余命1年のがん患者の8割が症状改善! がん消失も起こった!『元がんセンター医師が教える 「がん」に打ち勝つあなたへの代替医療』

「がん」を治す救世主は、代替医療に他ならない! 新刊書籍『元がんセンター医師が教える 「がん」に打ち勝つあなたへの代替医療』3/18発売!

1994年、国立九州がんセンターに医師として赴任した著者は、西洋医学の限界を味わうこととなる。もはや、打つ手のないがん患者たちを前に、亡くなる姿を傍観するだけの日々。――その体験を経てたどり着いたのが、本書で解説する代替医療「安藤式四位一体療法」であった。

 


国立九州がんセンターで、多くのがん患者の死を間近で見た著者・安藤由朗医師は、「西洋医学では、目の前の患者さんを助けることができないのだ」という、深い罪悪感と無力感に襲われることとなる。

 

以来、安藤医師は、手術、抗がん剤、放射線といった対処療法ではなく、代替医療による根本治療を研究。自らの医院・安藤整形外科医院で実践し、余命わずかながん患者をも救っている。

安藤医師の代替医療は「安藤式四位一体療法」と名付けられ、「食餌療法・水療法」、「洗腸、浣腸(腸のメンテナンス)」、「フコイダン療法」、「免疫力を高めるワクチン療法」を組み合わせるもの。それによって免疫力を高め、がん細胞に働きかけ、自然治癒力でがんに立ち向かう。

結果、代替医療を始めてから2800人以上、「安藤式四位一体療法」では1500人以上のがん患者が改善! 余命1年のがん患者の8割の症状が良くなり、「がんが消えた」、「余命が伸びた」という報告も多数ある。

本書は、代替医療「安藤式四位一体療法」の詳細はもちろん、がん治療の現在と未来を語る1冊である。

★第1章:がんの正体と日本における統合医療
★第2章:がんの最先端医療の現状と補完代替医療
★第3章:がんと闘える食餌療法
★第4章:統合機能水と洗腸で健康への第一歩を
★第5章:救世主「フコイダン」
★第6章:免疫力を高める丸山ワクチン
◆第7章:安藤式四位一体療法とその他の療法
◆第8章:精神的ケアのためのカウンセリング
 

 

◎著者PROFILE
安藤 由朗(あんどう よしろう)……福岡県北九州市『安藤整形外科医院』院長。1964年、福岡県生まれ。1992年九州大学医学部整形外科入局。九州大学医学部付属病院、福岡日赤病院、国立九州がんセンター勤務を経て、安藤形成外科医院を継承。がん、関節リウマチ、アレルギー疾患、生活習慣病などの疾患について、食育をふまえ、患者の指導にあたっている。著書に『電解還元水でアトピーが治った』など。

★著書名:元がんセンター医師が教える「がん」に打ち勝つあなたへの代替医療
★著者:安藤由朗
★定価:1512円(税込)
★ISBN:978-4-07-298494-9
★発売:主婦の友社
★発行:主婦の友インフォス情報社
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社主婦の友インフォス >
  3. 余命1年のがん患者の8割が症状改善! がん消失も起こった!『元がんセンター医師が教える 「がん」に打ち勝つあなたへの代替医療』