プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

森ビル株式会社
会社概要

蜷川実花が挑む、過去最大の展覧会。地上200mの桃源郷で、光彩色の世界に飛び込むアート体験。「蜷川実花展 Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」12月5日開幕

虎ノ門ヒルズの情報発信拠点「TOKYO NODE」開館記念企画 第二弾。展示詳細・新キービジュアルが初公開/11月10日(金)よりオンラインにてチケット販売開始

森ビル株式会社

森ビル株式会社が運営する虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの情報発信拠点「TOKYO NODE」(東京都港区)は、2023年12月5日(火)〜2024年2月25日(日)の期間、開館記念企画 第二弾「蜷川実花展 Eternity in a Moment  瞬きの中の永遠」を開催いたします。本展のチケットを11月10日(金)よりオンラインにて販売開始いたします。

写真家・映画監督の蜷川実花がクリエイティブチームEiM(エイム)として挑む、圧倒的スケールの展覧会「蜷川実花展 Eternity in a Moment  瞬きの中の永遠」。すべて本展のために制作した映像インスタレーション・写真、立体展示などで構成された11作品が一堂に会する、蜷川実花にとって過去最大規模となる体験型展覧会です。

本展の会場となるのは、2023年10月6日に開業した情報発信拠点「TOKYO NODE」。45階、地上から200m超の高さにあるGALLERY A/B/Cは総面積およそ1,500㎡に至り、蜷川実花が過去開催した展覧会で最大の展示面積となります。また展示作品もTOKYO NODEの特徴的な空間に合わせて制作・刷新されており、GALLERYから見下ろす東京の風景や外光を体験に取り入れるなど、この期間・この場所でしか体験できない構成としました。

本展の開催を記念し、会期中はデザイナーとコラボしたアパレルや会場限定のオリジナルグッズを販売するPOP-UPショップが登場するほか、TOKYO NODE内の飲食店とのコラボメニュー展開、イベント等も予定しております。


TOKYO NODEは、今後もビジネス・アート・テクノロジー・エンターテインメントなどのあらゆる領域を超えて、新たなものを生み出し、世界へ発信してまいります。


<展覧会の見どころ>


1.すべてが新作。CGを用いず「リアル」な被写体で構成された映像インスタレーション

本展のために制作された映像は、幻想的な美しさながら、CG等を用いずに現実を切り取ったもの。日常の中にある儚い美しさを、永遠の存在として昇華しています。


2.作品ごとに異なるチームメンバーが結集。

すべてが展覧会の“顔”レベルとなる、11の作品群

建築、音楽、舞台美術など各分野のプロフェッショナルらと共創。11作品それぞれが、個展であれば主作品となるレベルで制作されながら、展覧会として互いに連結したひとつの体験に仕上げています。


3.“巡回不可”、「地上200mからの東京」を借景にしたTOKYO NODEでしか見られないアート体験

各展示はTOKYO NODEの広大なギャラリースペースに合わせて制作されており、他施設で同じ作品体験はできません。さらに外光すらも作品の一部に取り入れることで、訪れるたびに異なる表情を楽しむことができる設計となっています。


<展示概要・作品紹介>

(展覧会ステートメント抜粋)

何気ない日常の景色であったとしても、少し見方を変えるだけで、全く異なる美しさや情感に出会うことができる。本展の核である映像全てに共通するのが、“夢のように見える美しい景色であっても、全て現実の映像である” こと、そしてそれらの大半は “人々の日常の延長線上にある、何気ない場所で撮影されている” こと。本展での体験が、鑑賞者の心に変化をもたらす機会になることを願っています。(EiM)


導入部分イメージ導入部分イメージ


蜷川実花の代名詞とも言える鮮やかな極彩色のイメージは、全くの暗闇から始まる導入で一変します。

地上200mのTOKYO NODEから見下ろす東京の風景や光すらも作品表現に取り入れた、ここでしか見られない展示は11の体験に分かれています。


(以下、一部作品紹介)

《 Flashing before our eyes 》イメージ《 Flashing before our eyes 》イメージ

Flashing before our eyes 》

最高天高15mのドーム型天井全面を使った大型の映像体験。

動と静、生と死、緊張と緩和など対となる概念が走馬灯のように現れ、無意識に沈んでいく中で、意識を取り戻し、再び目覚めるまでがイメージされています。





《 Intersecting Future 》イメージ)《 Intersecting Future 》イメージ)

 Intersecting Future 》

映画監督の顔をもつ蜷川実花の真骨頂。上下左右、鑑賞者の視界一面を埋めつくす花々の様子は、まるで桃源郷のよう。映画のセット技術を活用した、迫力のある空間体験型展示です。 








《 胡蝶のめぐる季節 》イメージ《 胡蝶のめぐる季節 》イメージ

胡蝶のめぐる季節 》

蝶に誘われながら、四季の映像を巡る体験。投影される花々は、まるで作りもののような美しさでありながら、CGではない“実物”が切り取られています。5層ものスクリーンを行き交う鑑賞者もまた、作品の一部となります。





<開催概要>

・会期: 2023年12月5日(火)〜2024年2月25日(日) ※年末年始等休館日あり

・開館時間: 月・水・木・日曜:10:00~20:00 / 火曜:10:00~17:00 / 金・土・祝前日:10:00~21:00

 ※最終入場は閉館時間の30分前まで ※祝日は10:00~20:00

・会場: TOKYO NODE GALLERY A/B/C(東京都港区虎ノ門2-6-2 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 45F)

