世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA 日本癌学会の後援決定!

 2022年11月3日(木・祝)午後1時より大阪国際会議場で開催される『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』(https://cancer-zero.com)。

 

 このたび同サミットに対する一般社団法人日本癌学会の後援が決定した。

 日本癌学会はがん医療における日本を代表する権威ある学術学会であり、『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』において初めて後援が実現したものだ。


 そもそも同学会の理事長 佐谷秀行氏は勤務先の藤田医科大学がん医療研究センター・センター長として下記のように述べている。
『藤田医科大学には既に先端的ながん研究を行う基礎の講座と、最新の医療を提供することで多くのがん患者さんの命を救ってきた臨床科が存在します。それらを双方向性に繋ぎ、がんを撲滅するための一つのシステムとして統合すること(インテグレーション)を第一の目標としています』
 つまり佐谷氏自身が医療方針としてがん撲滅を目標に掲げているということだ。

 そのうえでこのように述べている。
『がん研究・がん医療の成果はどれだけの患者を救うことが出来るかが全てであり、その観点から言えば我が国は欧米に決して遅れをとっているわけではありません。新型コロナウイルス感染がそうであったように、世界中が一体となってがんを撲滅するために協力しなければなりません』
 まさに、この言葉は世界がん撲滅サミットのメインテーマである『チームマンカインド(人類)でがん撲滅に向けて挑戦を開始しよう!』という理念に相通じるものだ。

 こうした志を抱く佐谷理事長の慧眼と優れた理念は、まさに驚嘆に値しよう。

 同時に日本を代表するがん医療学会のトップががん撲滅に向けて並々ならぬ決意を秘めていることをがん医療界はもっと知らなければならない。

 時代は変わり、大きく動き始めているのだ。

『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』の大会長 原丈人氏は言う。

大会長 原 丈人 氏大会長 原 丈人 氏


「このように仲間が少しずつ増えていくことが、がん撲滅にとってもがん患者の皆さんに希望を抱いていただく意味でもひじょうに重要なのです。志ある人々が力を合わせることが今、この日本や世界に求められているのです」

大阪国際会議場大阪国際会議場


 このように着実に歩を進めている『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』にあなたも来場されてみてはいかがだろうか。入場は無料。現在、事前エントリーを大会HP(https://cancer-zero.com)にて受付中である。
  1. プレスリリース >
  2. 世界がん撲滅サミット2022実行委員会 >
  3. 世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA 日本癌学会の後援決定!