モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」3月26日(金)から新宿駅をはじめ京王線4駅に導入決定

京王線が新たな充電スポットに!

京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、取締役社長:紅村 康、以下「京王電鉄」)、株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:秋山 広宣、以下「INFORICH」)は、京王電鉄が運営する京王線の4駅に、3月26日(金)より、モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を設置することをお知らせします。

この度、京王線駅の4駅に「ChargeSPOT」が設置されます。11路線利用可能でどこからでもアクセスが出来るターミナル駅の「新宿駅」や、利便性の高い「橋本駅」などに設置いたします。
電車での長時間の移動の際にはもちろん、遊びに行く際やお仕事帰りに最寄りの駅で借りられるなど、様々なタイミングでいつでも充電が可能になります。皆様の生活の一部としてご活用いただけるよう、今後順次設置駅を拡大していく予定です。

■設置概要
設置日時:2021年3月26日(金)
設置場所:新宿駅、明大前駅、橋本駅、府中駅

■ ChargeSPOTのサービスについて
モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」。レンタル方法はアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけの簡単操作。2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中です。
外出時にスマホの充電が足りない・・・そんな時はチャージスポット。アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができます。また「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、LINE公式アカウント内(https://lin.ee/rH8So5i)からもサービスを利用することが可能になり、事前に専用アプリをダウンロードしていなかった場合もその場でサービスを利用できるようになりました。


■「ChargeSPOT」ご利用方法

(1)アプリをダウンロードし、アカウントの登録をします。
(2)アプリでバッテリースタンドの場所を検索し、ご利用になるバッテリースタンドへ向かいます。
(3)表示されているQRコードを読み取ります。バッテリースタンドのスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続すれば、移動中に様々なデバイスの充電をすることができます。
(4)アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込むことで返却は完了です。

アプリ名称:ChargeSPOT チャージスポット
ダウンロードはこちら:https://go.onelink.me/GQjX/cc9f2407

■「ChargeSPOT」ご利用料金
1時間未満165円、その後48時間未満330円、そのあと最大7日間(168時間)まで1日(24時間)165円で利用できます。
※レンタル開始後168時間(7日間)を超えた場合は、違約金2,508円(利用料金を含む)支払義務が発生します。

■ お問い合わせ
株式会社 INFORICH ChargeSPOT 広報部 PR担当 木村
Mail : press@inforichjapan.com

京王お客さまセンター
TEL : 042-357-6161(平日9 : 00~18 : 00)
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社INFORICH >
  3. モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」3月26日(金)から新宿駅をはじめ京王線4駅に導入決定