第1位は『パディントン2』Filmarks映画初日満足度ランキング(1月第3週)

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」発表

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2018年1月第3週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表いたしました。

【Filmarks映画初日満足度ランキング(1月第3週)】
順位 作品タイトル ★スコア レビュー数
1位 『パディントン2』(キノフィルムズ) ★4.26 603
2位 『ライオンは今夜死ぬ』(ビターズ・エンド) ★3.84 30
3位 『ジオストーム』(ワーナー・ブラザース映画) ★3.62 778
4位 『ルイの9番目の人生』(松竹) ★3.61 137
5位 『嘘を愛する女』(東宝) ★3.31 578
6位 『ガーディアンズ』(ギャガ・プラス) ★3.01 56

1月第3週の初日満足度No.1映画は、世界40カ国以上で翻訳され、3,500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」を実写化した人気作の続編『パディントン2』。

(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

本ランキングは、2018年1月第3週に公開された映画を対象に、2018年1月22日時点のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に「Filmarks映画初日満足度ランキング」として算出したものです。

※本ランキングは公開日から1月22日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。
※本ランキングは公開日から1月22日までのレビュー数(Mark!数)が30件以上の作品を対象としています。
※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。
※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。

【Filmarks(フィルマークス)とは】

映画レビュー数4,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。

【サービス概要】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社つみき >
  3. 第1位は『パディントン2』Filmarks映画初日満足度ランキング(1月第3週)