新型「タント」、月販目標台数の約3倍となる約37,000台を受注

~子育てファミリーからシニアを中心に幅広い年齢層のお客様からご好評~

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)が2019年7月9日(火)に発売した新型「タント」の累計受注台数が、発売後約1ヶ月時点で、月販目標台数(12,500台)の約3倍となる約37,000台となり、好調な立ち上がりとなった。

新型「タント」は 、「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代のお客様のニーズにお応えする、ダイハツらしい良品廉価な商品である。「タント」ならではの室内空間の広さに加え、「ミラクルオープンドア」を生かした新しい使い方「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現し、使い勝手の良さをさらに向上。また「次世代スマートアシスト」として、充実した先進・安全装備を採用するなど、全方位で大幅に機能と性能を進化させた。

ダイハツは今後も、スマートアシストの普及を促進するとともに、お客様一人ひとりを照らし、軽やかなモビリティライフを提供するという「Light you up」の考え方に基づき、多様なニーズにお応えできるスモールカーづくりを推進する。

タント X(2WD)タント X(2WD)

新型「タント」受注内容

1.受注台数
約37,000台 【ご参考】月販目標台数:12,500台

・購入層は子育てファミリーから子離れ・シニアを中心に、幅広い年齢層にわたる
・ほぼすべてのお客様がスマートアシスト搭載グレードを選択
・新装備の駐車支援システム「スマートパノラマパーキングパック」「スマートクルーズパック」も想定以上のお客様が選択

2.主な好評点
・ミラクルウォークスルーパッケージによるタントならではの革新的な「使い勝手の良さ」
・次世代スマートアシストによる進化した「先進・技術」
・DNGAによる新開発プラットフォームで実現した「高い基本性能」

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイハツ工業株式会社 >
  3. 新型「タント」、月販目標台数の約3倍となる約37,000台を受注