福島県とハンドメイドマーケットプレイス「Creema」がコラボレーション。コロナ禍の現状打破に向け、伝統工芸品・地場産品のデジタルシフトを推進

2021年3月5日(金)より特設サイト「ふくしま ものづくり紀行」公開

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営する株式会社クリーマ(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸林耕太郎、以下クリーマ)は、福島県とコラボレーションし、同県の伝統工芸品・地場産品の魅力をオンライン上で伝えて販売する「ふくしま ものづくり紀行」を実施いたします。これに伴い、本日3月5日(金)より、特設サイトを公開しました。
URL: https://www.creema.jp/event/fukushima

 

 
  • コロナで影響を受ける伝統産業のデジタルシフト化を共同推進、クリーマによるコンサルティングも実施

福島県は、会津地方の漆器や白河地方のだるまをはじめとする40品目もの県指定伝統的工芸品や、数多くの地場産品が生み出されるなど、ものづくりに所縁の深い地域として知られています。数百年という時を超えて受け継がれてきた伝統の技に、最新の知識を積極的に取り入れるため、これまでも福島県の伝統工芸・地場産業に携わる人材を対象とした育成講座「ふくしまクリエイティブクラフトアカデミー※」でクリーマがセミナー講師を務めるなど、ものづくりを通した連携を進めてまいりました。

近年のライフスタイルや価値観の変化に加え、新型コロナウイルス感染拡大による店頭での販売減少により、伝統産業は甚大な影響を受けています。このような状況と消費者の急速なオンラインシフトを背景に、福島県の伝統工芸品・地場産品のデジタルシフト化を推進するため、「Creema」とコラボレーションし、オンライン上で魅力を伝え販売する、「ふくしま ものづくり紀行」を実施することになりました。対象事業者には、オンライン上で販売につなげるためのコンサルティングも行います。

当社がこれまで培ってきた Creema のプラットフォーム基盤や発信力と、伝統産業のデジタルシフト化を推進するノウハウを活かし、今後も日本各地の素晴らしい伝統技法やものづくり文化をより多くの人に届け、その魅力を伝えてまいります。
 
  • 福島県 商工労働部 観光交流局 県産品振興戦略課 課長 加藤泰広様のコメント
福島県内の伝統工芸品・地場産業は、近年、ライフスタイルや価値観の変化による需要減少に加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を起因とした売上の減少・販路の喪失等に悩まされています。

こうした課題を解決し、コロナ禍における新たな販路を開拓するため、この度、ECサイトで県内事業者の商品を販売することとなりました。多数あるサイトの中でも、旬の情報に敏感で、購買意欲の高い女性ユーザーから支持を受けている「Creema」さんをセレクトし、県内事業者の商品を販売いたします。

商品の中には、伝統工芸や地場産業等、ものづくりに携わる職人等を対象とした人材育成講座「ふくしまクリエイティブクラフトアカデミー」の講義の一環として開発した新商品も販売いたします。初めての販売となりますので、ぜひ御期待ください。

今回の販売を通して、当県のものづくりに興味を持っていただくとともに、何よりも作り手の想いや熱意を感じとっていただければ幸いです。

※ふくしまクリエイティブアカデミー…県内の伝統工芸・地場産業に携わる人材を対象とした人材育成講座。デザイン・マーケティング・ブランディング等に係る知識を習得し県内各産地の連携を図ることを目的に開催。
 
  • Creema「ふくしま ものづくり紀行」・出展作品(一部抜粋)
特集ページ:https://www.creema.jp/event/fukushima
 


亜鉛結晶釉「カップ&ソーサー(雪の華)」
陶芸家:tsuku
https://www.creema.jp/creator/4453802/item/onsale

美しいフォルムの曲線的なカップと輪花形のソーサーです。「雪の華」のような輝きがくつろぎのひとときを華やかに彩ります。


 


国産会津檜「自分好みに色々使える6っ升」
クリエイター:会津塗漆蔵
https://www.creema.jp/c/aizunuri/item/onsale

お家時間にいろいろ使える「六段重ね升」会津檜の木目の温かみを感じていただけるように、透明な会津塗で仕上げた作品です。


 


あさか野焼「陶器と漆器のcombination ビアタンブラー」
食器創り職人:あさか野焼
https://www.creema.jp/c/asakano/item/onsale

持ち手部分を「会津塗り」で仕上げた二重構造。デザイン性はもちろん、冷たいビールや、温かいコーヒーをそのまま楽しめる保温機能。


 


麻の葉柄のペンケース 江戸創業の畳クリエーター手作り「麻の葉柄のペンケース」 
畳クリエーター:創業江戸元文年間 久保木畳店
https://www.creema.jp/c/tatami-jp/item/onsale

色あざやかな文様の畳縁を用いたペンケース。縁起の良い伝統文様はお祝いやプレゼントにもおすすめです。

 


革と漆の文庫本カバー「夕霞~ゆうがすみ~」
文化財修復師:篤工房
https://www.creema.jp/c/toku-kobo/item/onsale

文化財修復で培った「漆塗」「箔押し」二つの技法を活かした仕上げ。ひとつひとつ真心込めて制作。オーダーも可能です。


 


出ヶ原和紙「会津おうちランタン」
出ヶ原和紙 現代アーティスト:滝澤徹也
https://www.creema.jp/c/aizuwashi/item/onsale

会津の山からの素材のみで制作。手仕事と素材が醸し出す、澄んでやわらかなあかりが、ほっこりした時間をお届けします。
 
  • ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」とは
Creemaは、創作活動に取り組む全国のクリエイターと、生活者が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できる C to C マーケットプレイスです。「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」ことを目指して、2010年にサービスを開始しました。現在、プロおよびセミプロが中心の約21万人のクリエイターによる、1,100万点以上のオリジナル作品が出品され、その取扱高や売上は、国内最大の事業規模となります。また、オンライン上だけでなく、東京ビッグサイトでの大規模イベント「ハンドメイドインジャパンフェス < https://hmj-fes.jp/ >」の開催や、常設のエディトリアルショップ展開など、Creemaに出店するクリエイターの作品を生活者がリアルの場で購入できる取組みも推進し、日本のクラフト文化の醸成に力を注いでいます。
https://www.creema.jp/
  • 会社概要
商号:株式会社クリーマ
住所:東京都港区北青山2-12-5 KRT青山ビル2F
代表:代表取締役社長 丸林 耕太郎
資本金  9億8858万4440円(資本準備金を含む)
従業員  103名 (役員、社員、アルバイト含む:2021年2月1日時点)
事業     クリエイターエンパワーメント事業
・ハンドメイドマーケットプレイス:Creemaの企画、開発、運営
・クラフトイベント:ハンドメイドインジャパンフェス(東京ビッグサイト)、クリーマクラフトパーティ(インテックス大阪)等の運営
・エディトリアルショップ:Creema Store等の運営(新宿ルミネ2、札幌ステラプレイス)
・クラウドファンディング:Creema SPRINGSの運営
・アライアンス:地方創生、PR支援サービス等
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クリーマ >
  3. 福島県とハンドメイドマーケットプレイス「Creema」がコラボレーション。コロナ禍の現状打破に向け、伝統工芸品・地場産品のデジタルシフトを推進