ウエスタンデジタル、企業向けに 業界最先端のNVMe PCIe SSDパフォーマンスを提供

アプリケーション高速化技術と高い信頼性のNANDメモリーを搭載した新しいHGST Ultrastar® SN200シリーズ を8月より日本で出荷開始

データストレージ技術とソリューションを提供するグローバルリーダーであるウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下ウエスタンデジタル)は本日、NVM Express(NVMe)に準拠したPCI Express接続型ソリッドステートドライブ(SSD)の「HGST Ultrastar® SN200」シリーズ、および12ギガビット(Gb)/秒SAS接続型SSDの「HGST Ultrastar SS200」を8月より日本で出荷開始することを発表しました。Ultrastar SN200シリーズは、アプリケーション高速化技術と四日市工場で生産される高い信頼性のNANDフラッシュメモリーとの組み合わせにより、前の世代の製品と比較して2倍以上となる最大120万 IOPSのランダム読み取り性能を実現するとともに、800ギガバイト(GB)から最大7.68テラバイト(TB)の幅広い容量を揃えることでユーザー要件に柔軟に対応します。※1

これらの新製品は、急激に増加するデータ需要とエンタープライズクラスの厳しい要望に対応し、データセンター、クラウドサービスプロバイダーおよびエンドユーザー企業の総所有コスト(TCO)の抑制を可能にします。Ultrastar SN200シリーズは、仮想化基盤、データベース、およびプライベートおよびハイブリッドクラウド環境などのデータ集約型アプリケーションやワークロードの高速化に最適な製品です。最大120万 IOPSのランダム読み取り性能と最大58万 IOPSの読み書き混合(70%/30%)性能は、ビジネスクリティカルな高負荷のOLTPアプリケーションやデータウェアハウスの要件を満たすとともに、旧世代の製品の2倍の密度となる最大7.68TBの容量は、ドライブ数の低減やサーバー統合により、データセンターの貴重なラックスペースの有効活用や省電力化の推進を支援します。

高性能NVMe SSDであるHGST Ultrastar SN200シリーズは、PCIe Gen 3 およびNVMe 1.2 に対応し、PCIeアドインカード(AIC)のHGST Ultrastar SN260と2.5インチスモールフォームファクター(SFF)のHGST Ultrastar SN200の2つの製品で構成されます。また、SAS SSDのHGST Ultrastar SS200は、2.5インチSFFで提供されます。

本製品は、革新的なヘリウム充填技術採用のエンタープライズハードディスクドライブやNVMe、SAS、およびSATA SSDソリューションなどを含む、ウエスタンデジタルのHGSTブランドおよびサンディスクブランドの幅広いエンタープライズグレードのストレージソリューションに加わります。

HGST Ultrastar SN200シリーズおよびHGST Ultrastar SS200に関する詳細は、https://www.hgst.com/ja/products/solid-state-solutionsをご覧ください。

また、2017月8月23日および9月13日にキヤノンマーケティングジャパン株式会社と共催する「WesternDigitalフラッシュストレージセミナー」にて、今回の新製品を詳しく紹介します。セミナーの詳細および申し込みは、セミナー紹介サイト(https://forum1.canon.jp/public/seminar/view/842)をご覧ください。

●提供時期

HGST Ultrastar SN200シリーズおよびHGST Ultrastar SS200は、2017年8月よりHGSTブランド法人向け製品の販売代理店を通じて提供されます。

●HGST Ultrastar SN200シリーズの主な特長

-   アプリケーション高速化のためのPCIe SSD

-   高性能なPCIe Gen 3 およびNVMe 1.2 に対応

-   2.5 インチSFF ドライブおよびHH-HL AICのフォームファクター

-   800GBから7.68TB までの容量モデル

-   一貫して非常に短いレイテンシー

-   2.5 インチ ドライブでのデュアル ポート(2x2)サポート

-   優れたエンタープライズ クラスの信頼性

 

●HGST Ultrastar SS200の主な特長

-  エンタープライズクラスの12Gb/秒SAS SSD(6Gb/秒SAS との下位互換性あり)

-  2.5 インチSFF のフォームファクター

-  400GB から 7.68TBまでの容量モデル

-  最大読み出しスループット1,800MB/ 秒

-  ランダム読み出しで最大250,000 4KiB IOPS

-  シーケンシャル書き込みで最大1,000MB/ 秒

-  Instant Secure Erase(ISE)および自己暗号化ディスク(SED)オプション

 ■ウエスタンデジタルについて

ウエスタンデジタル(NASDAQ:WDC)は、データを作成、活用、体験、保存するためのストレージ技術やソリューションを提供する業界リーダーであり、お客様志向のイノベーションを取り入れた、高効率で柔軟性が高く、高速、高品質で魅力的なストレージソリューションを幅広く提供することによって、変化を続ける市場ニーズに対応しています。ウエスタンデジタルの製品は、HGST、サンディスク、およびWDのブランドでOEMや代理店、リセラー、クラウドインフラストラクチャ・プロバイダーに提供され、一般消費者向けにも販売されています。財務情報や投資家向け情報は、当社Investor Relationsサイト(investor.wdc.com)をご覧ください。

※1 社内テストの結果または予測に基づく数値です。採用するシステム、構成、広い範囲のシステム アーキテクチャに応じて、結果や性能は異なる可能性があります。

※2 ストレージ容量において、1MB は100 万バイト、1GB は10 億バイト、1TB は1,000GB(1 兆バイト)を表します。アクセス可能な容量は、ハード ドライブのフォーマットやパーティション、オペレーティング システム、その他の要因により、記載されている容量とは異なります。

 © 2017 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.

Western Digital、SanDisk、Ultrastarは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。NVMeおよびNVM ExpressはNVM Express, Inc.の商標または登録商標です。PCIeおよびPCI ExpressはPCI-SIGの登録商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている可能性があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウエスタンデジタル >
  3. ウエスタンデジタル、企業向けに 業界最先端のNVMe PCIe SSDパフォーマンスを提供