【EDR・バックカメラ搭載義務化に伴う、全国調査】イベントデータレコーダー(EDR)、バックカメラ搭載義務化認知度はともに 2 割程度

定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役
社長:高橋 飛翔)は、2022 年 7 月から、新車に装備搭載が義務化されるイベントデータレコーダー(Event Data
Recorder、以下 EDR)、及び 5 月から搭載義務化されるバックカメラについて、全国の男女にインターネット調査を実
施しましたので、結果をお知らせいたします。
【調査結果概要】
  • 新型車への EDR、バックカメラ搭載義務化に対する認知度は、ともに 2 割程度
  • EDR を買い替えで付けたいと考えている方は 67.9%
  • バックカメラについては「死角がない」「駐車しやすい」など便利だと感じている方が多数


【調査背景】
2022 年 7 月から、ブレーキの使用や車の衝撃、ハンドル操作時点の速度など運転履歴を記録する装置 EDR の新車への 搭載が義務化されます。また、5 月からはバックカメラも搭載義務化されるなど、自動車生活への技術的サポートがます ます進んでいます。 誰もが自由に移動を楽しむ社会を作るため、カーリース事業を展開する「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、 全国の男女に対し、EDR やバックカメラについての認知度や安全への意識についてインターネット調査を行いました。 

【調査概要】
  • 調査対象:全国の男女 1,294 人
  • 調査期間:2021 年 12 月 1 日~12 月 12 日
  • 調査内容:Q1:新型車への EDR 装備義務化は知っていますか?/ Q2:義務化を機に EDR 搭載車に買い替えたい ですか? /Q3:新型車へのバックカメラの搭載義務化は知っていますか?/Q4:今持っている車にはバックカメラは 搭載されていますか? 

【調査結果詳細】
Q1: 新型車への EDR 装備義務化は知っていますか?

  • 知らない 78.4%
  • 知っている 21.6%
2022 年 7 月から車両の事故情報を記録する新型車への EDR 装備義務化について知っているかという質問に対して 「知らない」と答えた方が 78.4%と、認知度は低い結果となりました。 

Q2:義務化を機に EDR 搭載車に買い替えたいですか?

  • 搭載車に買い替えたい 67.9%
  • 搭載車への買い換えはせず、後付けで設置したい 32.1%
「搭載車に買い替えたい」と回答した方は 67.9%、「搭載車への買い替えはせず、後付けで設置したい」は 32.1% と、義務化については認知されていない方が大多数を占めましたが、EDR 搭載車へのニーズは高いという結果になりま した。

Q3. 2022 年 5 月から、バックカメラも新型車への搭載義務となりますが、知っていますか?

  • 知らない 78.4%
  • 知っている 21.6%
2022 年 5 月からは、バックカメラも新型車への搭載が義務化となり ます。これについても「知らない」と答えた方が 78.4%と大多数を占 めました。知っていると回答した方は 21.6%となりました。 

Q4. 今持っている車にはバックカメラは搭載されていますか?

  • 搭載されている 57.1%
  • 搭載されていない 42.9%
自家用車にバックカメラが搭載されているか否かについては「搭載さ れている」と回答した方は 57.1%、「搭載されていない」が 42.9%と なりました。 また、すでにバックカメラが付いているという方に、どんなところに便利さを感じるかと聞いたところ、「死角がな い・よく見えるから」「駐車・バックの際に便利だから」など、運転サポートとして楽だという回答や、「事故防止につな がり安心だ」という意見が多く見られました。

今回の調査により、EDR搭載義務化については知らない方が大多数いましたが、その中でこれを機会に、新車に買い替えることを検討している方も多数いることがわかりました。自動車生活をする中で、車を買い替えてまで安心安全の機能を求める声は非常に多い、つまり、現在の車ではまだまだ不安があると思っている方が少なくないと言えるのではないでしょうか。

一方で、買い替えではなく後付けで付けたいと考えている方も一定数いることもわかりました。もし、その理由がお金であるのであれば、お金を理由に安心安全を得ることをあきらめているという事になります。
カーリースであれば、月々1万円台から新車に乗ることができ、経済的余裕のない方々にも理想の車を提供できます。

【おトクにマイカー 定額カルモくんに関して】
日々の生活にマイカーが必要不可欠な地域が大多数を占める日本において、年間200万人の方が自動車ローンの審査に通らず、結果として、手元のお金で買える「型落ち」の中古車を買ったり、最終的には購入をあきらめたりしています。

そこで、良質な金融商品を用意することで誰もが乗りたい車に乗り、移動の幸せを受けられる社会を作りたいと考え、現在、頭金なし・ボーナス払いなし、税金、自動車損害賠償責任保険コミコミで月11,220円から新車をマイカーにできる「おトクにマイカー 定額カルモくん」を展開しています。今後、さらにお客様に対する与信の枠を広げて、新車をあきらめる方がいなくなり、車を持つことが当たり前になるようなビジネスを発展させて参ります。

【「おトクにマイカー 定額カルモくん」とは】

 

頭金なし・ボーナス払いなし、税金、自動車損害賠償責任保険コミコミで月額11,220円から新車をマイカーにできるサービスとして誕生。  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ナイル株式会社 >
  3. 【EDR・バックカメラ搭載義務化に伴う、全国調査】イベントデータレコーダー(EDR)、バックカメラ搭載義務化認知度はともに 2 割程度