東京・渋谷に取材拠点を開設 スタートアップ、テックの情報発信イベントも

7月、東急電鉄によるオープンイノベーション施設内に

株式会社日本経済新聞社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岡田直敏)は7月1日、スタートアップ取材などの拠点として、東京・渋谷に「日経渋谷センター」を新規に開設します。

東京急行電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区 取締役社長:髙橋和夫)と連携し、同社が7月1日に開くオープンイノベーション施設Shibuya Open Innovation Lab(SOIL)内の一角を、日経の記者やエンジニアなどの活動拠点として利用します。また、SOIL内にある約百人収容のスペースを使って、イノベーション関連のイベントを随時開催し、国内外に先端情報を発信します。

スタートアップや企業のオープンイノベーション施設が集積し、デジタル・IT関係者や起業家、投資家、学生などの交流が最も盛んな地区の一つである渋谷に拠点を持つことを通じて、イノベーションの街・渋谷の知名度向上に貢献するとともに、スタートアップ取材を一層強化し、活発な情報発信によって、テックに強いグローバルメディアとしての日経の存在感を高めることを目指してまいります。

日経渋谷センターが開設されるSOILのオープンスペース(イメージ図)日経渋谷センターが開設されるSOILのオープンスペース(イメージ図)

<概要>
開設日: 2019年7月1日(当初2週間程度は仮オープンとなります)
営業時間: 平日10時~19時(イベント開催時など延長あり)
場所: Shibuya Open Innovation Lab(SOIL)内
東京都渋谷区渋谷1-13-9渋谷たくぎんビル7階 渋谷駅徒歩1分
備考: SOILはスタートアップやエンジニア、投資家、メディア、官公庁、事業会社等様々な関係者が交流し、情報を収集・発信していくイノベーションエコシステム拠点の形成を目的としており、日経もそのビジョンに沿った活動を展開していきます。

 
<日経主催イベントの主な予定>

7月23日(火)「日経×SHIBUYAイノベーションミートアップ第1回 SHIBUYAから世界へ」

協力:ストライク、東京急行電鉄

登壇者:小泉文明メルカリ社長、松本恭攝ラクスル社長ら
詳細・申し込みは https://eventregist.com/e/nim190723

7月24日(水)「ex-Googler起業家大集合」
7月30日(火)「Otemachi.swift #04@渋谷」


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約235万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」の有料会員数に日経産業新聞や日経MJ、日経ヴェリタスの紙面ビューアー契約数、人事ウオッチ契約数を加えた「デジタル購読数」は72万で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万を上回っています。


本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社 広報室 TEL: (03)3270-0251 (代表)  E-mail: pr@nex.nikkei.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 日本経済新聞社 >
  3. 東京・渋谷に取材拠点を開設 スタートアップ、テックの情報発信イベントも