12月定例会に補正予算案を提出 コロナワクチン追加接種、子育て世帯への臨時特別給付金

豊中市は、市議会12月定例会(11月29日(月)提出)において一般会計総事業費約43億9千万円の補正予算案を提出します。

<11月29日提出の主な補正予算案>

1.新型コロナウイルスワクチン追加接種および小児(5~11歳)への接種体制の準備【1,145,786千円】
新型コロナウイルスワクチンの2回目接種から8ヵ月を経過した人を対象に、順次追加接種を実施。また、小児(5~11歳)への新型コロナウイルスワクチン接種について、接種体制の準備を実施
◎接種券発送開始時期:11月18日から順次発送
◎接種開始時期:12月1日から順次開始(5~11歳は令和4年2月ごろから接種の可能性あり)


2.子育て世帯への臨時特別給付金(国制度)【3,013,215千円】
コロナ禍の影響を受けている子育て世帯に給付金を支給
◎対象:令和3年度末年齢が18歳以下の児童を養育する子育て世帯
◎支給額:児童1人当たり5万円
◎所得制限:主たる生計維持者の年収が児童手当受給水準以上の世帯は対象外


3.スクールソーシャルワーカーによる不登校児童生徒への家庭訪問【3,886千円】
コロナ禍で増加傾向にある不登校状態の児童生徒や、登校に不安を感じている児童生徒に対して、スクールソーシャルワーカーによる家庭訪問を実施
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 豊中市 >
  3. 12月定例会に補正予算案を提出 コロナワクチン追加接種、子育て世帯への臨時特別給付金