイター専門店街『ADK CREATIVE MALL』を3月5日付で発足いたします。

■ 発足の背景:クライアント企業とクリエイターのミスマッチの解消
企業のビジネス課題が複雑多岐にわたる今、クリエイティブに期待される役割はますます高度化し、かつ広範囲にわたっています。
そのような中で、本質的な課題解決を望むクライアント企業とクリエイターの「ミスマッチ」など、従来の広告代理店モデルにもとづくクリエイティブビジネスのあり方に限界が生じつつあります。今後は、メディア取引を前提としない「クリエイティブの分離発注」の加速も予想され、クライアント企業とクリエイティブの、新たなビジネスパートナーシップ構築へのニーズが高まっています。

■ クリエイティブとしての解決策:最適なパートナーを選べる専門店街
ADK COは、クライアント企業の抱える課題や悩みを分類すると同時に、各クリエイターが持つ専門性やスキルを整理。クリエイターの得意領域にフォーカスし、課題解決のソリューションを軸としたユニットに再編成しました。そして、「その時の課題に合わせて、最適なクリエイティブパートナーを選べるソリューションアイディアの専門店街」というコンセプトのもと、『ADK CREAITVE MALL』をスタートいたします。
総合クリエイティブ会社において、クリエイターを課題解決型のユニットに編成したのは初の試みとなります。

■『ADK CREAITVE MALL』の特徴
① 従来の広告クリエイティブだけでなく、戦略構築からPR、デジタルテクノロジーなど専門領域に特化した11のソリューションユニットから、課題に応じて最適なパートナーが選べる。
② 各分野で実績のあるクリエイティブ・ディレクターが、それぞれのオーナーをつとめ、クライアント企業と課題や悩みを共有し、アウトプットまで併走して解決していく。
③ 事業経営レベルでの課題解決から、テクニカルなコンテンツ開発まで、ビジネスの川上から川下をフルカバーしたラインナップを取り揃えている。

           『ADK CREATIVE MALL』サイト:https://www.adkco.jp/cr/

ADK COでは、顧客を資本と考える「顧客体験創造会社」として、今後も、データとテクノロジーをフルに活用した精緻な体験デザインで、顧客の獲得・維持拡大、究極的にはファン創造を目的とする統合型マーケティングで、クライアントのビジネス成果に貢献してまいります。

<株式会社ADKクリエイティブ・ワン:会社概要>
ADKクリエイティブ・ワンは、クリエイティブおよびプロモーション領域における、プランニングから制作までの提案・実施をワンストップで提供する総合クリエイティブ会社です。https://www.adkco.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ADKホールディングス >
  3. ADKクリエイティブ・ワン、専門性によって課題解決のブレーンが選べる業界初のクリエイター専門店街『ADK CREATIVE MALL』を発足