「ミツバチの絵本コンクール」ストーリーを募集開始 最優秀作品は絵本化され、全国の小学校に寄贈

株式会社山田養蜂場(本社:岡山県苫田郡鏡野町、代表:山田英生)は、第5回「ミツバチの絵本コンクール」を開催します。9月17日(金)までの応募期間で、ミツバチやはちみつをテーマに「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した、絵本のストーリー作品を募集します。
当コンクールではまず、絵本のストーリー作品を募集します。その後、ストーリー部門の最優秀賞に選ばれた作品の内容にあわせたイラスト(さし絵)を募集する、2段階形式で行います。当コンクールのストーリー部門およびイラスト(さし絵)部門の最優秀賞作品は書籍化し、「みつばち文庫」の1冊として全国の小学校に寄贈しています。
当社では、1999年に当コンクールの前身となる「ミツバチの童話と絵本のコンクール」を開始しました。今回が通算23回目のコンクールとなり、これまでに57,580作品もの物語や絵本をご応募いただいています。

~絵本コンクールの流れ~


「ミツバチの絵本コンクール」の趣旨
ミツバチや養蜂に目を向けることで、命の大切さや子供たちの未来について共に考えたいとの想いから、私たちは、ミツバチやはちみつをテーマに「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した作品を募集しています。


「みつばち文庫」とは?

当社は、次世代を担う子供たちの「豊かな心」を育みたいと、1999年から毎年「みつばち文庫」として全国の小学校へ書籍を寄贈しています。これまでに延べ63,507校に700,850冊を寄贈してまいりました。

 

 

◆第5回「ミツバチの絵本コンクール」について(詳細は、当社ホームページをご覧ください)

「ミツバチの絵本コンクール」 http://beekeeper.3838.com/activity/ehon/

QRコードQRコード

【募集内容】ストーリー部門 ※メール、郵送での応募が可能です。
ミツバチやはちみつをテーマにして、「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した、子供たちの心を育てる絵本のストーリー。見開き10~15場面を想定した絵本の原稿を募集。

【応募期間】2021年7月19日(月)~2021年9月17日(金)消印有効

【発表】 2021年11月中旬予定 ※入賞作品は当社ホームページなどで発表いたします。  

【賞】ストーリー部門・イラスト(さし絵)部門共通

※副賞の賞品は、山田養蜂場の商品を進呈。※応募者全員に、記念品を進呈。


【ストーリー部門の応募方法と原稿について】
●パソコン、ワープロによる字詰めは自由。ただし手書きを含めて用紙はA4サイズを使用。
●原稿の1行目に作品タイトル、2行目に名前(本名)と年齢を記入。文章は3行目から書き始めてください。
●場面ごとに①~⑮までの通し番号を、書き出し文の頭に記載。
●Eメールで応募の場合、作品はワードまたはテキスト文書にて作成してください。
●コンクールWEBサイトよりダウンロードした応募申込用紙、もしくは紙に下記①~⑪の必要事項を記載して、必ず同封のうえ、ご応募ください。応募用紙は1作品につき1枚必要です。
●メールでの応募の際には、メール本文に必要事項を記載して、contest@yamada-bee.comにお送りください。
①作品タイトル ②郵便番号 ③住所 ④名前(フリガナ) ⑤電話番号 ⑥メールアドレス(あれば)
⑦性別 ⑧生年月日 ⑨職業(学生の方は学年) ⑩このコンクールを何で知ったか(●月▲日××新聞など)
⑪応募規定及び著作権等に関して同意する旨を記入し、署名または捺印
(メールで応募の場合は、署名・捺印は不要)

【作品の応募先/資料請求先】
■〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-19-15 第3三ツ矢ビル8F
「ミツバチの絵本コンクール」事務局(TMS内)
■メールアドレス:contest@yamada-bee.com

【絵本コンクールについてのお問い合わせ先】
株式会社山田養蜂場 文化広報室  TEL:0868-54-3999(平日9:00~17:30)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 山田養蜂場 >
  3. 「ミツバチの絵本コンクール」ストーリーを募集開始 最優秀作品は絵本化され、全国の小学校に寄贈