プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社AppBrew
会社概要

【2023年のビューティートレンド総まとめ】『BEAUTY流行語大賞2023』を12月4日(月)に発表

美容プラットフォーム「LIPS」では、『LIPSベストコスメ2023』に関するキャンペーンなどを多数実施中!

株式会社AppBrew

株式会社AppBrew(本社所在地:東京都文京区、代表取締役:深澤雄太)が運営する美容プラットフォーム「LIPS(リップス)」は、2023年12月4日(月)に『BEAUTY流行語大賞2023』を発表いたしました。

「中顔面短縮メイク」など、2023年を象徴する美容・コスメに関連するバズった「言葉」をピックアップ。特設ページ( https://lipscosme.com/beauty_trend_word/2023/allyear )では、Project LIPSメンバーからのコメントも紹介しております。

また、2023年12月1日に発表されたばかりの『LIPSベストコスメ2023』に関連した、さまざまなキャンペーンなどを実施中です。


  • 『BEAUTY流行語大賞2023』とは

LIPSはもちろんさまざまなSNSやメディアや媒体、サービスで目にふれ、耳に入り、

ユーザーにより投稿で使用された「言葉」を表彰いたします。


■「BEAUTY流行語大賞2023」とは

美容プラットフォームLIPSで検索された、フリーワード・ハッシュタグなどの「言葉」を独自のロジックで算出。

さらに、ユーザーアンケートの調査も加味して、BEAUTY流行語大賞として選出。


■「BEAUTY流行語大賞2023」アンケート調査について

調査方法:LIPS内アンケート

調査期間:2023年11月8日(水)〜11月12日(日)

調査対象:LIPSユーザーである10代〜50代の男女

対象者数:750人


  • ピックアップワードのご紹介


パーソナルカラーが定着する中、イエベ・ブルベのどちらもしっくりこない中間タイプの「グリベ(グリーンベース)が注目されたり、イエベ・ブルベのどちらでも使える「ニュートラルカラー」を配色したアイテムが発売されることが多くなった。パーソナルカラーに縛られずカラーを選びたいという需要が生まれたこと、メイクのトレンドとして肌なじみのいい色が人気だったことで「全べ」が使えるカラーが注目を浴びた。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5576086




SNSを中心にオタク用語として誕生した「バブみ」は、母性を感じる・赤ちゃんのように可愛いといった意で使用されることが多い。美容領域では「ピュア」で「透明感」がありながらも、「あざとさ」も感じさせるメイクを指すことが多く、「赤ちゃん」「天使」「美少女」などの言葉とあわせて使用されることも(例:天使のようなバブみリップ)。全顔メイクはもちろん、涙袋・チーク・リップといったパーツごとのクチコミも多く投稿された。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5614347




2023年、理想の顔の条件として目の上から鼻の下までの「中顔面」が短いことが挙げられました。中顔面を短くすることで幼い愛され顔になれる、という印象もSNSを通じて広く認知されたように思います。「中顔面短縮メイク」は、眉毛の印象は淡く・下まつげを描くなどアイメイクは下重心・幅広のチークを入れる・鼻の印象をなくすようにシェーディングを入れる忘れ鼻テクニック・人中を短く見せるオーバーリップなどがポイントに。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5164872




上半期に話題になった中国発メイク「水蜜桃(スイミツトウ)メイク」などをはじめ、「桃」がついたキーワードをよく目にした2023年。万能に使えるピーチ系カラーが、ピュアさや幼い愛され顔になりたいというユーザーインサイトともマッチし、多くのクチコミやSNSで話題になりました。彩度や明度が高く、白みを感じさせる「ピーチコーラル」や生感のある粘膜色の「ピーチピンク」などが特に人気だったように感じます。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5624302





「ピリピリ」「チクチク」と言ったオノマトペをよく目にした2023年。唇をふっくらとボリュームアップするプランプ効果のあるリップや、美容医療にも似たニードルなどを配合したスキンケアアイテムなど、「痛いコスメ」が話題に。思わず誰かに伝えたくなるような、ちょっとだけ痛い新感覚のアイテムは、SNSでもパッと目をひくキャッチーな存在でした。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5094356






毛穴ケアのニーズがまだまだ高いこともありますが、全顔メイクが戻り”落とす”ケアが再度フィーチャーされた1年。中でも洗顔料は、クレイ・スクラブ・ジェルなどさまざまな形状が発売されました。肌がスッキリしたような実感をすぐ得られるのも、嬉しいポイントだったのかもしれません。機能面はもちろんのこと、即実感できる肌体験というスキンケアのエンタメ化が進んだとも言えるのではないでしょうか。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5373823




うねりケアやカラーダメージケアなど、なりたい仕上がりや髪悩みごとに訴求されることが多かったヘアケア領域に新潮流。スキンケアで培った成分認知の傾向が、ヘアケア領域にも広がりました。コラーゲン・カシミヤシルク・アミノ酸など一度は聞いたことがある成分がヘアケアアイテムにも配合され、それを全面に押し出した訴求がされていたのも大きな要因に。ユーザーもどんな成分が配合されているかで商品を選ぶようになりました。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5024528




