英国フェア2016

現地で見つけた、知る人ぞ知る英国の魅力が会場に大集合

年間約50回行う阪急うめだ本店の催しで、一番の人気を誇る英国フェア。今回は、「ハート・オブ・イングランド」「ウェールズ」「北アイルランド」の3エリアを特集します。ティールームやフィッシュ&チップスなど、現地でバイヤーが見つけたフードや工芸品が総勢約120店登場します。また、現地から42名の招聘者が来日し、会場では現地の街並みを再現するなど、英国にいるような気分になります。
※英国フェアで扱う商品は、一部英国以外の国で生産されたものもございます。
■祝祭広場では、英国人の心の故郷“ハート・オブ・イングランド”の街並みを再現。実演やイベントも満載です!
英国中央部(ハート・オブ・イングランド)は、自然豊かな地域が多く、英国人の保養地として人気が高いエリア。
そんな地域の風情を味わっていただけるよう、サンドストーンを積み上げて造る家が特徴的な“ベイクウェル”という街の一角を再現します。会場では、ウェールズから来日したハーピニストによるハープ演奏や日本人ダンサーによるアイリッシュダンスなどのイベントを開催します。
 


※ベイクウェルの街並み(写真はイメージ)

■日本初登場のおいしいもの
「Bloomers(ブルーマーズ)」
 ベイクウェル・プディング 761円(1個、12cm) ※サイズは目安です
 ◎9階催場
ハート・オブ・イングランドにある村“ベイクウェル”で生まれた、知る人ぞ知る英国伝統菓子。パイ生地にジャムを落とし、卵やアーモンドパウダーなどを加えたフィリングを流し込んで焼き上げたお菓子。温めるとジャムがとけてさらにおいしい。


 

 

「The Pembrokeshire Beach Food Company」(ザ・ペンブロクシャービーチフード)
 ロブスターロール 1,680円(1個)
 ◎9階催場
世界でも珍しいとされる“海苔を食べる食文化”は、ウェールズにも。ロブスターに岩海苔とバターを合わせたソースを絡めて、日本人にも親しみやすい味。



【イベントタイトル】 英国フェア2016
【会期】 2016年10月12日(水)~18日(火)
【会場】 阪急うめだ本店 9階催場・祝祭広場

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社阪急阪神百貨店 >
  3. 英国フェア2016