プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ZenGroup株式会社
会社概要

購入代行サービスを行うZENMARKETがベトナム語対応開始

ZenGroup株式会社

ゼンマーケット株式会社(事業代表:スロヴェイ・ヴィヤチェスラヴ、オレクサンドル・コーピル、ナウモヴ・アンドリイ、ソン・マルガリータ 本社所在地:大阪市西区立売堀)は購入代行サービスZenmarket・越境ECモールZenplus・世界中のお客様へ日本製品をお届けするサービスZenpopを行っている。


べトナムでは現在人口が増加している。
推計によると、2029年には人口が1億人を突破する可能性もある。またベトナムの人口増加は、2060年まで続くとされている。
そのことも一因して、GDPが着実に成長している。
インターネットやECに対するペネトレーションが伸びていることもあり、ゼンマーケット株式会社は本格的にベトナム語対応を開始するに至った。

ベトナムのEC事情

ベトナムのEC市場はインドネシアに次ぐスピードで成長している。
2018年の時点で約3080億円の市場規模があり、2025年までには1兆6500億円に到達する見込み。
見込み通りに成長した場合、43%の成長率となる。
2018年の日本EC市場は成長率9.1%。中国では成長率17.5%となっている。
これらのデータと照らし合わせると、驚異的な伸び率だ。
現在、アリババ・京東・テンセントなどの中国大手EC企業が、
ベトナム大手ECサイトであるLazadaa(ラザダ)・Tiki(ティキ)・Shopee(ショッピー)へ出資を開始している。
またAmazonもベトナム電子商取引協会(略称:VECOM)と2018年3月より提携をスタートした。
ベトナム電子商取引協会はベトナムのEC関連会社140社により運営されている。


購入代行とは
 


海外のエンドユーザーから入った注文を、代理購入して、海外へ発送するサービス。
代理購入といえば中国からのアクセスが多いイメージだが、ゼンマーケット株式会社では主にロシアやアメリカのエンドユーザーからの利用が多いのが特徴だ。

またゼンマーケット株式会社はバナーサービスを行っている。
以下、URL内にあるバナーは無料で利用可能。海外への販路を増やしたいwebショップが利用しているサービスだ。

https://zenmarket.jp/ja/partnership.aspx

ゼンマーケット株式会社とは
ウクライナ人とロシア人経営者4名が運営する購入代行や越境ECなどのサービスを提供する大阪の会社。
「日本の魅力を世界へ」
この目標を掲げて、様々なサービスを行っている。
2018年には「注目の西日本ベンチャー100」にも選ばれている。

ゼンマーケット株式会社
ゼンプラス部 広報担当
06-4560-4003

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
EC・通販
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ZenGroup株式会社

15フォロワー

RSS
URL
https://zen.group
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
大阪府大阪市中央区瓦町1丁目7-7大阪堺筋Lタワー
電話番号
06-4560-4070
代表者名
ナウモヴ・アンドリイ
上場
未上場
資本金
8000万円
設立
2014年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード