「まごチャンネル」が、「グリーン住宅ポイント制度」の交換対象商品に採用

ポイントでの商品交換申請は6月1日(火)からスタート

この度、株式会社チカクが開発・販売する、スマートフォンで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送ることができる「まごチャンネル」が、国土交通省の管轄事業である「グリーン住宅ポイント制度」の取得ポイント交換対象商品として採用されました。
6月1日よりグリーン住宅ポイント50,000ptにつき、「まごチャンネル」1台分(年間利用料込みの特別プラン)相当として交換することができるようになります。

「まごチャンネル」は、スマートフォンで撮影した動画や写真をネット環境の有無を問わず実家のテレビに直接送信できる動画・写真共有サービスで、ITが苦手なシニア世代でも簡単に扱えるのが特長です。

「グリーン住宅ポイント制度」は、グリーン社会の実現に役立つ住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図ることを目的に、一定の性能を有する住宅を取得した方に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度。新築は最大100万円相当、既存住宅の購入は最大45万円相当、若者・子育て世帯のリフォームには最大60万円相当のポイントが付与されます。

国土交通省の発表によると、2021年4月末までの申請受付分の累計は、新築が1,030戸、リフォームが141戸の合計1,171戸。審査のうえで発行したポイント数は、新築が8,790万ポイント、リフォームが141.8万ポイント、合計8,931.8万ポイントとなっております。

今回の「グリーン住宅ポイント制度」の対象商品への採用で、より多くの皆様に「まごチャンネル」をご利用いただき、大切なご家族と共に「まごチャンネル」を楽しんでいただけたら幸いです。

■ 概要
【株式会社チカク(まごチャンネル)について】
チカクは“シニア・ファースト”を掲げ、高齢者DXを推進するAgeTech(エイジテック)企業です。第一弾プロジェクトとして、スマートフォンアプリで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送信し、テレビの大画面とスピーカーを通してインターネットやスマートフォンの利用が苦手なシニア世代でも孫と一緒に暮らしているかのような疑似体験ができる「まごチャンネル」を開発・販売しています。
株式会社チカク:https://www.chikaku.co.jp/
まごチャンネル:https://www.mago-ch.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社チカク >
  3. 「まごチャンネル」が、「グリーン住宅ポイント制度」の交換対象商品に採用