一般入試の連続増加年数は、関西唯一のベスト5入り。追手門学院大学入試志願者数8年連続増加

 追手門学院大学(大阪府茨木市:学長 真銅 正宏)の2020年度一般入試(2020年度入学者対象の入試)の志願者数が確定し、公募制推薦入試等、昨年実施した入試と合わせた総志願者数は28,990人と、前年の総志願者数を1,306人上回り(対前年比104.7%)、8年連続で志願者が増加しました。

 また、一般入試だけをみても18,030人と前年を2,232人上回り、教育情報会社の大学通信のまとめによりますと総志願者と同じく8年連続で志願者が増加しました。

 本学では志願者が増えたことについて、①2019年4月に開設した1年次生全員が学ぶ新キャンパス・茨木総持寺キャンパスの開設、②新教育コンセプトWILの下、学生の主体的な学びを促す教学改革の進展や就職支援の充実に対する高校・受験生からの評価の向上、③入学定員の拡大および入試制度の見直しに加え、④大都市圏大規模校の入学定員の厳格化運用(合格者数の減少)に伴う中堅校人気の上昇といった外部環境を要因として考えています。
 前年度(2019年度)入試まで本学と同じように連続増(7年連続増)をしていた大学は、関西では他に4校あり、本学よりも連続増をしていた大学も2校ありましたが、今回、いずれも連続増を更新していません。本学では④の外部環境要因だけでなく、①~③の総合的な改革が関西で唯一の8年連続増という結果につながったとみています。

 来年1月には初めての大学入学共通テストが実施され、入試制度が変わります。本学としても志願者数増から、アドミッションポリシーに則った志望度の高い志願者の増加に向けて引き続き改革を進めていきます。

【ポイント】
  • 追手門学院大学の2020年度入試総志願者は、28,990人。対前年比104.7%、8年連続増加。
  • 大学通信のまとめによる一般入試志願者数も8年連続の増加
  • 大学通信によると8年連続以上の志願者増の大学は追手門学院大を含め4校。関西では唯一。
 

​(出所) 大学通信調べ 2020年3月27日現在
※増加開始時の志願者数が1,000人以上の大学を対象。原則として、推薦、AO等は含まない。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人追手門学院 >
  3. 一般入試の連続増加年数は、関西唯一のベスト5入り。追手門学院大学入試志願者数8年連続増加