製造業の労働力不足をAI・ロボットで解決する株式会社フツパーに投資を実行

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:金武偉、以下「FVC」)は、 鎌倉投信株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:鎌田 恭幸、以下「鎌倉投信」)と共同で設立した創発の莟1号投資事業有限責任組合(以下「創発の莟ファンド」)及び大阪信用金庫(本店:⼤阪市天王寺区、理事長:髙井 嘉津義)と共同で設立した「おおさか社会課題解決2号投資事業有限責任組合(以下「おおさか社会課題解決2号ファンド」)」より、検品検査自動化AIを開発する大阪発スタートアップ株式会社フツパー(本社:大阪市淀川区、代表取締役:大西 洋、以下「フツパー」)に投資を実行しましたことをお知らせいたします。

◆株式会社フツパーについて

「最新技術を泥臭く民主化する」をミッションに、製造業の人手不足をAIやロボットで解決する大阪発のスタートアップです。創業から一貫して、全てのモノづくり企業の皆様に、道具としてのAIをより手軽に使ってもらうため、サービス開発に取り組んできました。2022年4月に3期目を迎え、検品検査自動化AIサービス「メキキバイト」は30社を超える企業に導入いただいています。検品検査の自動化だけでなく、ロボットアーム等を組み合わせた不良品を取り除く除去機構の提供にも積極的に取り組んでいます。

商   号 株式会社フツパー
代表取締役 大西 洋
本社所在地 大阪市淀川区東三国4丁目25番地29フローラルセントランド202・206号
設 立 日 2020年4月1日
U R L  https://hutzper.com/


◆創発の莟ファンドについて
これからの社会を創発するスタートアップに出資し、相互作用によって単純な総和にとどまらない新しい秩序や構造変化を生み出す可能性のある事業を育成・支援することを理念として、2021年3月にFVCと鎌倉投信が共同で設立しました。FVCのベンチャーキャピタルファンドの運営哲学・ノウハウに加え、鎌倉投信が機関投資家として培ってきた長期的視座に立った投資哲学・投資方針を加えることで、多様なスタートアップの持続的成長を支援するだけでなく、ファンド出資者であるLP各社も積極的に参画し、智慧と技術を持ち寄り、一つのチームとなって出資先の事業特性に合った多様な成長機会を提供することを目指しています。

◆おおさか社会課題解決2号ファンドについて
当ファンドは大阪府内における行政課題や社会課題の解決に繋がるビジネスの成長を支援し、産業化を推進することを目的として2017年に設立した「おおさか社会課題解決ファンド」の後継ファンドです。日本政策金融公庫、大阪府、大阪産業局と連携し、社会課題解決事業者の事業ステージに応じた支援を行ってまいります。日本政策金融公庫には、ファンドからの投資と連動した協調融資を検討いただくことで、事業者が必要とする資金を十分に確保し事業遂行に望む財務基盤の安定化を支援いただきます。大阪府には、社会課題解決に取り組む事業の認知向上・ファン獲得に向け、多くの方々の共感を得るべく情報発信のサポートを、大阪産業局には様々な経営支援ツールをもって、事業ステージに応じた課題の解消の後押しを実施いただきます。金融機関・行政が一丸となり、社会課題に関する世の中の関心を高め、インパクト拡大に向け取り組んでまいります。


◆フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(FVC)について
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」、地域を問わず有望なベンチャー企業に投資を行う「ゼネラルファンド」に取り組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。

 

商   号 フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
代表取締役 金 武 偉
本社所在地 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル
証券コード 8462 東証スタンダード
U R L https://www.fvc.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. 製造業の労働力不足をAI・ロボットで解決する株式会社フツパーに投資を実行