ストライプデパートメント、百貨店向け新サービス『DaaS』リリース約1000ブランドの品揃えをベースに百貨店のオムニチャネル化促進~大和、トキハと業務提携。9/12(木)よりサービス開始~

大人のためのECデパートメント「STRIPE DEPARTMENT(ストライプデパートメント)」(https://stripe-department.com)を運営する、株式会社ストライプデパートメント(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川康晴)は、9月12日(木)、百貨店向け新サービス 『DaaS (Department EC as a Service)』 をリリースいたします。
『DaaS(ダース)』 は、ストライプデパートメントが百貨店にECプラットフォームを提供し、百貨店ECサイトの運営をストライプデパートメントが代行するサービスです。百貨店は、イニシャルコスト、ランニングコストともに0円で、約1000ブランドの品揃えのECを顧客へご提供いただくことが可能になります。

ストライプデパートメントは、金沢・富山で展開する株式会社大和、大分・別府で展開する株式会社トキハと業務提携を開始し、9月12日(木)よりサービスをスタートいたします。提携先百貨店においては、お客様が店舗、百貨店名を冠したECともにご利用可能になることで、お客様の利便性が高まり、オムニチャネル化を進められることになります。

当社は、今後、さらに業務提携先百貨店へご提案させていただく予定です。全国の百貨店とともに、お客様へより快適で生活を豊かにするショッピング体験を提供してまいります。

 


■DaaSビジネススキーム
『DaaS』 は、ストライプデパートメントが百貨店にECプラットフォームを提供し、百貨店ECサイトの運営をストライプデパートメントが代行するサービスです。百貨店は、イニシャルコスト、ランニングコストともに0円で、ストライプデパートメントが擁する約1000ブランドの品揃えの独自のECを顧客へご提供いただくことが可能になり、オムニチャネル化を進められることになります。また、会員獲得や百貨店会員の購入金額に応じて、ストライプデパートメントから百貨店へ手数料をお支払いするため、収益向上も見込めます。

地方百貨店のお客様は、百貨店のECでお買い物ができ、さらに、これまで店舗に入っていなかったブランドのアイテムも購入可能となります。また、ブランド様にとっては、これまで接点を作ることが難しかった各地域のお客様と新たに接点を作ることが出来るようになります。


DaaS提携によるメリット
<お客様>
・お気に入りの百貨店の名前を冠したECサイトで安心してお買い物を楽しめる
・近くの百貨店に足を運ぶことなく、お買い物ができる
・近くの百貨店の品揃えを含め、約1000ブランドの商品から選べる

 <百貨店>
・オムニチャネル化を初期投資0円で始められる
・百貨店をいつもご利用のお客様にECサイト利用をおすすめすることで、手数料が入る

 <ストライプデパートメントに出店している企業・ブランド>
・地方百貨店に自らの店舗を出店することなく、各地域にお住まいのお客様との接点が得られる

 <ストライプデパートメント>
・百貨店のお客様を獲得することで会員増を見込める。
・各百貨店内でリアルストアをオープンすることで、リアルの販売を重視している企業様の出店が期待できる


■提携先百貨店の今後の展開
<株式会社大和>
9月12日(木) 10時ECサイトオープン
9月20日(金) 店内でストライプデパートメントのセレクトブランドのポップアップストアを期間限定で開催

<株式会社トキハ>
9月12日(木) 10時ECサイトオープン
店内でストライプデパートメントのセレクトブランドのポップアップストアを期間限定で開催 

■提携先百貨店コメント (敬称略)
株式会社大和 常務取締役営業本部長 岡本 志郎
北陸新幹線開業以来、日本全国はもとより海外からも注目を集める、伝統文化が息づく街「金沢」。その中心地で店舗を構えるのが、私ども香林坊大和であります。北陸一円のお客様や遠来のお客様に幅広くご利用いただけるよう、 売場改装や新規決済システムの導入、 更なるサービスの向上に取組んでいるところでございます。今回、ストライプデパートメント様からDaaSのお話をいただき、お客様満足を追求し続けるという当店の姿勢に合致することから、取組みを開始させていただくこととなりました。新しい取組みではございますが、お客様に楽しくご利用いただくようしっかりとお呼びかけを行い、成果につなげてまいりたいと存じます。

 株式会社トキハ 常務取締役営業企画担当MD統括部長 植山 浩文
トキハ別府店は、湯けむり立ち上る温泉街としての懐かしい別府と、国際色豊かな人々が集う新しい別府を融合させた『ゆのまち百貨店』として生まれ変わりました。大分が誇る食や工芸品が揃うおみやげコーナー、地元グルメが堪能できるフードホール、そこから続く檜の香り漂う『足湯』、『大衆演劇』も楽しめる体験型百貨店です。そして今回の提携のお話しにより、地域のお客様に向け、地方には不足しているファッション提案サービスを加えることができました。今後もお客様に喜んでいただけるサービスの更なる充実に努めて参りたいと存じます。

 ■ストライプデパートメント参画アパレル企業コメント (敬称略)
株式会社三陽商会 代表取締役社長 岩田 功
ストライプデパートメントというプラットフォームを通じて、百貨店のお客様が店舗にはないブランドや商品をご購入頂けるという"顧客様の利便性"に貢献できるとともに、当社にとっても、より多くの"顧客接点"を持つことで当社のブランドや商品をご愛用して頂く機会が増えるものと期待しております。

ベアエッセンシャル株式会社 代表取締役 大場 尊文
百貨店様でのEC事業をサポート、さらにその内容がそれぞれの百貨店様の特色を活かしながら、ストライプデパートメントの魅力ある商品も購入できるというのはまさに目から鱗のスキームだと思います。本件は、地方経済活性化の一翼を担われる取り組みであり、我々としても微力ながら貢献させていただければ幸いです。


■9/12(木)開催の記者発表の様子

株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長
株式会社ストライプデパートメント 代表取締役社長
石川康晴

株式会社トキハ 常務取締役営業企画担当MD統括部長
植山浩文(敬称略)

株式会社ストライプデパートメント 専務取締役
佐藤満

株式会社ストライプデパートメント 常務取締役
近内哲也

■ストライプデパートメント 会社概要
会社名 : 株式会社ストライプデパートメント
代表者 : 代表取締役社長 石川康晴
所在地 : 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-2-2 ヒューリック京橋イーストビル 5階
URL   :  https://corp.stripe-department.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストライプインターナショナル >
  3. ストライプデパートメント、百貨店向け新サービス『DaaS』リリース約1000ブランドの品揃えをベースに百貨店のオムニチャネル化促進~大和、トキハと業務提携。9/12(木)よりサービス開始~