プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ペイトナー株式会社
会社概要

ペイトナー、総額約19億円の資金調達を実施、スモールビジネスに特化したキャッシュマネジメントプラットフォーム開発へ

〜シリーズBラウンドのファーストクローズにて累計調達額は約25億円〜

ペイトナー株式会社

「ペイトナー 請求書」「ペイトナー ファクタリング」を提供するペイトナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:阪井優、以下ペイトナー)はW fundをリード投資家とし、オリックス・キャピタル、FFGベンチャービジネスパートナーズなど8社を引受先とした第三者割当増資および、デットファイナンスによりシリーズBラウンドのファーストクローズにて総額約19億円の資金調達を実施しました。今回の調達により2019年の創業からの累計調達額は25億円超となります。
今回調達した資金は、採用・組織体制の強化、プロダクト開発および更なるサービス品質向上のための研究開発に投資してまいります。また2023年春のセカンドクローズに向け、事業シナジーが見込まれる金融機関、事業会社を中心に投資家との協議を継続するとともに、更なる大規模なデットファイナンスについても協議を継続してまいります。

■資金調達の目的
ペイトナーは、「成長する全てのビジネスの、お金のストレスをなくす」をミッションに、振込まで自動化した請求書受領サービス「ペイトナー 請求書」、融資や借入が難しいフリーランスの資金繰り改善をサポートする請求書前払いサービス「ペイトナー ファクタリング」を提供しています。
「ペイトナー 請求書」は2022年9月より提供開始、「ペイトナー ファクタリング」は2019年9月の提供開始から累計申込数が5万5000件を突破し、順調な成長を続け、フリーランスや中小企業などのスモールビジネス事業者の資金管理と資金調達の負担を軽減しています。

企業の経理業務は2022年1月に改正された電子帳簿保存法をはじめとして急速にデジタル化が推進される一方で、スモールビジネスの経理業務はITリテラシーがある担当者の不在や、SaaSなどのツールコストに加え、企業規模に適さない機能過多など、スモールビジネスに最適化されたサービスが少ないことで業務のデジタル化に対応出来ず、多くの課題を抱えたままになっている現状があります。加えて、企業の副業解禁やリモートワークの浸透によりフリーランスの需要が拡大し、同時にフリーランス人口も増加していくなか、2023年10月からインボイス制度が導入されることで、適格な請求書管理や収支の把握が困難になることが想定されます。
今後、日本企業の多くの割合を占めるスモールビジネス事業者はフリーランスの増加により、さらなる拡大が予想されるなかで、これらの事業者は事業主が資金管理を行うことが多く、正確な収支把握や迅速な資金調達が難しい上、管理コストが事業推進の妨げになっています。

このような背景のもと、この度のシリーズBの資金調達により、スモールビジネスに最適な収支把握と迅速な資金調達を可能とする「キャッシュマネジメントプラットフォーム」の構築を目指し、事業拡大に向けた採用・組織体制の強化、プロダクトの機能拡充を進めてまいります。

■今後の展開 「キャッシュマネジメントプラットフォーム(CMP)」を目指して

ペイトナーは、スモールビジネスのお金のストレスを解消し、より本業に集中できる環境を整えることを目指しています。現在は受取請求書サービス「ペイトナー 請求書」、請求書前払いサービス「ペイトナー ファクタリング」と個別にサービスを提供していますが、将来的にはサービスを統合し、資金繰り・支払いなど、お金の管理に生じる負担を包括的に軽減する、スモールビジネスに特化した「キャッシュマネジメントプラットフォーム(CMP)」の構築を目指しています。2つのサービスを組み合わせることで、お金の入出金をリアルタイムに管理でき、必要な時にすぐに資金調達ができる世界を目指しています。今後は、既存の機能に加え、請求書発行、税金振込、給与振込、海外送金の開発も進めていくことで、あらゆるお金に関する業務をサポートしていきます。

■資金調達概要
調達金額:約19億円
調達方法:第三者割当増資、デットファイナンス
第三者割当増資引受先(敬称略、順不同)
・W fund
・オリックス・キャピタル
・FFGベンチャービジネスパートナーズ
・セゾン・ベンチャーズ
・ユナイテッド
・SMBCベンチャーキャピタル
・Chatwork
・アイキューブドベンチャーズ
デットファイナンス引受先:非公開

資金用途:採用・組織体制の強化、プロダクトの機能拡充

■ペイトナー株式会社 代表取締役社長 阪井 優 コメント
 

2019年に「ペイトナー」は誕生しました。創業から一貫してスモールビジネスのお金のストレスをなくし、事業により集中できる環境を作りたい。これが私の創業理由であり、今も変わらない想いです。日本の多くの割合を占めるのは中小企業であることに加え、働き方の多様化により個人事業主やフリーランス、副業人口が拡大し、スモールビジネスは更に増加していくと考えられます。しかし、資金管理や資金繰りをスムーズに行う環境は整備されておらず、お金のストレスは尽きません。
私たちは、金融サービスを再構築し、より価値のあるサービスにするために、今回の資金調達を実施しました。調達した資金は「事業拡大に向けた採用」、「プロダクトの研究開発」に投じ、更なる事業成長を実現させて参ります。
新規株主として、オリックス・キャピタル、セゾン・ベンチャーズ、ユナイテッド、SMBCベンチャーキャピタル、Chatwork、アイキューブドベンチャーズに参加いただき、また既存投資家のW fund、FFGベンチャービジネスパートナーズが追加出資を決めてくださったことは大変嬉しく、心強いです。
スモールビジネスに最適な収支把握と迅速な資金調達を可能とする「キャッシュマネジメントプラットフォーム(CMP)」の構築を目指し、事業拡大に向けた採用・組織体制の強化、プロダクトの機能拡充を進めてまいります。