・所要時間: 約60分

・主催: TOKYO NODE

・協賛: 株式会社ポーラ / TOKIOインカラミ / Roadstead / ガトーフェスタハラダ / nido

・協力: 小山登美夫ギャラリー / MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

・公式サイト: https://tokyonode.jp/sp/eim/


<チケット情報>

● 障がい者手帳をお持ちの方もチケットの購入が必要です。未就学児のお子様、障がい者の介助者の方(1名まで)はチケットをお持ちの方と同時入場に限り、無料で同伴いただくことが可能です。

● 公式サイトチケットページからご希望のチケットを選択し、オンライン決済(クレジットカード)にてお支払いください。 ご購入後のキャンセル・日時変更はできません。



【前売限定】グッズ付きチケット〈全2種〉

前売期間中、ここでしか購入できない限定デザインの「サーモボトル」または「エコバッグ」(いずれも通常価格5,940円相当)のアイテムが付いた「グッズ付きチケット」を、各前売チケット料金+5,000円で販売します。「オリジナルコンパクトミラー」も付く、豪華なセットチケットです。(数量限定・なくなり次第終了)

  



前売購入特典(前売の全券種対象) 

前売期間中に各チケットをご購入された方へ「オリジナルコンパクトミラー」(通常価格990円相当)をプレゼント。(数量限定・なくなり次第終了)




<アーティストプロフィール>

蜷川 実花(にながわ・みか)/ 写真家・映画監督

 写真を中心として、映画、映像、空間インスタレーションも多く手掛ける。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)はじめ長編映画を5作、Netflixオリジナルドラマ『FOLLOWERS』を監督。最新写真集に『花、瞬く光』。クリエイティブチーム「EiM : Eternity in a Moment」の一員としても活動している。



蜷川 実花 コメント:

ここ数年、この展覧会のために何度も実験をして準備してきました。今までたくさんの展覧会をやってきましたが、過去最大級、これまでの展覧会とは全く違うものに。桃源郷のような世界を体感していただけると確信しています。今回はEiM としてのチームでのぞみます。このTOKYO NODEでしか、他の場所では決して実現できない展示なので、絶対に観にいらしてください。



宮田 裕章(みやた・ひろあき)/ データサイエンティスト・慶應義塾大学教授

データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。2022年より蜷川実花、Enzoらとともに結成したクリエイティブチームEiMのリーダーとしても活動している。


宮田 裕章 コメント:

私たちは、何気ない日常や瞬間の中で移ろいゆくものの中に、普遍的な美しさを見出す美意識に敬意を込めて、TOKYO NODEでの展覧会名を「Eternity in a Moment」としました。皆さんと体験を共につくる中で、本展が未来へつながる新しい場になることを願っています。



EiM(エイム): Eternity in a Moment / クリエイティブチーム

写真家・映画監督の蜷川実花、データサイエンティストの宮田裕章、セットデザイナーのEnzoらで結成されたクリエイティブチーム。プロジェクトごとに多様なチームを編成する。


<本展アドバイザーからのコメント>

片岡 真実(かたおか・まみ)/ 森美術館館長

蜷川実花の花々はいつも強くて眩しすぎる。彼女をそれほどまでに突き動かすものは何なのか。その眩しすぎる艶やかな世界に至るまでに、どんな暗闇を通ってきたのか。彼女の作品が輝きを放つのは、誰もが直面する日々の葛藤もパンデミックも戦争も、すべて一旦受容して、それでもなお、「いま、ここ」を生きようとしているからなのか。激しく揺れ動くその感情の根底を、本展では見られるだろう。


<本展限定のコラボレーション企画>

▮ オフィシャルPOP UPショップが登場

本展の開催を記念し、会場でしか購入できないオリジナルグッズを含む多数のアイテムを販売するオフィシャルPOP-UPショップがTOKYO NODEの45Fに登場。「FETICO(フェティコ)」、「KIDILL(キディル)」、「MASU(エムエーエスユー)」、「TENDER PERSON(テンダーパーソン)」の4人のデザイナーとコラボレーションしたアパレルアイテムを会場で限定販売するほか、「ガトーフェスタ ハラダ」や「POLA」とのコラボアイテムも展開いたします(一部に先行販売および通常販売商品を含む)。



M / mika ninagawa × ガトーフェスタ ハラダ【TOKYO NODE先行販売】

「グーテ・デ・ロワ 蜷川実花フラワーパッケージ ミニ缶」

(2枚入り×6袋)1,080円





M / mika ninagawa × POLA 

「デイリズムティー セレクトボックス リミテッドエディション」

(14包入り×2袋)3,996円









▮ その他の特別コンテンツ

TOKYO NODE飲食店とのコラボメニューおよび会期中イベント等の情報は、12月上旬に発表いたします。


※画像はイメージです。 ※記載価格は税込みです。

※掲載内容はすべて2023年11月10日(金)現在の予定です。内容は予告なく変更・中止する場合があります。

最新情報はTOKYO NODEまたは本展の特設WEBサイトをご確認ください。 



【TOKYO NODEとは】

2023年10月6日に開業した「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の最上部に位置する「TOKYO NODE」。イベントホール、ギャラリー、レストラン、ルーフトップガーデンなどが複合する、約10,000 ㎡の新たな情報発信拠点です。 施設内には、ミシュランで星を獲得したシェフによるレストランや、イノべーティブなプレイヤーが集まり共同研究を行う「TOKYO NODE LAB」を併設。NODE=結節点という名のとおり、ビジネス、アート、テクノロジー、エンターテインメントなどあらゆる領域を超えて、新たなものを生み出し、世界に発信していく舞台となります。


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
東京都港区イベント会場
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

森ビル株式会社

49フォロワー

RSS
URL
https://www.mori.co.jp/
業種
不動産業
本社所在地
東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー
電話番号
-
代表者名
辻󠄀 慎吾
上場
未上場
資本金
795億円
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード