オークファンが中小機構の定めるEC活用支援パートナーに認定

株式会社オークファン(本社:東京都品川区、代表取締役:武永修一、以下「オークファン」)は、この度、独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)の定める『EC活用支援パートナー』として認定されたことをお知らせいたします。

『EC活用支援パートナー』制度は、中小企業・小規模事業者のECを活用した販路開拓を促進するために民間企業をパートナーとして連携していくものであり、中小企業の成長・発展に向けた貢献意欲がある企業が選定されています。この度オークファンは、販路開拓や売上拡大に課題を持つ中小企業に、大企業の不動在庫や商品流動化ノウハウを提供することで、中小企業を支援いたします。本取り組により、中小企業の支援を行うとともに、当社が推進する「流通を最適化する」事業をより一層加速させることが出来るものと期待しております。

■中小機構とは

中小機構は、日本で唯一の中小企業政策全般にわたる総合的かつ中核的な支援・実施機関として、様々な事業を提供する独立行政法人です。約358万社といわれる起業・創業期から成長期、成熟期に至るまでの日本の中小企業の経営を支援するため、企業の成長ステージに合わせた幅広いサポートを行っております。
※2019/11/29中小機構公式サイトより引用:
http://www.smrj.go.jp/org/about/services/index.html

 中小機構概要
名称:独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)
主務大臣:経済産業大臣(一部の業務については財務省と共管)
代表者:理事長 豊永 厚志
設立年月日:2004年7月1日
資本金:1兆693億5577万1946円(2019年3月27日現在)
従業員:役員 13名(2019年4月1日現在)、職員 748名(2019年4月1日現在)
所在地:本部所在地 〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル
コーポレートサイト https://www.smrj.go.jp/index.html

 ■『EC活用支援パートナー』とは
中小企業・小規模事業者のEC活用による販路開拓の向上を目的に、国内EC、越境ECを活用した販路開拓支援の実施にあたり、中小機構が選定した民間企業がパートナーとなり中小機構と連携した取り組みを行うための制度で、中小企業等の成長・発展に向けた貢献意欲がある企業が選定されています。
※2019/11/29中小企業のためのEC活用支援ポータルサイト【ebiz】より引用:
https://ec.smrj.go.jp/partner/

この度の『EC活用支援パートナー』認定を受け、オークファンはショッピング・オークション一括検索・比較サイト aucfan.com のデータや、これまで蓄積してきた在庫流動化ノウハウを活用し、中小企業の販路開拓・売上拡大と、中小企業経由での在庫流動化を推進してまいります。

オークファン概要
会社名: 株式会社オークファン
代表者: 代表取締役 武永 修一
創 業 : 2007年6月
資本金: 8億6,115万円 (2019年9月末現在)
従業員: 149名 (2019年9月末現在 ※連結)
所在地: 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro3階
コーポレートサイト http://aucfan.co.jp/
国内最大級のオークション一括相場検索・価格比較サイト「オークファン」 https://aucfan.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オークファン >
  3. オークファンが中小機構の定めるEC活用支援パートナーに認定