モンテローザ陸上競技部の廃部について

 「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開する株式会社モンテローザ(本社 東京都武蔵野市、代表取締役 大神輝博)は2017年3月31日をもって陸上競技部を廃部することとしましたので、お知らせいたします。 

 モンテローザ陸上競技部は、社員の一体感の醸成・企業イメージの向上のほか、日本のスポーツ振興に寄与するとともに地域の皆さま方との交流・ふれあいを一層促進することを目的に、2003年4月に創部いたしました。
 創部以来、現監督の田中宏昌(2007年の世界選手権に十種競技の日本代表として出場を果たし、日本選手権では5連覇の偉業を達成。)をはじめ、現在在籍する13名の弊社陸上競技部員が日本代表選手として活躍しました。また、陸上競技選手として活動する一方で、オフシーズンには各地で開催される「小学生向け陸上教室」での指導、地域のイベントでトップアスリートの実演など、幅広く陸上競技やスポーツの楽しさや感動を伝える活動を積極的に行い、弊社のシンボルスポーツとして大きな役割を果たしてまいりました。
 そのような中、モンテローザ陸上競技部を廃部せざるを得なくなったことは誠に残念ではありますが、厳しい経営環境下において経営の効率化等を推し進めるにあたり、やむを得ないものと判断いたしました。
 現在の陸上競技部は、トラック&フィールドとマラソン競技において、日本でもトップクラスの選手が11名在籍しています。4年後の東京オリンピックへの出場を見据える部員のさらなる飛躍を願い、この公表を機に、今後、個人の意向を尊重したうえで、移籍等の最大限の支援を行ってまいりたいと考えております。

皆様には、これまでの長きにわたりモンテローザ陸上競技部に対し、多大なるご支援をいただき、厚く御礼を申し上げます。

【モンテローザ陸上競技部の概要】
創  部: 2003年(平成15年) 4月
加盟団体: 東京陸上競技協会・東日本実業団連盟
構  成: 選手11名・スタッフ4名  計15名
主な成績: 以下に記載

 

 【モンテローザ陸上競技部の戦績】
世界選手権 日本代表
  ・田中宏昌(十種競技)     2007年
  ・八幡賢司(110mH)      2007年

アジア大会 日本代表
  
・田中宏昌(十種競技)     2006年

アジア選手権大会 日本代表
  
・田中宏昌(十種競技)     2005年 3位
              2009年 優勝
              2011年 4位
  ・有木健人(棒高跳)    2005年 3位
  ・久保田聡(走高跳)    2007年 3位
  ・八幡賢司(110mH)      2007年・2011年 5位
  ・猿山力也(走幅跳)      2011年 3位

東アジア大会 日本代表
  
・土屋 光(走高跳)        2009年 優勝
  ・猿山力也(走幅跳)        2009年 3位
  ・大岩雄飛(走幅跳)        2013年 3位

日本選手権 優勝
  
・田中宏昌(十種競技)     2004~2008年 5連覇
  ・土屋 光(走高跳)        2008年
  ・八幡賢司(110mH)      2012年
  ・大岩雄飛(走幅跳)        2013年
  ・桐山智衣(七種競技)     2014年
  ・竜田夏苗(棒高跳)        2015年
  ・柏村亮太(ハンマー投)   2016年
  ・嶺村鴻汰(走幅跳)        2016年

東京マラソン
  
・ガンドゥベンジャミン     2015年 10位

国体優勝
  
・猿山力也(走幅跳)      2010年/千葉
  ・嶺村鴻汰(走幅跳)        2015年/和歌山

冬季五輪 日本代表
  
・宮内 優(ボブスレー)    2010年/バンクーバー


【 モンテローザ陸上競技部のホームページ 】
 http://www.monteroza.co.jp/new_athletics_club/index.html
                                            以上


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モンテローザ >
  3. モンテローザ陸上競技部の廃部について