ほったらかしでもガーデニングを楽しめる「DCMブランド 野放し球根シリーズ」新発売

2020年2月21日(金)より、全国のDCMグループ店舗(一部店舗を除く)で販売開始

 ホームセンター業界最大手のDCMホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:久田宗弘)は、ほったらかしでもガーデニングを楽しめる「DCMブランド 野放し球根シリーズ」を、2020年2月21日(金)より、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや・ケーヨーデイツー店舗(一部店舗を除く)にて販売いたします。


 当社は球根の商品開発に力を入れており、背丈や開花時期が揃う「揃って咲くチューリップシリーズ」や日なたはもちろん日陰でも花を咲かせる「日陰で咲くチューリップシリーズ」など、ユニークな商品を発売し好評をいただいてきました。そこで今回新商品として、「DCMブランド 野放し球根シリーズ」を発売します。

■水やりや追肥の手間がなく、ほったらかしでも育つ。


 本商品は、暑さや乾燥に非常に強く、特別な手間のいらない品種を集めた球根シリーズです。春に植えて夏に花が咲くまでの間、水やりや追肥をする必要がほとんどなく、ほったらかしでも綺麗な花を咲かせます。また、花が枯れた後に球根を掘り起こす必要がなく、植えたままの状態でも毎年お庭を彩ります。
 ゼフィランサス、カーマインブリリアントなど全15種類をラインナップ。豊富な品種、カラーでお庭を素敵に演出します。ガーデニング初心者の方にもおすすめです。

■【商品概要】

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DCMホールディングス株式会社 >
  3. ほったらかしでもガーデニングを楽しめる「DCMブランド 野放し球根シリーズ」新発売