サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団 EGセキュアソリューションズ セキュリティ第一人者監修「ウェブ・セキュリティ基礎試験」7月より開始

~2021年4月には実務試験も実施、不足するセキュリティ人材の育成に貢献~

 イー・ガーディアン株式会社(https://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)のグループ会社であるEGセキュアソリューションズ株式会社(https://www.eg-secure.co.jp/ 東京都港区 代表取締役:徳丸 浩 以下、「EGセキュアソリューションズ」)は、代表取締役 徳丸 浩が監修した「ウェブ・セキュリティ基礎試験」(通称:徳丸基礎試験)が一般社団法人BOSS-CON JAPAN(https://www.boss-con.jp/ 東京都世田谷区 代表理事:吉政 忠志 以下、「BOSS-CON JAPAN」)により2020年7月15日(水)から開始することをお知らせいたします。また、徳丸基礎試験問題と同様にEGセキュアソリューションズが作成した実務ベースの「ウェブ・セキュリティ実務知識試験」(通称:徳丸実務試験)も2021年4月より開始いたします。

 EGセキュアソリューションズは、ウェブアプリケーションやプラットフォームなどの脆弱性診断、情報セキュリティ・情報システムに関する監査、コンサルティングなど、インターネットセキュリティにおける課題解決を目的としたサービスを幅広く提供しております。

 昨今、ニューノーマルに向けて、ビジネスの主体をオンラインへとシフトする企業が増加する一方で、個人情報の漏洩やシステム障害など、セキュリティの脆弱性を狙ったセキュリティインシデントが多発しており、以前にも増して強固なウェブ・セキュリティ対策が求められています。ウェブ業界全体では、開発者自体は増加している一方、脆弱性を生まないためのウェブ・セキュリティ対策においては、セキュアプログラミングができる層とできない層に分かれる、いわゆる開発における“格差”の広がりが課題と言われております。

 このような状況を受け、ユーザー・開発者を対象に、サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団であるEGセキュアソリューションズ監修のもと、“格差”解消や情報セキュリティ人材の育成、より一層のウェブ・セキュリティに対する意識と知見を高めることを目的とした本試験を、2020年7月15日(水)より開始する運びとなりました。また、2021年4月には、実務におけるセキュリティ運用能力を推しはかる「ウェブ・セキュリティ実務知識試験(通称:徳丸実務試験)」も開始いたします。なお、本試験問題は、引き続きEGセキュアソリューションズが作成し、ベータ試験は2020年12月に実施いたします。

 本試験は主教材として、ウェブアプリケーションの脆弱性やその対策について紹介した「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版」が採用されています。本書はウェブアプリケーションセキュリティの第一人者であるEGセキュアソリューションズ代表の徳丸 浩が執筆したことから、初版の発売以降“徳丸本”と呼ばれ、広くウェブ従事者に支持されております。今回本試験実施にあたり、先着100名様に本書とウェブ・セキュリティ実務知識試験受験チケットを割引セットで販売いたします。

【EGセキュアソリューションズ株式会社 代表取締役  徳丸 浩(とくまる ひろし) コメント】 
 「本試験は、拙著(通称:徳丸本)を出題範囲として、ウェブアプリケーションのセキュリティの基本的な内容が理解できているかを確認するものです。ウェブアプリケーションの開発者やセキュリティ担当者であっても、セキュリティの基礎的な内容が理解できていないことはしばしばあります。本試験はプログラム言語に依存しない内容のため、多くのウェブ従事者に受験いただき、セキュリティの理解度を確認いただきたいと思います。」

 本試験の提供を通して、企業におけるセキュリティ体制の強化や、ウェブ・セキュリティ業界全体のレベルアップを通じ、安全なウェブの世界の実現を目指します。

 今後もイー・ガーディアングループは、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、人々の生活をより 便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

■ウェブ・セキュリティ基礎試験概要
・試験名称:ウェブ・セキュリティ基礎試験
・通称名:徳丸基礎試験
・試験開始:2020年7月15日
・運営団体:一般社団法人BOSS-CON JAPAN PHP技術者認定機構
・受験料金:1万円(外税) ※学生および教職員は50%オフでの受験が可能になります。
・試験センター:全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
・設問数:40問
・合格:70%正解
・主教材:「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版」(SBクリエイティブ)
※徳丸による座学講座も開設しております。詳しくはこちらから(https://www.eg-secure.co.jp/lecture-wasbook/
⇒試験の詳細はこちらから(https://cbt.odyssey-com.co.jp/tokumaru.html

■PHP技術者認定機構について
オライリー・ジャパン、ニフティ、日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズによる特別協賛のもと、2011年2月1日に設立したPHP技術者認定試験を運営する団体です。オライリー・ジャパンが出版した『初めてのPHP5 増補改訂版』と『プログラミングPHP 第3版』を主教材及び出題範囲としています。業界初の匿名論文審査方式を採用した最上位資格審査「ウィザード」を実施しています。

●EGセキュアソリューションズ株式会社 代表取締役 徳丸 浩(とくまる ひろし)

1985年京セラ株式会社に入社後、ソフトウェアの開発、企画に従事。1999年に携帯電話向け認証課金基盤の方式設計を担当したことをきっかけにウェブアプリケーションのセキュリティに興味を持つ。2004年同分野を事業化。2008年独立して、ウェブアプリケーションセキュリティを専門分野とするHASHコンサルティング株式会社(現EGセキュアソリューションズ株式会社)を設立。脆弱性診断やコンサルティング業務のかたわら、ブログや勉強会などを通じてセキュリティの啓蒙活動をおこなっている。

【イー・ガーディアングループ 概要】
 1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンはネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供する総合ネットセキュリティ企業です。センターは、提携先を含めてグループで国内7都市海外2都市17拠点の業界最大級の体制を誇ります。昨今はFintech・IoT業界への参入やRPA開発による働き方改革への寄与など、時代を捉えるサービス開発に従事し、インターネットの安心・安全を守っております。

■EGセキュアソリューションズ 会社概要
代表者      :代表取締役 徳丸 浩
所在地      :東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立         :2008年4月
資本金      :500万円(2020年3月末現在)
業務内容   :1.情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
      2.情報セキュリティに関する調査、研究、執筆、教育
      3.情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
      4.コンピュータシステムの企画、設計、開発、保守、販売
URL         :https://www.eg-secure.co.jp/

■イー・ガーディアン株式会社 会社概要
代表者      :代表取締役社長 高谷 康久
所在地      :東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立         :1998年5月
資本金      :36,428万円(2020年3月末日現在)
業務内容   :ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/
                 オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/
                 コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL         :https://www.e-guardian.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イー・ガーディアン株式会社 >
  3. サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団 EGセキュアソリューションズ セキュリティ第一人者監修「ウェブ・セキュリティ基礎試験」7月より開始