「快適な睡眠に本当に必要なものって?」快適睡眠づくりフェアで考える

オーダーメイド枕と寝具の専門店「まくらぼ」を運営する株式会社大和屋ふとん(東京都町田市 代表取締役社長 齊藤淨一 以下、まくらぼ)は、2019年5月31日(金)〜6月2日(日)にパシフィコ横浜にて開催された『快適睡眠づくりフェア』にスポンサー兼、ブース出展として参加した。
日本で初めての「睡眠」に特化したフェア
快適睡眠づくりフェアは、快適な睡眠を得るための寝装寝具から、スリープテック、空間づくり、食事、身体的観点を含め、快眠をサポートする各種アイテムやヒントを集めた日本で初めての睡眠に特化したイベント。(主催:株式会社グリーンリビング)
 


注目されるスリープテック。睡眠可視化アプリをご案内
様々な睡眠に関するブースが立ち並ぶ中、まくらぼのブースも枕の高さ測定体験や、オーダーメイド枕をはじめとした寝具を見に来た多くの来場客で賑わった。

 


中でも注目されたのは、まくらぼが開発した睡眠計測アプリ『ドクタースリーピング』。目覚ましとして使用することで、自身のいびきの録音や睡眠の質を可視化し、スコアを出すことができる。睡眠を可視化することで環境改善の「気づき」や「きっかけ」として活用できるとして、多くの来場者がダウンロードしていた。寝具の販売だけに留まらず、まさに快適な睡眠への意識を高めることの重要性を広めた3日間となった。
 


◆本リリースに関する報道お問い合わせ先
株式会社大和屋ふとん 広報部 担当:大砂
Tel:042-732-6667
まくらぼ公式HP:https://www.makulab.jp/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Futonto 株式会社 >
  3. 「快適な睡眠に本当に必要なものって?」快適睡眠づくりフェアで考える