町田市とFC町田ゼルビアが、健康づくりに関する啓発活動を行う包括的連携協定を締結

第1弾の取り組みでは、FC町田ゼルビアマスコットキャラクター「ゼルビー」がデザインされたハンドタオルを1歳6か月児健診受診者にプレゼント

町田市では、健康づくりに関わる取り組みを相互に連携および、協力し、市民の健康的な生活を実現することを目的に、株式会社ゼルビアと「健康づくりに向けた包括的連携に関する協定」を締結しました。


 

左から石阪 町田市長、株式会社ゼルビア 大友代表取締役社長、明治安田生命保険相互会社町田支店 小針支社長、FC町田ゼルビアマスコットキャラクターのゼルビー君左から石阪 町田市長、株式会社ゼルビア 大友代表取締役社長、明治安田生命保険相互会社町田支店 小針支社長、FC町田ゼルビアマスコットキャラクターのゼルビー君

▼FC町田ゼルビアホームページ

https://www.zelvia.co.jp/
 

  • 第一弾の取り組み
【内容】
FC町田ゼルビアマスコットキャラクター「ゼルビー」がデザインされたハンドタオル(20cm×20cm)を

・ 配布開始:6月3日(木)

・ 配布枚数:2,650枚(年間想定受診者数)
※このハンドタオルは「株式会社ゼルビア」と、既に町田市と「健康づくりに向けた包括的連携に関する協定」を締結している「明治安田生命保険相互会社」に協働で制作していただいています。

 

1歳6か月児健診の際に、受診者にプレゼントするハンドタオル1歳6か月児健診の際に、受診者にプレゼントするハンドタオル

  • 協定内容

・協定名称:健康づくりに向けた包括的連携に関する協定

・協定締結先:株式会社ゼルビア(町田市大蔵町550番地)
・取り組みの例
(1)FC町田ゼルビアのホームゲーム等において、大型映像装置と場内アナウンスを用いて、健康づくりに関する啓発活動を行う。
(2)町田市の健康づくりに係るイベント等において、健康づくりに関する啓発活動を行う。

 
  • ​ 東京都町田市について

​人口約43万人、東京都の南部に位置し、都心から電車で30分程度の場所にある町田市。町田駅周辺は大型商業施設が立ち並び、古くから栄えてきた商店街も健在。駅から少し離れると、里山の風景、緑いっぱいの公園、地場野菜を作る農地など、自然も多くあります。街の便利さと自然のどちらも味わえるまちです。
■町田市HP
https://www.city.machida.tokyo.jp/
■まちだシティプロモーション(町田市公式)@machida_cp
Twitter https://twitter.com/machida_cp
Instagram https://www.instagram.com/machida_cp/

  • FC町田ゼルビアについて
もともと、町田市は少年サッカーの盛んな街です。1970年代から強化を始め、これまで約40名の選手を
Jリーガーとして輩出し、ジュニア・ジュニアユース年代では全国でも有数の成績を収めて来ました。FC町田ゼルビアは、「サッカーの街・町田を代表するサッカークラブを作る」という考えのもと、1989年に誕生しました。

▼FC町田ゼルビアホームページ >クラブ> クラブ概要
https://www.zelvia.co.jp/club/overview/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 町田市役所 >
  3. 町田市とFC町田ゼルビアが、健康づくりに関する啓発活動を行う包括的連携協定を締結