 

■引受先コメント

W株式会社
服部 将大氏

スモールビジネス事業者にとって資金管理と円滑な資金確保は、私自身これまでの経験の中で大きな課題があることを間近でみてきました。ペイトナーはその課題に真摯に向き合い、独自の与信モデルの構築と、徹底的に利便性を追求し急成長を続けています。
今回新たに素晴らしい株主の皆様に参画いただけたことは大変心強く、W fundとしても前回ラウンドに続きご出資させていただきました。スモールビジネス事業者は今後も拡大していくと予想され、マクロ環境が激変する中ペイトナーのサービスがより多くの方に支持されることを期待し、引き続き当社の成長に貢献できるよう努めていきたいと思います。

オリックス・キャピタル株式会社
ヴァイスプレジデント 木村 彰利氏


ペイトナー社が掲げる「成長する全てのビジネスの、お金のストレスをなくす」というミッションに共感し出資させていただきました。どのようなビジネスでも資金繰り管理は最も大切な業務であり、同時にフリーランスの方々にとっては最も頭を悩ます問題の一つだと思います。ペイトナー社のサービスはこうした悩みを解決し得るものであり、なくてはならないサービスに成長すると確信しています。今回の出資を機に、オリックスグループが一丸となって支援させていただく所存です。


株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ
代表取締役 吉田 泰彦氏
投資事業部マネージャー 大原 未流斗氏

​前回のシリーズAの資金調達に続き、今回も追加出資させていただきました。
近年では働き方が多様化し、スモールビジネス事業者のニーズは刻々と変化しています。ペイトナーが目指す「キャッシュマネジメントプラットフォーム」の構築に向けて事業は急成長しており、着実に市場を創造しています。
今後の更なる成長のためにFFG一体となってサポートし、同社の経営陣と伴走していくことを心から楽しみにしております。

 

株式会社セゾン・ベンチャーズ
マネージングディレクター 福井 義高氏


弊社が属するクレディセゾングループでは、中期経営計画において「非カード決済領域」「SMEチャネル強化」を掲げております。加えてサステナビリティに関する基本的な考え方において「働き方改革」への貢献を目指しております。かかる中、「成長する全てのビジネスの、お金のストレスをなくす」ペイトナー様のご成長への貢献は弊社としても大変に喜ばしいことであり、今後の一層のご発展に期待しております。


ユナイテッド株式会社 
投資事業本部長 井上 怜氏


コロナの影響により働き方改革が一気に加速し、フリーランス人口は非常に増えています。そんな中、ペイトナーは独自の強みを活かし、ファクタリングや請求書受領サービスなど価値の高いプロダクトを創っています。フリーランスの方が活躍する場を創ることは、世の中をより善くしていくという当社のパーパスと高い親和性があります。ペイトナーの「キャッシュマネジメントプラットフォーム」構築に向け、全力で支援してまいります。


SMBCベンチャーキャピタル株式会社
投資営業第四部 副部長 中野 哲治氏


「成長する全てのビジネスの、お金のストレスをなくす」というミッションに共感し、今回ご投資の機会を頂きました。
フリーランスを中心としたスモールビジネスのマーケットが拡大する中、資金調達・資金管理を中心とした、包括的にキャッシュマネジメントが可能なプロダクトの必要性を強く感じております。ペイトナー社のチャレンジを全力で支えて参ります。

 


Chatwork株式会社 
取締役COO兼ビジネス本部長 福田 升二氏


日本においても労働市場の構造変化によりフリーランスやスモールビジネスで働く方々が大きく増加しています。しかしながらそれらを取り巻く事業環境の整備は未だ不十分で、活力ある事業活動が促進されているとは言えません。
ペイトナーの提供するサービスは資金繰りや資金管理の課題を解決することを通じて、事業者の生産性の向上を後押しすることができます。
ペイトナーへの出資により両社の提携関係を強固なものとし、「Chatwork」ユーザーを含む多くの事業者に対して価値提供できることを大変嬉しく思います。

株式会社アイキューブドベンチャーズ
代表取締役パートナー 山形 修功氏


私共はスマートデバイスの導入を通じ企業の働き方改革をサポートしておりますが、ワークスタイルが変化する中、フリーランスの存在感を実感しています。実際、様々なお仕事を依頼していますし、そもそもフリーランスとしての個人創業が我々のスタートでした。ペイトナーへの投資を通じ、フリーランスやスモールビジネスの資金繰り改善やキャッシュマネジメント効率化に大きな意義を感じており、同社サービス利用者の更なる成長を願ってやみません。


■採用情報
ペイトナーは事業拡大に向け、エンジニア、PM、HR、マーケティングなど様々なポジションにおける中核メンバーの採用を強化しております。詳細は下記をご確認ください。
https://potent-act-ed6.notion.site/674a87c1bbc845ba97f2e972c71b15a1

■ ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)

「成長する全てのビジネスの、お金のストレスをなくす」というミッションのもと、振込まで自動化する請求書受領サービス「ペイトナー 請求書」、オンライン型ファクタリングサービス「ペイトナー ファクタリング(旧先払い)」を提供しています。ビジネスに取り組むすべての人たちのお金に関する課題を解決するキャッシュマネジメントプラットフォームの構築に向けたサービス展開を目指します。

社名:ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)
代表者:代表取締役社長 阪井 優
所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
設立:2019年2月4日
URL :http://paytner.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
関連リンク
http://paytner.co.jp
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ペイトナー株式会社

35フォロワー

RSS
URL
https://paytner.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区虎ノ門五丁目9番1号 麻布台ヒルズ ガーデンプラザB
電話番号
-
代表者名
阪井 優
上場
未上場
資本金
4億7886万円
設立
2019年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード