共働きが増えても、「収入」は夫で「家事」は妻 役割分担は変わっていなかった!?

~ 夫婦の幸福度は10点満点で平均7.0点。男性の方が幸せを感じやすい~

成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役
社長:佐藤茂、証券コード:東証マザーズ6181、URL:http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、
「夫婦の家事分担」に関するアンケート調査を実施いたしました。
<調査背景>
お盆休みがやってきます。帰省の予定を立てているご夫婦も、ちょっとした旅行の予定を立てているご家族もいらっしゃるのではないでしょうか。

しっかり休めるお盆や年末年始の休暇などは、いつも仕事で忙しい旦那さま・奥さまにとって、家族とコミュニ
ケーションする時間を取ったり、普段は十分にできていない家事をがんばったりするのにいい機会になることで
しょう。

ところで、毎日のご家庭内での家事分担は、皆さんどうしているのでしょうか。幸せな夫婦の回答から傾向を探り、夫婦の幸福度を上げるための秘訣を探ってみました。調査結果を前編・後編の2回に分けてお届けします。

<調査結果サマリ>
  • 夫婦の約7割、家事は「妻の方が、がんばっている」
  • 収入面では約8割が「夫の方が、収入が多い」
  • 夫婦の幸福度、夫7.07点、妻6.92点。男性の方が幸せを感じていた
  • 幸福な家庭ほど、「『収入』は夫で『家事』は妻」の傾向強まる

専業主婦世帯数を共働き世帯数が上回るようになり、2015年時点では専業主婦世帯687万世帯に対して共働き世帯1114万世帯と なっています。
(出展:厚生労働省「厚生労働白書」、内閣府「男女共同参画白書」いづれも平成26年度版)

共働きが増えているのに、夫婦の家事負担は今も女性の方が大きい家庭がほとんどのようで、近ごろでは「共働きで稼ぎは同じくらいなのに、家事負担は私の方が大きい」という女性の不満の声を取り上げる記事なども見掛けるようになってきました。

実際のところ、夫婦間の収入や家事分担の現状はどのようになっているのでしょうか。
まずは家事の分担について調べてみました。

■夫婦の約7割、家事は「妻の方が、がんばっている」
  • Q. あなたのご家庭では、夫と妻、どちらが家事をがんばっていると思いますか。(n=200)   ※ 必須回答

やはり、男性も女性も「妻の方が、(やや)がんばっている」と考える人が多く、男性では71.0%、女性では69.0%が、家事を主に担当するのは女性だと答えています。



■収入面では約8割が「夫の方が、収入が多い」

  • Q. あなたのご家庭では、夫と妻、どちらの方が収入が多く家計に貢献していると思いますか。  (n=200)※ 必須回答


先の設問では家事の負担について調べてみましたが、稼ぎが多く家計に貢献しているのは男性と女性のどちらで しょうか。

数字ではっきり分かることもあってか、こちらは男性も女性も、「夫の方が、(やや)収入が多い」という回答に。

男性では89.0%、女性では86.0%が、家計を主に支えているのは夫の稼ぎだと考えていることが分かりました。
 



■夫婦の幸福度、夫7.07点、妻6.92点。男性の方が幸せを感じていた

  • Q. あなたのご家庭の幸福さや円満さを10点満点で採点するとすれば、何点ですか。(n=200)  ※ 必須回答


続いて、回答者に「夫婦の幸福さや円満さ」を10点満点で評価してもらい、その結果を先ほどの結果とクロス  集計してみました。

まずは「夫婦の幸福さや円満さ」を何点と評価したのか、その結果は次のとおりです。

全体の平均点は7.00点。男性の平均点が7.07点に対して、女性の平均点は6.92点。男性の方が、若干「幸福だ」と感じているようです。


■幸福な家庭ほど、「『収入』は夫で『家事』は妻」の傾向強まる

幸福度を調査した結果を、先ほどの質問とクロス集計してみた結果が次のグラフです。
 

 



幸福度が9~10点と高いグループでは、男性の方が収入が多く、女性の方が家事をがんばる傾向が若干ですが  強まるようです。

ただ、家事ごとの分担・大変さについて詳しく調べてみたところ、幸福度9~10点のグループでは、     「男性の方が収入が多く、女性の方が家事をがんばる」だけではないことが分かってきました。

後編では、炊事や掃除などの家事について、どれくらい大変だと考えているのか、各家庭でどのような役割分担になっているかと調査した結果をご紹介します。



調査方法:インターネット調査
調査対象:30~49歳で既婚の男性 100名、女性 100名
集計期間:2016年8月2日~4日


[株式会社パートナーエージェント 会社概要]
商 号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
創 業:2006 年 9 月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3
イマス大崎ビル4階
U R L:
パートナーエージェント http://www.p-a.jp/
おとなの婚活パーティーOTOCON http://www.otocon.jp/
OTOCON MEMBERS 婚活カウンター https://www.members-o.jp/
事業内容:
1.結婚相手の紹介、相談
2.交際、結婚に関する調査研究
3.イベント、旅行の企画・運営
4.生命保険、損害保険代理店
5.挙式、披露宴の企画・斡旋
6.カウンセリング、各種セミナー運営
7.会員誌、その他出版
8.Webサイト、Webコミュニティの企画・運営

~代表メッセージ~
現代は、結婚しにくい時代と言われています。
仲人やお見合いなどの社会的な出会いの場が減少し、結婚をしたくても機会に恵まれない多くの独身者がいます。
当社は、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。
従来の結婚相談のサービスを見直し、結婚を望む顧客へ高い成果を提供することで多くのお客様の支持を頂いてきました。
これからも、1年以内の結婚を支援するエージェントとして未婚・晩婚を解決する社会の実現へ貢献して参ります。

【転載・引用に関する注意事項】
本アンケートの著作権は、株式会社パートナーエージェントが保有します。調査レポートの内容の一部を転載・引用される場合には、事前に弊社までご連絡ください。
※本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
株式会社パートナーエージェント 広報担当:野沢
TEL.03-6388-9831(部署直通)  FAX.03-5759-2701  Mobile:080-4575-7766(担当者直通)
Webサイト:http://www.p-a.jp

  1. プレスリリース >
  2. タメニー株式会社 >
  3. 共働きが増えても、「収入」は夫で「家事」は妻 役割分担は変わっていなかった!?