安心してご来場いただける展示場の衛生ポリシーを設定「クリーンモデルハウス」でお客様に安心・安全な環境を提供

​ 木造注文住宅を扱う株式会社アキュラホームグループ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉)は、新型コロナウィルスの感染者増加の影響により様々なイベントが中止されるなど、自粛の動きが広がるなか、全国の展示場を含む拠点で、お客様が安心してご来場いただける行動指針「クリーンモデルハウス衛生ポリシー」を掲げ、事業活動を行っています。
 現在、日本中で感染症対策による自粛の動きが広がっています。アキュラホームグループでも、多くのお客様が集まる大型のイベントは差し控えておりますが、一方で、この時期に住まいづくりを真剣に検討いただいているお客様が安心してご来場いただけるよう、展示場、支店、分譲住宅の販売現場等で以下の施策を実施・徹底しています。

【クリーンモデルハウス衛生ポリシー】
・モデルハウス内の換気・消毒の徹底
・打ち合わせ時の社員のマスク着用義務付け、手指の消毒の徹底
・打ち合わせスペース等の除菌徹底
・ご商談のお客様へのマスク、除菌ウェットティッシュ提供 等

 アキュラホームグループでは「永代家守り」に始まり、地球環境を守るため「カンナ削りの木のストロー」の普及活動を行っております。一方、近年顕著になっている大型災害への備えとして、停電時でも自家発電によって電力を供給できる「ミライの家」の発売や、日本初となる公開暴風実験を行うなど、災害対策も検討された、安心して住み続けられる住まいの開発にも力を入れています。

 今回は、住まいを検討されているお客様に対しても安心をお届けするため、対面時・ご商談時の衛生ポリシーを作成いたしました。全社をあげ、「クリーンモデルハウス」を徹底してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アキュラホーム >
  3. 安心してご来場いただける展示場の衛生ポリシーを設定「クリーンモデルハウス」でお客様に安心・安全な環境を提供