コンパクト&直感的操作で、エコーがもっと身近なものに。手軽な医療ツール タブレット型の超音波画像診断装置発売「ポケットエコー miruco(ミルコ)」

日本シグマックス株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:鈴木廣三)は、超音波画像診断装置「ポケットエコー miruco(ミルコ)」を2016年7月1日に発売します。初年度は1,000台の販売を目指します。

 

【本件のポイント】
・タブレットを使い小型で持運び可能な超音波画像診断装置「ポケットエコー miruco」を発売
・安全で様々な用途に使えるが高価かつスキルが必要なため、使用の範囲が限られていた従来のエコーの課題を解決
・「miruco」はリーズナブルかつシンプルで直感的な操作性で、在宅医療など使用の広がりが期待できる


【本件の概要】
 世界一の超高齢社会である日本は医療費高騰などの諸問題を抱えています。社会保障制度や医療介護政策の見直しは解決すべき喫緊の問題であり、病院だけでなく地域レベルでどのように連携してケアを提供するか、システムの整備が急務と言われています。
 医療用エコー(超音波画像診断装置)は、技術の進歩により高画質化、高機能化が進み診断の用途が広がっていますが、操作や画像の読み取りには高度なスキルやノウハウが要求されます。また、1台が数百万円、数千万円もする製品もあり、誰もが使える機器とはなっておりません。

 

 「miruco」は病棟や往診、訪問介護などポケットエコーが最大限活躍し、医療連携につながる場面を想定し開発されました。プリセットされた設定を選ぶだけで使えるシンプルで直感的な操作性、わずか数秒という短時間での起動と現場での使用に見合った電池容量、持ち運びやすいコンパクトなサイズと見やすい大きさの画面の両立など、必要十分なレベルの機能や画質にすることで、1台あたり16万9900円(本体価格)という従来にないリーズナブルな価格を実現しています。
 タブレット型のエコーは使用しながら画像を患者様にも見せられるので、治療への積極的参加を促すコミュニケーションツールとしての役割も果たします。当社では簡単かつ低価格なエコー「miruco」を広く浸透させるために、外部機関と連携しながら正しい使用方法・判断基準の普及活動を推進し、病棟のみならず在宅医療にまで、医療現場の質をより向上させる有益なツールとなることを目指します。

【製品情報、購入に関する問い合わせ先】
・専用ウェブサイト http://www.sigmax-med.jp/medical/miruco
・専用お客様窓口TEL:0800-222-3210(通話料無料) 受付時間9時~17時(平日)※土日、祝祭日、年末年始を除く

<超音波画像診断装置(エコー)とは?>
・超音波画像診断装置(エコー)は、超音波を発信して返ってくる反射波を画像化することによって、外からは見えない体の中を知り、診断に必要な情報を得るための装置です。
・レントゲンやCTのように放射線被ばくの心配が無く、診断・病態の把握から治療までの時間を短縮することから「第二の聴診器」の役割を果たすと言われています。
・画像を患者様にも見せながら説明をすることができるので、円滑な治療を実現するための強力なコミュニケーションツールでもあります。 
・エコーの医薬品医療機器等法上での分類は、電子体温計や電子血圧計などと同じClassⅡで、公的医療保険外であれば誰でも使用可能な機器です。

<ポケットエコーmiruco 製品特長>

 

■コンパクト設計で持ち運びが楽!
 片手で持てて画像が見やすい7インチのディスプレイのタブレット(210mm×110mm)を使用。プローブも一緒に白衣やエプロンなどのポケットに入るコンパクト設計で、合計の重さも約460gと、持ち運びが楽にできます。

 

■操作が簡単ですぐに使用可能!
 プローブのケーブルをタブレットに挿すだけで、わずか数秒で起動しすぐに使えます。設定は目的(膀胱、肺、浅部、深部)と、体型(細身、標準、肥満)の2つをタッチパネルで選択するだけでよく、直感的な操作が可能。日本語表示で分かりやすいので簡単に使用できます。
■膀胱モード、肺モードをプリセットで用意
 脱水等の体液管理、排尿管理等に役立つ「膀胱モード」と、慢性心不全、誤嚥性肺炎などの観察のための「肺モード」をプリセット。細かな設定をしなくても、すぐに現場で使用することができます。
■3時間連続使用可能で様々なシーンに対応
 連続動作時間はフル充電時で約3時間と、病棟、往診、訪問看護など、使用シーンや場所を問わずいつでもどこでも使用することができます。※充電しながらの使用はできません
■通信を使って画像共有が可能
 無線LAN(Wi-Fi等)使用環境下で画像をメール送信したり、USB接続でパソコンに画像を保存したりすることができ、情報や画像の共有や、現場での判断に活用できます。※通信は別途必要になります。

