常設・出資即決型の起業支援プログラム「AND ON Startup Garage」を新たに提供 “AND ON SHINAGAWA”は開設から1周年を迎え、更に活動を進化してまいります

新たなパートナーの参画や新会員プランの新設など、イノベーション・エコシステムの形成をさらに加速します

 京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、取締役社長 原田 一之、以下 京急電鉄)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役 榊原 健太郎、以下 サムライインキュベート)は、共同で運営するオープンイノベーション・コミュニティ「AND ON SHINAGAWA(以下 アンドオン)」において2020年7月28日(火)より、常設・出資即決型の新たな起業支援プログラム「AND ON Startup Garage」の提供を開始します。また、アンドオンは設立から1周年を迎え、新たな「AND ONパートナー」として出光興産㈱様、損保ジャパン㈱様に参画いただくほか、スタートアップのニーズに対応した新たな会員プランの追加などにより、イノベーション・エコシステムの形成を一層加速させていくことをお知らせします。

 

 

AND ON Startup Garage ロゴAND ON Startup Garage ロゴ

オンラインイベントの様子オンラインイベントの様子

 

 今回アンドオンでは、新たな起業支援プログラムとして、「AND ON Startup Garage」の提供を開始します。常設型でいつでも応募することができ、応募いただいた事業に対しては、サムライインキュベートによる事業創造レクチャー、約1か月間のオンライン・メンタリングを実施し、ピッチ審査を経て、サムライインキュベートが運営するファンドから最大1,000万円の出資判断をおこないます。出資に至った事業は、継続的にアンドオンがサポートを行い、京急グループやアンドオンのコミュニティ・ネットワークを活用し、1年以内の"社会実装"を目指します。新型コロナウイルスの感染拡大に伴いモビリティ(人やモノの移動)、そして人々のライフスタイルの在り方は大きな転換点を迎えており、こうした状況下における“ニューノーマル”に挑戦する起業家への支援を拡大するため、常設したプログラムとして提供することにいたしました。
 
 また、アンドオンでは、リアルなスペースに対するニーズやコミュニティの在り方が変化する中で、会員プランを一部見直し、気軽にコミュニティに参加することができる新たな会員プラン「コミュニティ会員」を月額1万円から提供いたします。有料のオプションプランと組み合わせることで、法人登記や郵便物の転送サービスも利用でき、アンドオンをバーチャルオフィスとして活用することも可能になります(事業領域などに制限・事前審査あり)。会員は、運営事務局の株式会社ヒトカラメディアによるオフィス移転のトータル支援を受けることもできます。
 
 アンドオンでは、オンラインを活用したコミュニティ運営、イベントの開催を積極的に進め、会員にはオンライン配信機材の貸し出しも行います。また、スペース運営においては換気と除菌、利用者の検温・マスク着用などを徹底し、安心して利用できる環境を提供しています。
 
 今後も、アンドオンは「未来の当たり前」を生み出すためのイノベーション創出に挑んでまいります。詳細は以下URL別紙のとおりです。
https://prtimes.jp/a/?f=d14738-20200728-5188.pdf


【京急電鉄 概要】
社名:京浜急行電鉄株式会社
設立:1948年6月(創立:1898年2月)
本社所在地:神奈川県横浜市西区高島1丁目2番8号
代表者:取締役社長 原田 一之
URL:https://www.keikyu.co.jp/
 
【サムライインキュベート 概要】
社名:株式会社サムライインキュベート
住所:東京都港区六本木1-3-50
設立:2008年3月14日
代表:代表取締役 榊原 健太郎
URL:https://www.samurai-incubate.asia/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サムライインキュベート >
  3. 常設・出資即決型の起業支援プログラム「AND ON Startup Garage」を新たに提供 “AND ON SHINAGAWA”は開設から1周年を迎え、更に活動を進化してまいります