シャンプーやトリートメントといったインバスケアだけでなく、ブラシやタオルなどヘアケアグッズはもちろん頭皮ケアなど、ヘアケア全般で投資がグッと増えたのも、今年の特徴。中でもブラシへの関心度は高く「ブラシでこんなに変わるとは」という驚きの声が多くのユーザーから挙がりました。高価格帯のものだからよいのではなく、タイパが求められているのも、今年のヘアケアの大きなポイントかもしれません。

(画像:https://lipscosme.com/posts/5649233



■『BEAUTY流行語大賞2023』特設ページはこちら

https://lipscosme.com/beauty_trend_word/2023/allyear


  • 2023年のビューティートピックを振り返り

素の美しさを作ることが求められた2023年


美容業界にとって、コロナ禍は大きな分岐点でした。

おうち時間が充実したことで「メイクの練習をした」「スキンケアの成分を勉強した」という方が多かったように思います。そしてそれらをLIPSやSNSで発信するまでが、一連の流れでした。そんなこともあり、この数年で知識・技術・発信力を持ち合わせた美容偏差値の高いユーザーがグッと増えたように思います。


美容偏差値の高いユーザーたちが、2023年に求めたのは素肌が整っている、素髪が美しい、素が整っているように魅せ、ピュアな印象なのに盛れていること


透明感のある肌、淡色の肌なじみのいいアイシャドウでも印象的な目元、ふっくらとした唇、クセのないツヤのある髪。まるでそれらがもとから備わっているかのように、メイクやスキンケア、ヘアケアで作り上げる。

数mm単位のメイクテクニック、配合成分への高い理解度がそれらを作りあげる基礎になっているのは間違いありません。


■総評

株式会社AppBrew

コンテンツ企画チーム マネージャー

有江さとみ


  • 12月1日には「LIPSベストコスメ2023」も発表!

2023年12月1日(金)には、「LIPSベストコスメ2023」を発表いたしました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000018721.html

総合大賞1位は、Dior「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」が獲得。

2023年上半期の新作大賞も受賞しており、2023年を代表するコスメとなりました。


また、発表当日より「LIPSベストコスメ2023」に関連するキャンペーンを多数実施中です。

①LIPS Collection公開

「LIPSベストコスメ2023」受賞アイテムを使用した、メイク3ルックを紹介。

いずれも2024年に注目したいメイクのトレンドにフィーチャーしております。

https://lipscosme.com/articles/8112


②受賞コスメが当たる!コスメガチャ登場

「LIPSショッピング」の人気企画が、ベストコスメver.として登場。受賞アイテムを詰め合わせた10,000円相当のギフトBOXから、「LIPSショッピング」で使えるクーポンまでハズレなしのガチャ企画です。

https://lipscosme.com/bestcosme/2023/allyear/gacha


③私のベストコスメ投稿企画

LIPSが独自で開発した画像メーカーがお目見え!登録なし・誰でも簡単に・最短約1分、商品を選ぶだけで

あなたのベストコスメがわかる、特別画像を作れる「画像メーカー」をリリース。12月6日(水)よりスタート

投稿いただいた方の中から、抽選で10名に10,000円のAmazonギフトコードが当たるチャンスも!


④LIPS公式インスタライブを実施

LIPS Collectionで紹介したメイクを、12月13日(水)LIPS公式インスタグラムのライブ機能でご紹介!


その他、11日(月)よりLIPSやSNS、メディア等で活躍する美容インフルエンサーが選ぶベストコスメ企画の

特別ページも公開予定。


LIPSアプリ内「ベスコス」タブでも、各企画をご紹介しておりますのであわせてご確認ください。


■『LIPSベストコスメ2023』特設ページ

https://lipscosme.com/bestcosme/2023/allyear

■「ベストコスメが発表になるまでの道のり」特設ページ

https://lipscosme.com/bestcosme/selecting-method



  • LIPSについて

2017年1月にサービスをローンチし、2021年には「コスメ・メイクのクチコミ検索アプリダウンロード数No.1」(出典:App Annie 日本国内 iOS & Android、合計:2021年1月〜12月)を記録。2022年10月には「なりたい自分を、もっと自由に。」のコンセプトを体現するロゴへリデザイン。性別・世代を問わず、メイクや美容を通じて個々人の「幸せ」や「なりたい姿」を自由に追求できるプラットフォームに。さらに2023年8月には累計1,100万ダウンロードを突破。メイクやスキンケアに関する商品レビューやユーザー間コミュニケーション、人気ランキング、新商品情報やプレゼント企画など様々な機能やコンテンツを無料で提供しております。

  • 会社概要

社名:株式会社AppBrew
所在地:東京都文京区本郷1丁目11-6 東接本郷ビル4階
代表取締役:深澤雄太
事業内容:美容プラットフォームアプリ「LIPS」の企画・開発・運用
LIPS(iOS):https://apple.co/2Q4XoTL 
LIPS(Android):http://bit.ly/2zfUGAT 

  • お問合せ先

株式会社AppBrew PR担当
TEL:03-3868-3329
FAX:03‐3868‐2366
Email:pr@appbrew.io

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://lipscosme.com/beauty_trend_word/2023/allyear
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社AppBrew

31フォロワー

RSS
URL
http://appbrew.io
業種
情報通信
本社所在地
東京都文京区本郷1丁目11-6 東接本郷ビル 4F
電話番号
03-3868-3329
代表者名
深澤雄太
上場
未上場
資本金
27億6000万円
設立
2016年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード