社員ボランティアによる小石川後楽園清掃活動を実施しました

MS&ADインシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社(取締役社長:船木 隆平/URL:https://www.mitsui-direct.co.jp/)は、11月29日(木)に、小石川後楽園にて役職員ボランティア63名による清掃活動を実施しました。
小石川後楽園は当社の本社に隣接しており、社員にとって日頃から身近な存在であるため、地域の身近なニーズに応えたいとの想いから、本ボランティア活動を2014年からスタートしました。5年目にあたる今年は、紅葉が美しい大泉水周辺の砂利ならしとバックヤードに大量に積もった落葉の掃除に取り組みました。

公益財団法人 東京都公園協会 小石川後楽園サービスセンター サービスセンター長 西山氏からは「最近は海外からの観光客も増加しており、『日本庭園』ならではの手入れの行き届いた景観の魅力を味わってもらいたいと考えている。紅葉シーズンは特に多くのお客様が来園し、園路の砂利が散らばってしまう。また、落ち葉は日々清掃をしても取り切れないこともある。そのような状況の中、ボランティアとして大人数で掃除を行ってもらえることは、大変ありがたい。」との言葉をいただきました。
当社およびMS&ADインシュアランス グループは、2030年に目指す社会像を「レジリエントでサステナブルな社会」と掲げ、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を道標として実現に向けた取組みを進めており、本活動は、SDGsの17の目標のうち、とくに「11住みつづけられるまちづくりを」「15陸の豊かさも守ろう」に向けた取り組みでもあります。
当社は、これからも地域のニーズに合わせた社会貢献活動を積極的に行って参ります。


                                                                    以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三井ダイレクト損保 >
  3. 社員ボランティアによる小石川後楽園清掃活動を実施しました