中川政七商店による「さが土産品開発コンサルティング」第2期生が合同展示会「大日本市」に初出展!

2月13日(水曜日)から15日(金曜日)まで東京・東品川のB&C Hallに期間限定出展!

佐賀県では、2016年度より、土産品の開発・販路開拓などを目指す県内の製造事業者等を対象に、株式会社中川政七商店による「さが土産品開発コンサルティング」を実施しています。その第2期生であり、2017年度から支援している3事業者が、2019年2月13日(水曜日)から15日(金曜日)にかけて東京都内で開催される合同展示会「大日本市(だいにっぽんいち)」に初出展されます。3事業者とも、コンサルティングを通じて立ち上げた新ブランド・新商品を披露されます。

1.出展3事業者

(1)川原食品株式会社(佐賀市川副町)
 


創業100周年を迎えた粕漬・柚子こしょうメーカー。既存ブランドを統合・リブランディングし誕生した新ブランド「MIFUKUAN」(みふくあん)から、新商品「柚子クリームチーズ粕漬」とノンアルコール飲料「Yuzu Awa」(ゆずあわ)を披露する。
 

 

 


問い合わせ先:代表取締役 川原 啓秀(かわはら ひろひで)TEL:0952-45-1234
川原食品ウェブサイト(三福庵): http://www.mifukuan.co.jp


(2)株式会社蔵出しめんたい本舗(鳥栖市藤木町)
 


創業34年の明太子メーカー。コンサルティングにて既存ブランドを強化、また高級路線・自家需要・洋食の3つのラインに差別化。お歳暮向けの新商品「数太子」は限定300個が完売した。今回、洋食ラインの新商品「めんたいアヒージョ」を大日本市で初披露する。
 


問い合わせ先:取締役 古川 千夏(ふるかわ ちか)TEL:0942-82-3230
蔵出しめんたい本舗オンラインストア: http://www.kuradashi-mentai.com/


(3)有限会社篠原渓山(西松浦郡有田町)
 


創業60年の有田焼窯元「渓山窯」(けいざんがま)。今回、大日本市で初披露する新ブランド「mg&gk」(もぐとごく)では、柔らかな印象を活かした呉須(伝統的な有田焼の顔料)で薄く描く絵付けを追究した。
 


問い合わせ先:代表取締役 篠原 祐美子(しのはら ゆみこ)TEL:0955-42-2947
mg&gk(もぐとごく)ウェブサイト: https://mggk.jp/



2.大日本市(だいにっぽんいち)

主催:株式会社中川政七商店
会期:2019年2月13日(水曜日)から15日(金曜日)
※バイヤー向け展示会のため、一般のお客様はご入場いただけません。
※プレス内覧会:2月13日の16時30分から19時00分まで
会場:B&C Hall(東京都品川区東品川2-1-3)
問い合わせ先:株式会社中川政七商店
広報担当 佐藤 菜摘(さとう なつみ)
TEL:080-3464-4622 E-mail:kouhou@yu-nakagawa.co.jp

 
  • 【参考1】大日本市(だいにっぽんいち)
株式会社中川政七商店が主催する大日本市は、日本のものづくり企業の流通促進を目的にスタートしたバイヤー向けの合同展示会。今回で3回目、45ブランドが参加予定。

 
  • 【参考2】さが土産品開発コンサルティング

県内の製造事業者等に対し、企業の経営診断・改善、ブランド構築、商品開発から流通・販売、情報発信までの一貫したコンサルティング支援を行う事業。 

・第1期として、2016年10月から約1年間、県内製造事業者3社に対してコンサルティング支援を実施。

 

第1期支援対象企業名 事業内容
合資会社鶴屋菓子舗 南蛮菓子製造販売
鍋島 虎仙窯 伊万里鍋島焼の製造販売
名尾手すき和紙株式会社 手すき和紙製造販売

 


・第2期として、2017年11月から約1年間、県内製造事業者3社に対してコンサルティング支援を実施。

 

第2期支援対象企業名 事業内容
有限会社篠原渓山 有田焼製造販売
川原食品株式会社 粕漬け・柚子こしょう製造販売
株式会社蔵出しめんたい本舗 辛子明太子製造販売

 


・第3期として、2018年10月から約1年間、県内製造事業者3社に対してコンサルティング支援を実施中。

 

第3期支援対象企業名 事業内容
有限会社平川食品工業 豆腐の製造・販売・卸
丸秀醤油株式会社 醤油・味噌・その他調味料の製造販売
有限会社忠兼総本社 化粧品の製造・販売

 

 
  • 【参考3】株式会社中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)

享保元年(1716年)創業。以来、手績み手織りの麻織物を扱い、近年は工芸をベースにしたSPA(製造小売)業態を確立し、全国に直営店を展開している。本社は奈良県奈良市。

〔株式会社中川政七商店 代表取締役会長 中川政七氏プロフィール〕
 


1974年生まれ。京都大学法学部卒業後、2000年富士通株式会社入社。2002年株式会社中川政七商店に入社し、2008年に十三代社長、2018年に会長に就任。日本初の工芸をベースにした「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと業界特化型の経営コンサルティング事業を開始。初クライアントである長崎県波佐見町の陶磁器メーカー有限会社マルヒロでは新ブランド「HASAMI」を立ち上げ空前の大ヒットとなる。2015年独自性のある戦略により高い収益性を維持している企業を表彰する「ポーター賞」を受賞。「カンブリア宮殿」などテレビ出演のほか、経営者・デザイナー向けセミナーや講演歴も多数。著書『小さな会社の生きる道。』(CCCメディアハウス)、『経営とデザインの幸せな関係』(日経BP社)、『日本の工芸を元気にする!』(東洋経済新報社)他多数。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐賀県 >
  3. 中川政七商店による「さが土産品開発コンサルティング」第2期生が合同展示会「大日本市」に初出展!