バクラク請求書、インボイス制度対応機能の第1弾を公開。デモ体験会の受付開始

〜請求書をAIが読み取り、発行元が適格請求書発行事業者かを自動判定〜

株式会社LayerXが提供する請求書受領ソフト「バクラク請求書」は、2023年10月1日に開始される適格請求書等保存方式(以下「インボイス制度」)に対応した機能の第1弾を公開します。
インボイス制度対応の第1弾として、アップロードされた請求書をAIが自動で読み取り、発行元が適格請求書発行事業者かどうかを判定する機能を開発。インボイス制度対応を検討されている経理・税理士の方々向けに、本機能およびバクラクシリーズのデモ体験会の受付を開始します。

デモ体験会受付フォーム:https://bakuraku.jp/invoice/contact-invoice-system

 

 

■ 本機能開発の背景

インボイス制度が2023年10月1日に開始されると、仕入税額の控除を受けたい企業では、原則として、受領した請求書に対して適格請求書の要件を満たしているかを確認する業務が発生する見込みです。
一方で、普段から忙しい経理の現場の方々が、目視で上記の業務を実施することは難しい実情があります。
 

参考:インボイス制度開始において、実際の現場で求められる業務フロー(「10分でわかる!インボイス制度」より抜粋)

https://bakuraku.jp/resources/how-to/resources-invoice_system

■ 本機能で実現すること

バクラク請求書のインボイス制度対応第1弾では、以下の業務を自動化いたします。
 

1. 受領した請求書に、適格請求書発行事業者の登録番号が記載されているかを確認
2. 登録番号が、国税庁に登録されている正しいものであるかを判定

(国税庁の適格請求書発行事業者公表システムWeb-API機能 https://www.invoice-kohyo.nta.go.jp/web-api/index.html を活用)


<実際の画面動作イメージ>
 

 

本機能の公開にあたってインボイス制度対応を検討されている方に向けて、本機能やバクラクシリーズのデモ体験会の受付を開始します。インボイス制度への対応を調査・検討されている方はぜひご登録ください。
https://bakuraku.jp/invoice/contact-invoice-system

バクラク請求書をはじめとした「バクラク」シリーズでは、今後も順次、インボイス制度への対応もバクラクにする機能を開発していく予定です。今後の機能開発にご期待ください。

■ 「10分でわかる!インボイス制度」公開中!

インボイス制度に対する基礎知識・制度開始による変更点をわかりやすく解説した資料を公開しています。

・インボイス制度未対応時の消費税の扱いについて
・インボイス発行のために必要になる税務署への届出について
・インボイス(適格請求書)に求められる要件について
・発行者、受領者それぞれにおいて発生する新しい業務について
・経理業務の変化に伴う、制度開始までのフロー整備の必要性について

資料にご興味ある方は、こちらからダウンロードください。
https://bakuraku.jp/resources/how-to/resources-invoice_system

■ 2023年の導入に向けた対応事項がまるわかり!インボイス制度解説セミナー開催

国税庁OBで税務のスペシャリストであり、数多くの企業を支援してきた袖山喜久造氏から、インボイス制度の概要と2023年の導入に向けた対応事項について解説するセミナーを開催します。

開催日時:2022年6月14日  10:45-12:00
申し込みページ:https://bakuraku.jp/seminar/invoice-system

<登壇者プロフィール>
袖山喜久造(SKJ総合税理士事務所 所長・税理士)
国税庁・東京国税局調査部で長年法人税調査等を担当。2012年税理士開業後、企業の税務・電子化コンサルティングを行う。2019年5月SKJコンサルティング合同会社設立。JIIMA法務委員会アドバイザー

 


■「バクラク」について

バクラクシリーズは、コーポレートDXを支援するサービス群です。クラウド請求書受領ソフト「バクラク請求書」をはじめ、クラウドワークフローシステム「バクラク申請」、電子帳簿保存法に準拠した形で請求書や領収書等の電子保管を可能にする「バクラク電子帳簿保存」、次世代経費精算システム「バクラク経費精算」の4サービスを展開しています。
シリーズ第1弾となる「バクラク請求書」は請求書の受取り後、AI-OCRで請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行。請求書受取業務の効率化を通じて経理DXを推進しています。

公式サイト:https://bakuraku.jp/

■ 株式会社LayerXについて

「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、業務や生産をはじめとした経済活動の摩擦を解消し、この国の課題である生産性向上を実現するべく、様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。SaaS事業においては、請求書の受け取りから経理の会計処理・支払処理を一気通貫で自動化する「バクラク請求書」をはじめコーポレートDXを支援するサービスを提供しています。

[設立]2018年8月
[代表者名]代表取締役CEO 福島良典
[資本金]31億円(資本準備金含む)
[事業内容]「バクラク請求書」「バクラク申請」「バクラク経費精算」「バクラク電子帳簿保存」の提供(SaaS事業)、アセットマネジメントを扱う合弁会社の運営(Fintech事業)、プライバシーテックのR&Dと事業化(Privacy Tech事業)
[コーポレートサイト]https://layerx.co.jp/ 

■ LayerX 採用情報

LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。
バクラク請求書の本提供開始に伴い、ソフトウェアエンジニアをはじめとしたあらゆる職種において採用活動を強化しています。ご興味をお持ちの方は以下よりエントリーをお待ちしています。
https://jobs.layerx.co.jp/

■ 本サービスに関するお問合せ

バクラクシリーズに関するお問合せ:https://bakuraku.jp/invoice/contact


■ 本プレスリリースに関するお問合せ

pr@layerx.co.jp(担当:広報)

  1. プレスリリース >
  2. LayerX >
  3. バクラク請求書、インボイス制度対応機能の第1弾を公開。デモ体験会の受付開始