小中学生向けオンラインの学び場「SOZOW」、本格的なプログラミング教育の教材としてディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を採用

Go Visions株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:小助川 将)が運営する小・中学生向けオンラインの学び場「SOZOW(ソーゾウ)」は、ライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)が開発するディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を、「SOZOW」の新コースとして、2021年11月より提供開始したことをお知らせいたします。

「テクノロジア魔法学校」法人プランページ:
https://www.technologia-schoolofmagic.jp/business/

SOZOWは、小学校2年生〜中学生3年生の子どもたちに向けたオンライン習い事。プログラミング、デザイン、お金・経済など、幅広いテーマの講座をオンラインで学べることから、新しい子どもの学びの場として業界内外で注目を集めています。
 
  • 【SOZOW】プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」採用の背景

小中学生向けオンラインの学び場「SOZOW」では、「子どもたちがそれぞれの好奇心に向けて歩みやすい社会にしたい!」と、バラエティにとんだ学びのテーマが用意されています。それらの一つとして、ディズニーの世界の中でプログラミング学習ができる「テクノロジア魔法学校」を採用しました。

Scratchなどのブロックコーディングなどでプログラミングの基礎を学んだ子どもたちが、次に学べる本格的なコースとして活用されています。

サービスサイト:https://sozow.net/

 

 

  • 【「テクノロジア魔法学校」教材概要】

「テクノロジア魔法学校」 は『ズートピア』『塔の上のラプンツェル』などのディズニー作品をテーマとしたレッスンを収録した、Webデザイン・ゲーム制作・メディアアートの3つのコースでプログラミングの基礎から応用まで学べます。

ライフイズテックが開発する同教材は、現在主流の「Scratch」等をベースに作られたビジュアルプログラミング教材の次の本格的なテキストプログラミング教材として、はじめてパソコンを触る方でも、タイピングの基礎から本格的なプログラミングまで、ディズニー作品をテーマとした教材を楽しみながら学習できます。プログラミング未経験の指導者でも指導しやすいガイドや学習のポイントが盛り込まれた教材設計に加え「3秒ステップ・バイ・ステップ式」学習システムで「速く・深く・大量に」、入念に設計された繰り返し学習サイクルで理解を促し小さな成功体験を積み重ねながら、途中で断念することなく学習できることが特徴です。個人向けサービスのほか、既存のプログラミング教育事業者や学習塾、企業などが「テクノロジア魔法学校」を教材として活用できる法人プランも提供しています。
 

  • 「テクノロジア魔法学校」法人プランページ:

https://www.technologia-schoolofmagic.jp/business/
ライフイズテックでは、現在プログラミング教室・学習塾・学童向け法人プランの無料トライアルおよび「初期費用0円」キャンペーンを実施しております。


【ライフイズテック株式会社について】ライフイズテックは、2010年に「中高生ひとり一人の可能性を一人でも多く、最大限伸ばす」をミッションに創業したEdTech企業です。中学・高校生向けIT・プログラミング教育サービス「Life is Tech ! (ライフイズテック)」を運営、延べ5.2万人以上(*1)が参加する国内最大規模のITキャンプ・スクールとなりました。オンラインで学べるディズニー・プログラミング学習教材を開発し、2018年に日本で「テクノロジア魔法学校」を販売、2019年には米国で「Codeillusion(コードイリュージョン)」を販売し、Life is Tech USA, Inc.を立ち上げました。2019年には、新学習指導要領に対応した学校向けオンラインプログラミング教材「ライフイズテック レッスン」を提供開始。本教材は、全国の100以上の自治体、約1,650校の公立・私立学校、約32万人に利用いただいています(*2)。今後もライフイズテックは、学習者の体験を第一に置いたLX(ラーニングエクスペリエンス)を通じて、自ら社会を変えるイノベーション人材の育成を加速させていきます。

*1 2021年9月末時点
*2 2021年3月末時点 
企業サイト:https://lifeistech.co.jp/
サービスサイト:https://life-is-tech.com

【Go Visions株式会社について】
Go Visions株式会社は、「一人ひとりがビジョンに向けて進める世界をつくる」べく創業しました。 ビジョンとは、「未来に向けた意志や理想」のこと。一人ひとりがビジョンに向けて進める社会づくりへ貢献したいと考え、事業を行っています。
2020年6月には、東京都が有望な事業計画を有するスタートアップ企業を支援する「青山スタートアップアクセラレーションセンター」の「第10期」へ選出されました。2020年10月20日に開催された最終Demo Dayでは、大賞となる「オーディエンス賞」を受賞。
2021年8月には、子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門において「第15回キッズデザイン賞」を受賞したほか、ビジネス経済誌である週刊東洋経済の2021年最新版「すごいベンチャー100」 の教育部門に選出されました。2021年9月に開催された「ICC サミット KYOTO 2021」では、「ソーシャルグッド・カタパルト」にて優勝し、新時代のEdTechとして注目を集めています。
企業サイト:https://go-visions.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライフイズテック株式会社 >
  3. 小中学生向けオンラインの学び場「SOZOW」、本格的なプログラミング教育の教材としてディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を採用