株式会社スマートプラス、セルフブランドのロボアドバイザー導入ソリューション「Smartplus Digital Wealth Manager」を提供開始

~事業会社と金融機関の資産運用サービス参入を促進し金融DXを加速~

株式会社Finatextホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:林 良太)の子会社で証券事業を行う株式会社スマートプラス(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤江 典雄、以下「当社」)は、事業会社と金融機関が自社ブランドとして提供可能なロボアドバイザーをパッケージ化した「Smartplus Digital Wealth Manager(スマートプラス・デジタル・ウェルス・マネージャー)」の提供を開始いたしました。

■提供背景
日本のマクロ経済や昨今の世界情勢を踏まえて、デジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)の必要性は急激に高まっており、顧客との接点を強化し、顧客あたりの生涯価値(=ライフタイムバリュー、以下「LTV」)を向上させていくことが必要不可欠になってきています。

LTVを拡大するために、EC事業者や通信キャリアなど、多くの顧客基盤を有する事業会社は、本業サービスに加えて多様なサービスを提供すると同時に、ポイント等を活用して独自の経済圏を構築する傾向にあります。また、従来の金融機関はこれまでの強みである対面での接点とオンラインの接点とを融合することでLTV拡大を実現しようとしています。(OMO = Online Merges with Offline)

資産運用サービスには、積立等の継続的な取引を行える特性があり、LTVを重視した事業展開において有効に働く可能性があります。そのため既存金融機関や既に大規模な経済圏を有する事業会社において証券・金融事業は重要な位置付けを占めるに至っています。

しかし、多くの事業会社や金融機関にとって、資産運用サービスを始めるための証券システム開発にかかる膨大な時間とコストが参入のハードルとなっています。加えて、自社顧客に最適化されたフロントサービスを開発するためにはフィンテックや証券の専門知識が必要となるため、実現は容易ではありません。

スマートプラスは、このような課題を解決するために「BaaS(Brokerage as a Service)」と呼ばれる証券システム基盤をクラウドで提供しています。今回、さらに資産運用サービスへの参入障壁を下げるため、クラウドと併せて顧客と長期的な関係を築く上で有効なロボアドバイザーを、フロントサービスとしてパッケージ化し、提供する「Smartplus Digital Wealth Manager」を開発しました。

ロボアドバイザーは投資初心者から経験者まで投資経験を選ばず、投資のポートフォリオの提案、運用からリバランスまで全てを任せて高度な資産運用を行えるため、既に大規模な経済圏を有した事業会社や金融機関の幅広い投資経験層には親和性が高く、引き続き注目されています。

スマートプラスは「Smartplus Digital Wealth Manager」の提供を通し、事業会社や金融機関が自社経済圏の顧客に対して迅速かつ安価に証券サービスを提供することを支援します。

 

■「Smartplus Digital Wealth Manager」の特徴

 

1. 自社ブランドを反映したUI(ユーザーインターフェース)で提供可能
サービス名称はもちろん、自社ロゴの配置やコーポレートカラー等のカスタマイズができ、自社ブランドのロボアドバイザーとして提供可能です。顧客は慣れ親しんだサービスの世界観の中で資産運用することができ、経済圏全体のブランド体験を損なうことはありません。

2. 幅広い投資レベルに対応
顧客が運用を開始するにあたり、高度な投資知識や分析スキル等は必要ありません。運用からリバランスまで全てをお任せできる投資一任型のロボアドバイザーのため、投資初心者から経験者まで幅広い対象者へ向けたサービス提供が可能です。

3. 長期投資で長期的な関係を構築
ロボアドバイザーは長期投資型の資産運用サービスです。そのため5〜20年以上もの長期にわたり顧客と継続的な関係を築くことが可能です。

4. 積立投資で毎月取引
ロボアドバイザーは、長期的な関係を構築できるだけでなく、毎月一定の取引を行う定時定額取引に対応していますので継続的に安定した取引が期待できます。

5. 自社ポイントとの連携
自社ポイントと連携でき、オプションとして資産運用額に応じたポイントを付与するリワードや既存ポイントを投資資金へ充当することも可能です。

6. データポータルを標準提供
利用者属性や資産運用サービスの利用状況のレポーティングを標準装備。データポータルを通して多様なデータを取得可能です。実店舗やカタログ、サポートセンターと言ったオフラインとオンラインで行われた顧客のあらゆる体験をデータ化し、OMOマーケティングとして活用することができます。

■「Smartplus Digital Wealth Manager」概要

サービス名 Smartplus Digital Wealth Manager
提供開始日 2020年11月26日
Webサイト https://smartplus-sec.com/digital-wealth-manager/
価格 個別見積(※)
開発期間 最短1ヶ月(※)

※ 価格および開発期間は、データポータルの有無等の事業者側のシステム要件によって異なります。



■株式会社スマートプラス

株式会社スマートプラスは、証券ビジネスプラットフォーム「BaaS(バース):Brokerage as a Service」を軸に、事業者による自社顧客向け証券サービスの提供を支援するFintechスタートアップです。クレジットカードで個別株が買える日本初のサービス「セゾンポケット」開発などの事業者向けサービスのほか、自社でもスマホ投資サービス「STREAM(ストリーム)」を開発・提供しています。

会社名 :株式会社スマートプラス
代表者 :代表取締役 藤江 典雄
設立  :2017年3月
所在地 :東京都千代田区九段北3丁目2番11号 住友不動産九段北ビル 4階
事業内容:第一種金融商品取引業、投資運用業
URL  :https://smartplus-sec.com/

商号等 :株式会社スマートプラス
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第3031号
加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会

■株式会社Finatextホールディングス

Finatextグループは、「金融を“サービス“として再発明する」をミッションに掲げ、「金融がもっと暮らしに寄り添う世の中」の実現を目指しています。金融サービスのあるべき姿を顧客視点から見直し、パートナー事業者と共に新しい金融サービスを開発する「株式会社Finatext」をはじめ、オルタナティブデータ解析サービスの「株式会社ナウキャスト」、証券ビジネスプラットフォームを提供する「株式会社スマートプラス」、次世代型デジタル保険の「スマートプラス少額短期保険株式会社」を中心に、デジタル技術とデータを最大限活用した「生活に寄り添う身近な金融サービス」を展開しています。

会社名:株式会社Finatextホールディングス
代表者:代表取締役 CEO 林 良太
設立 :2013年12月
所在地:東京都千代田区九段北3丁目2番11号 住友不動産九段北ビル 4階
URL :https://hd.finatext.com
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Finatextホールディングス >
  3. 株式会社スマートプラス、セルフブランドのロボアドバイザー導入ソリューション「Smartplus Digital Wealth Manager」を提供開始