中部国際空港2018年3月ならびに2018年度(速報値)の運用実績を発表

2018年度の航空旅客数は開港時(2005年度)を越える1235万人超で過去最高。2018年3月の航空旅客数は2014年2月から50ヶ月連続で前年同月超え

 中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:友添雅直)は、中部国際空港セントレア(以下、「セントレア」)の、2018年3月度空港運用実績を発表しました。
 2018年度一年間の航空旅客数は、速報値で開港当時の2005年度を越えて過去最高となる12,356,882人となりました。
  • 航空旅客数
 国際線外国人旅客数などが好調だったことにより、2018年度の航空旅客数は7年連続の増加となり、12,356,882人となり、開港当時の2005年度を越えて過去最高となりました。

 

訪日外国人旅行客などの旺盛な需要が下支えとなって航空旅客数が過去最高訪日外国人旅行客などの旺盛な需要が下支えとなって航空旅客数が過去最高

 
  • 構内営業売上高
 訪日旅行客などの旺盛な需要を背景に、空港内免税店などの売り上げも好調だったことから、構内営業売上高も2018年度を超えて過去最高となりました。

 

免税店売り上げが好調。2019年度には総合免税店がリニューアルオープンする免税店売り上げが好調。2019年度には総合免税店がリニューアルオープンする

 
  • 来場者数
 2018年10月12日に開業した、ボーイング787初号機の展示をメインとした新しい複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」などの効果により、来場者数も前年比115%の13,543千人となりました。
 なお、FLIGHT OF DREAMSの累計来館者数は、2018年3月末時点で約80万人となりました。なお、この数字は、上記の来場者数に含めています。

2018年10月に複合商業施設FLIGHT OF DREAMSが開業し来場者数増を牽引2018年10月に複合商業施設FLIGHT OF DREAMSが開業し来場者数増を牽引

  • 【参考資料】中部国際空港実績一覧 [2018年度]

(PDFはこちら)https://prtimes.jp/a/?f=d24522-20190422-7078.pdf

過去実績は中部国際空港株式会社のホームページ(http://www.centrair.jp/corporate/)に掲載しておりますので、合わせてご参照ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中部国際空港株式会社 >
  3. 中部国際空港2018年3月ならびに2018年度(速報値)の運用実績を発表