日本を代表する写真家・森山大道のライフワークとも言える「記録」シリーズの最新40号の発売を記念して『BOOKMARC』にて写真展を開催!

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)にて、 写真家・森山大道氏による個人写真誌「記録」40号の出版を記念して写真展を開催します。今回は森山氏の次女でカラーマーカーアーティスト<ASA>こと森山朝子氏の作品も合わせて展示。前日夜には両氏を招いてオープニングレセプションとサイン会も開催します。
『森山大道「記録」40号 出版記念写真展』
■会期:2019年3月16日(土)- 3月24日(日)12:00-19:00
■オープニングレセプション & サイン会 日時:2019年3月15日(金)19:00 -20:30
■場所:BOOKMARC(ブックマーク)東京都渋谷区神宮前4-26-14

■商品情報
「記録」40号
判型:280 x 210 mm|112ページ|ソフトカバー
出版社:AKIO NAGASAWA PUBLISHING
販売価格:2,800円(税別)
発行年:2019年3月
1959年から写真を撮りはじめた森山大道の写真は、ハイコントラストや粗粒子画面の作風が“アレ・ブレ・ボケ”と形容され、写真界に衝撃を与えてきました。「記録」シリーズは、1972年からつくられた森山大道の私家版写真誌。日常で撮った写真をすぐに焼いて近くの人たちに手渡しで見せるという最小限のメディアを模索する中で制作が始まりました。翌年第5号をもって一時休刊となりましたが、2006年に復活し現在も継続的に刊行されており今回で40号となります。個人写真誌ならではの写真の空気にぜひ触れてみてください。

■プロフィール
森山大道 Daido Moriyama
1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て64年独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、67年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。68-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加。ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催など世界的評価も高く、12年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。2012-13年にはウィリアム・クラインとの二人展『William Klein+Daido Moriyama』がロンドンのテート・モダンで開催され、絶大な人気を誇る二人の競演は世界を席巻した。2016年にはカルティエ・ファンデーションにて「DAIDO TOKYO」展を開催。

■協力
AKIO NAGASAWA GALLERY | PUBLISHING

■注意事項
・商品の準備数には限りがございます。完売の際はご了承ください。
・ご予約お取り置きは不可とさせていただきます。予めご了承ください。
・天災などの不測の事態により、販売を中止する場合がございます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マーク ジェイコブス ジャパン株式会社 >
  3. 日本を代表する写真家・森山大道のライフワークとも言える「記録」シリーズの最新40号の発売を記念して『BOOKMARC』にて写真展を開催!