YAMAP、Apple Watchに対応 8/8から

パッと見るだけで現在地がわかる。ユーザー待望のアップデート

登山地図GPSアプリ「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップ(福岡市、代表取締役CEO 春山慶彦、以下ヤマップ)は、電波の届かない山の中でも現在地がわかる、安全な山歩きのための基本機能を、8月8日、「Apple Watch」に対応しました。※1

近年、登山中、現在地の確認にスマートフォンを活用する慣習が広がっています。
しかし、ほんのちょっとした確認であったとしても、都度、スマホを取り出すひと手間がありました。

ヤマップでは、Apple Watch版YAMAPアプリの開発に先駆け、Apple Watchを「所有している」または「欲しい」ユーザー12,447名に独自調査を実施。「YAMAPがApple Watchに対応したら利用したいか」と尋ねたところ、97.9%のユーザーから「利用したい」との回答を得ました。さらに「利用したい」と答えた12,179名に「Apple Watch版に期待したいこと」について尋ねると、80.5%が「スマホを取り出す手間の解消」を挙げました。この結果を受けて、Apple Watch版では、iPhoneを取り出さなくても、現在地がわかることにフォーカス。複雑になりがちな情報表示を敢えて回避し、2つのモード表示(地図表示モード/データ表示モード)に留めたことで、老若男女誰もが使いやすい、シンプルな仕上がりとなっています。
※1 SE / Series 5以降のApple Watchでご利用いただけます。

また、難しい初期設定やiPhoneからApple Watchへ地図を転送する必要もありません。

さらに、心拍数、標高、距離も簡単に把握することができます。

2つのモード表示

現在地がわかる「地図表示モード」現在地がわかる「地図表示モード」

健康指標がわかる「データ表示モード」健康指標がわかる「データ表示モード」

ユーザーの多くが抱える悩みを解消した本アップデートに対しては「嬉しい」「待ってました」など、その利便性に対する期待の声が数多く寄せられています。※2

※2 https://twitter.com/yamap5586/status/1547782901172908035 | YAMAP公式Twitter(@yamap5586 )にて7月15日に初公開した予告動画

ヤマップでは今後も、現在地をより簡単に、より手間なく確認できる本機能の利用を促すとともに、登山計画への対応など、さらなる機能向上を図ってまいります。

Apple Watchは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。

YAMAPについて
電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリ。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流したりすることもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。
2022年7月に累計320万ダウンロードを突破。
URL:https://yamap.com/

株式会社ヤマップ 会社概要
会社名 株式会社ヤマップ
本社所在地 福岡市博多区博多駅前3-23-20 博多AGビル6F
資本金(資本準備金含む) 1億円
事業概要
1. 登山・アウトドア向け WEB サービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」の運営
2. 登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」の運営
3. これからの登山文化をつくるメディア「YAMAP MAGAZINE」の運営
4. スマホから申し込める登山保険「YAMAP登山保険」の販売
5. 山・自然を活用したコンテンツ開発・コンサルティング・プロモーション 等
URL:https://corporate.yamap.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマップ >
  3. YAMAP、Apple Watchに対応 8/8から