“ハマ”の「キットカット」が誕生 港町・横浜を代表する銘菓「ありあけ 横濱ハーバー」とのコラボレーション 「キットカット ミニ ありあけ 横濱ハーバー マロン味」9月7日(土)より販売開始

株式会社ありあけ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 堀越隆宏)とネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役 社長 兼CEO 高岡 浩三)は、ご当地土産として共同開発した「キットカット ミニ ありあけ横濱ハーバー マロン味」を9月7日(土)より「ありあけ」本店・直営店で、9月11日(水)より神奈川県内の土産ショップなどで、販売を開始します。


「キットカット ミニありあけ 横濱ハーバー マロン味」外装表面

 

「キットカット ミニありあけ 横濱ハーバー マロン味」外装裏面

 

 

「ありあけ 横濱ハーバー」は、横浜を代表する船の形をかたどった銘菓です。代表的な商品である「横濱ハーバー ダブルマロン」は、薄くソフトなカステラ生地に、刻んだ栗と栗餡をやさしく包み込んでおり、しっとりとした食感と口に広がるマロンの味わいが特徴です。一方、「キットカット」はサクサクしたウエハースとチョコレートの絶妙なバランスが特徴です。現在、日本全国で40種類を超える様々なフレーバーの「キットカット」を展開する中、日本各地の名産品とコラボレーションした約20種類のご当地土産シリーズが国内外のお客様に評価をいただいています。

今回、横浜開港160周年を記念し、横浜市のステートメントロゴ「オープンヨコハマ」が入ったコラボレーション商品「キットカット ミニ ありあけ 横濱ハーバー マロン味」は、横浜を訪れる国内外からの観光客や、旅行に出掛ける横浜在住の方々にとっての手土産として、「ありあけ」の本店・直営店、神奈川県内を中心とした駅や高速道路SA・PAなどの土産ショップで発売します。
本商品は、ウエハースの間のサンドクリームには、マロンパウダーと こしあんパウダーを練り込み、マロン風味のチョコレートで包み込むことで、「横濱ハーバー ダブルマロン」ならではのやさしい味わいを「キットカット」で再現しています。また、隠し味としてのココアの風味により、後味の甘さのキレと香ばしさを出しています。
なお、外装パッケージは、「ありあけ 横濱ハーバー」でお馴染のオリジナルイラストに加えて、「キットカット」ロゴに航海士の帽子が被さっているような可愛らしいデザインとなっており、個包装パッケージは、「キットカット」初の横浜の歴史や発祥に関する“横浜ミニミニクイズ”が付いた楽しいデザインとなっています。

■商品概要

●商品名
キットカット ミニありあけ 横濱ハーバー マロン味
●種類別名称
準チョコレート
●内容量
9枚入り
●販売価格(税抜)
800円
●販売場所・発売日
「ありあけ」本店・直営店 9月7日(土)発売
神奈川県内の土産ショップ等 9月11日(水)発売

※くり香料使用、こしあんパウダー0.39%使用
 

個包装表面
 

個包装裏面(横浜ミニミニクイズ付き)
 


通常の「ありあけ 横濱ハーバー ダブルマロン」


以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ネスレ日本株式会社 >
  3. “ハマ”の「キットカット」が誕生 港町・横浜を代表する銘菓「ありあけ 横濱ハーバー」とのコラボレーション 「キットカット ミニ ありあけ 横濱ハーバー マロン味」9月7日(土)より販売開始