ブランドとお客様の絆を深めるアテニア ブランドムービー『好きになってもらうこと』編 10/16よりWeb配信スタート

4人の女性社員たちが、もの作りに対する想いを語る「アテニアの一流品質とは」「アテニアが寄り添いたい女性の本音とは」

 株式会社アテニア(所在地:神奈川県横浜市中区 代表取締役社長:斎藤智子)は、創業30周年を機に、アテニアのブランド理念を体現するブランドムービー『好きになってもらうこと』を制作、2019年10月16日(水)よりアテニアホームページ(www.attenir.co.jp)にて配信します。
※動画は、アテニア30周年記念ページでご覧いただけます。
https://www.attenir.co.jp/campaign/30th_anniversary/index.html

 

【目的】
 アテニアブランドの「想い」を、多くのお客様に知ってもらうことはもちろん、社員一人一人がブランドの姿勢を深く理解することによって、ブランドとお客様との絆をより深め、商品を介してだけのリレーションに留まらない、人と人との結びつきを実現するブランドになることを目的としています。

【動画概要】
 今から30年前の1989年、“化粧品といえば百貨店の高級ブランド”というバブル全盛期の時代に、「良い化粧品は高くて使い続けられない」という女性の本音に応えるため、女性自身の手によって消費者運動的に立ち上がったアテニア。
 以来「一流ブランドの品質を、1/3価格で提供する」ことを理念とし、「エイジングケア」を専門に研究を続け、女性の本音を反映した商品を生み出し続けてきました。時代は変わっても、女性の本音に寄り添う姿勢は、創業以来30年間一貫して変わっていません。
 今回、30周年を機に、仕事や家事、子育てに奔走するアテニアの女性社員たちの姿を撮影した1本のムービーを制作しました。きっと同じ環境で奔走しているであろう大人世代の女性たちが、いつまでも若々しく美しく、心豊かなライフスタイルを送るために自分たちには何ができるのか、そんなことに日々思いを巡らせながら、もの作りに励む姿を描いています。
 忙しい現代女性は、つい「女性としての自分」のために使う時間を犠牲にしがち。でも本当は「1人の女性として輝きたい」という葛藤を抱えていて、エイジングとも戦わなければならない。そうすると楽しいはずのスキンケアがいつしか義務と化し、かえってストレスになってしまう・・・。そんな経験をされている方は少なくないと感じています。
 今回配信のこのムービーは、心、身体、そして人生においても転機を迎えて、悩み、迷っている大人世代の女性を応援していきたい、というアテニアの想いを込めてお届けします。
 

 

クリエイティブ ディレクター 江村 浩一(エムラ コウイチ)
1961年生まれ。
フジ産経広告賞など受賞歴多数。
明治安田生命のCMは、CDとして制作に携り、20年目を迎える。

映像監督 泉 貴文(イズミ タカフミ)
1975年生まれ。
CM、WEB動画、VPなど映像全般の企画、及び制作を手掛ける。NTT,厚生労働省のCMなど作品 多数。


 

アテニア ブランドムービー『好きになってもらうこと』編 イメージカット
出演:商品企画部 春田幸子・田中良枝(特別出演:こうすけ)
化粧品研究所 加賀美真弓・安田亜希子



▼アテニア30周年記念ページ


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アテニア >
  3. ブランドとお客様の絆を深めるアテニア ブランドムービー『好きになってもらうこと』編 10/16よりWeb配信スタート