ヒョウタンツギやメルモ、写楽くんにトリトンも!銀行登録できる手塚キャラのはんこ「手塚ずかん」に、SNSより寄せられた声から生まれた第二弾が登場。

「私の好きなキャラクターで作ってほしい!」SNSから寄せられたリクエストに応えて店主が企画。手塚作品の名脇役や隠れた名作まで、通好みのキャラクターが2018年の生誕90周年を迎えて登場しました。

インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」は、「漫画の神様」とも呼ばれる漫画家・手塚治虫のキャラクター入りはんこ「手塚ずかん」の第二弾を発売しました。2017年11月の発売開始後にSNSから寄せられたリクエストに応えて製品化したもので、知る人ぞ知る名脇役や隠れた名作など、よりコアな手塚ファンに向けたキャラクター構成となっています。まもなく訪れる2018年はキャラクターたちの生みの親・手塚治虫の生誕90周年となるメモリアルイヤー。手塚マンガのさまざまなキャラクターが集う「手塚ずかん」をつうじて、味わい深い手塚作品の魅力に触れていただけたらと考えております。
インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」を運営する株式会社岡田商会(所在地:大阪府大阪市、店長:岡山耕二郎)は、2018年に生誕90周年を迎える漫画家・手塚治虫のキャラクターが集うはんこ「手塚ずかん」の第二弾を発売いたしました。

今回の第二弾は2017年11月の発売開始後にSNSから寄せられた「私の好きなキャラクターも出してほしい!」というたくさんのリクエストに応えて製品化したもので、知る人ぞ知る名脇役や隠れた名作など、よりコアなファンに向けたキャラクター構成となっています。

第二弾のイラストは全部で25種類。手塚マンガには欠かせないサブキャラクター「ヒョウタンツギ」や、「オムカエデゴンス」と決めゼリフを放つ「スパイダー」、人間味のある悪役として登場する「アセチレン・ランプ」といった名脇役が見どころのひとつ。

もうひとつの見どころは「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」「ブラック・ジャック」「火の鳥」など誰もが知っている代表作をメインにした第一弾にたいして、第二弾は「ふしぎなメルモ」「三つ目がとおる」「どろろ」「海のトリトン」「W3(ワンダースリー)」「ぼくの孫悟空」「ブッダ」「ワンサくん」など手塚作品をより深く味わえる構成となっています。

お茶の水博士やヒゲオヤジ、「リボンの騎士」のチンクにピノコの「アッチョンプリケ」も登場。まさに「手塚ずかん」と呼ぶにふさわしいイラストが勢ぞろいしました。

 

合計43種類のイラストから好きなキャラクターが選べる手塚ファンにはたまらないはんこ「手塚ずかん」。かわいいだけでなく、シャチハタタイプは荷物の受け取りやサイン代わりに、木彫り・黒水牛タイプは全国ほとんどの金融機関で銀行印としても使うことができます。

こちらはシャチハタタイプ(角型)についてくる非売品のストラップ。第二弾から選べるのはヒョウタンツギ、メルモ、写楽保介、どろろ、トリトン、ボッコ、孫悟空、ブッダの8種類となります。

まもなく訪れる2018年はこれらのキャラクターたちの生みの親・手塚治虫の生誕90周年となるメモリアルイヤー。さまざまな手塚マンガのキャラクターが集う「手塚ずかん」をつうじて、何十年も前に生みだされたとは思えない味わい深い作品の魅力に触れていただけたらと考えております。


<参考URL>

手塚ずかん
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/tezukazukan/

印鑑はんこSHOPハンコズ
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社岡田商会 >
  3. ヒョウタンツギやメルモ、写楽くんにトリトンも!銀行登録できる手塚キャラのはんこ「手塚ずかん」に、SNSより寄せられた声から生まれた第二弾が登場。