大阪府と連携し新型コロナウイルス対応状況管理システムを作成、全国自治体へのテンプレート提供を開始

サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)は、大阪府と連携しkintone(キントーン)[1]を活用した「新型コロナウイルス対応状況管理システム」を作成しました。
サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)は、大阪府と連携しkintone(キントーン)[1]を活用した「新型コロナウイルス対応状況管理システム」を作成しました。大阪府が作成した本システムは、新型コロナウイルス感染症患者の健康状態等の把握や、各種情報の集計を効率化することが可能です。また、大阪府は同様の課題を抱えている全国の自治体を支援するため、大阪府モデルのシステムをテンプレート化し、要望があった自治体に対して提供を開始します。サイボウズからは「飲食店テイクアウト情報共有システム」等、新型コロナウイルス感染症に対応する上で活用できる各種テンプレートを、自治体に提供します。さらに、これらのテンプレートを利用して業務のシステム化を目指す自治体に対し、サイボウズ社員が設定サポート等の導入支援を行うことを発表いたします。

■大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要
新型コロナウイルス感染症患者の健康状態を把握するため、多くの自治体では保健所職員が各患者に電話をかけて聞き取り調査を行っており、患者数増に伴って業務負荷が大きくなっています。また、各保健所では聞き取った内容をエクセル等に入力し、自治体の担当部署にメールで送付するため、担当部署側での集計業務も非効率となっています。

大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムは、トヨクモ株式会社[2]が提供する「フォームブリッジ」「kViewer」を用い、患者がスマートフォン等で簡単に自身の健康状態を報告できます。また、送信される報告はkintoneのデータベースに自動的に蓄積されるため、メールの送受信やエクセルファイルの転記などの集計業務の手間を削減することが可能です。大阪府、府内の各市、及び府市が管轄する保健所が本システムを共同利用することで、関係機関の大幅な業務効率化を実現します。

 

大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要図大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要図



■大阪府スマートシティ戦略部 坪田部長 コメント
サイボウズ株式会社のご協力のもと、情報をオンラインで集中管理・共有できるシステムを作成しました。
患者の症状変化について、職員が電話で聞き取るだけでなく、軽症患者が簡単にスマホ等からオンラインで直接入力できるようにし、患者と職員双方の負担が軽減されます。
また、本システムで患者情報を一元管理することにより、入院受入調整が迅速化されるとともに、関係者の負担が軽減し、情報共有ができます。
全国でも患者管理では同じ状況下にあると思われますので、大阪で作成したこのシステムを全国の大阪方式の対策をとる自治体でも活用いただきたいと考えています。

大阪府スマートシティ戦略部長 坪田 知巳

■新型コロナウイルス感染症に対応する各種テンプレートを自治体向けに随時提供
飲食店のテイクアウト情報を効率的に集約する「飲食店テイクアウト情報共有システム」や、各公共施設にある消毒液等の物資在庫状況を一元的に管理する「在庫状況把握システム」等、自治体の新型コロナウイルス対応を支援するシステムのテンプレートを自治体向けに提供いたします。また、上記のテンプレート以外にも、kintoneでシステム化が可能なものは随時提供を開始します。

■テンプレートを利用する自治体向けの導入支援を特別提供
これらのテンプレートを利用して業務のシステム化を目指す自治体に対し、サイボウズ社員が設定サポート等の導入支援を行います。

■大阪府とサイボウズの取組を動画でご紹介
大阪府スマートシティ戦略部の職員自ら、大阪府モデルの「新型コロナウイルス対応状況管理システム」について紹介するほか、サイボウズが自治体向けに特別提供する支援についても解説しております。
配信URL:https://youtu.be/Zkprhdz8wQ8 (サイボウズ営業本部チャンネル)

■自治体向けの導入相談窓口
サイボウズ株式会社 営業本部 営業戦略部 公共担当
MAIL:cy-public@cybozu.co.jp

[1]kintoneとは
製品サイト:https://kintone.cybozu.co.jp/
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。

[2]トヨクモ株式会社について
トヨクモは、ビジネス向けのクラウドサービスを提供する企業です。安否確認サービスやサイボウズkintoneなどのクラウドサービスを連携させたサービス提供を行なっております。

※2020年4月23日 一部内容更新

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照下さい。
https://cybozu.co.jp/logotypes/other-trademark/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイボウズ株式会社 >
  3. 大阪府と連携し新型コロナウイルス対応状況管理システムを作成、全国自治体へのテンプレート提供を開始