<販売情報>
「ポケットエコー miruco(ミルコ)」は日本シグマックス株式会社が製造販売いたします。販売対象は医療現場(医療機関、在宅医療、訪問看護)となります。
・発売日:2016年7月1日(金)より受注開始
・本体セット販売価格:169,900円(税別)
・保証プラン:1年保証16,800円、2年保証33,600円、3年保証45,000円(税別)
当初は販売のみのご提供ですが、毎月定額のレンタルプランも検討中です(2016年秋開始予定)
【製品情報、購入に関する問い合わせ先】
・専用ウェブサイト http://www.sigmax-med.jp/medical/miruco

<日本シグマックス株式会社について>
■エコーとの関わり
 日本シグマックスは、整形外科で使用する『運動器向けエコー』を2009年より取り扱い開始。学会セミナーへの協賛や企業展示、ドクター向けのハンズオンセミナー開催、冊子や動画、ウェブ等を活用した情報提供を通して、運動器エコーの有用性、正しい使用方法を伝え、市場の拡大とともに医療の発展に貢献してまいりました。
 今回、タブレットと接続して使用するポケットエコーという新しい製品を通して、これまでとは異なる在宅医療等の分野への進出を目指します。
※運動器:骨、関節、筋肉や神経など、身体を構成し、支え、身体運動を可能にする器官

■会社概要
 日本シグマックスは「身体活動支援業」を企業使命に掲げ、創業以来40年以上にわたり、医療、中でも整形外科分野に特化して各種関節用装具やギプスなどの外固定材、リハビリ関連製品などを製造・販売してまいりました。医療機器にも進出し、当社が先鞭をつけたクライオセラピーのためのアイシングシステムや、国内初のコードレス超音波骨折治療器「アクセラスmini」など、特徴のある医療機器を世に出しています。

 また、国内No.1スポーツサポーターブランド「ZAMST(ザムスト)」をはじめとした、コンシューマー市場への製品も展開しています。2010年からはロコモティブシンドロームを予防するための啓蒙活動の一環とで、「ロコモチャレンジ!推進協議会」の正会員企業として、医療向け、コンシューマー向けにかかわらず、社会に「身体を動かす喜び」を提供し続けています。

所在地:東京都新宿区西新宿6-8-1
創業:1973年6月1日
資本金:9,000万円
代表取締役社長:鈴木 廣三
社員数:250名(2016年3月末)
売上高:101.9億円(2016年3月期)
コーポレートサイト:http://www.sigmax.co.jp/
 

 

<製品仕様>
販売名:ポケットエコー miruco
一般的名称:汎用超音波画像診断装置
類別:機械器具 12 理学診療用器具
医療機器分類:管理医療機器
特定保守管理医療機器:該当
医療機器認証番号:228AHBZX00010000

■プローブ
本体寸法:126mm×78mm×24mm ケーブル長さ 936mm
本体質量:180g
定格入力:タブレット表示器内蔵バッテリー:DC 5V
電撃に対する保護の形式および程度:内部電源機器 BF形装着部
超音波プローブ仕様:3.5MHz コンベックスプローブ Bモード

■タブレット表示器
ディスプレイサイズ:7インチ
本体寸法:210mm×110mm×10mm
本体質量:280g
定格入力:電源入力 AC100~240V 50/60Hz 3.25VA
連続動作時間:約3時間(1回の充電につき)

■輸送・保管条件
 温度:-10~60℃ 湿度5~95%(ただし結露しないこと) 気圧:700~1060hPa
■セット構成:プローブ×1台、タブレット表示器×1台、接続ケーブル×1本、タブレット表示器充電用アダプタ×1台、超音波ゲル×1本、添付文書、取扱説明書、タブレット表示器用マニュアル

■禁忌・禁止事項
・眼球への適用はしないこと(眼球への適用を意図して設計されておりません)。
・除細動器との併用はしないこと(性能の劣化や故障の恐れがあります)。
・本装置は防爆型ではないので、装置の近くで可燃性及び爆発性の気体を使用しないこと(爆発または火災を引き起こすおそれがあります)。

■注意事項
・プローブは本品専用の製品のため、他の機器には接続しないでください。
・本品は医療機器安全規格(JIST0601-1)および電磁両立性(EMC)規格(IEC60601-1-2)の適合確認をしております。付属のタブレット表示器以外は使用しないでください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本シグマックス株式会社 >
  3. コンパクト&直感的操作で、エコーがもっと身近なものに。手軽な医療ツール タブレット型の超音波画像診断装置発売「ポケットエコー miruco(ミルコ)」