不動産投資サービス「INVASE」がアパマンプロパティと業務提携、ローン借り換えによる賃貸オーナーの収支改善支援を開始

 オンライン不動産投資サービス「INVASE(インベース)」を運営する株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明)は、総合不動産管理会社であるApaman Property株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:泉 憲佑、以下「アパマンプロパティ」)と業務提携を締結いたしました。本提携によって、12月からアパマンプロパティご契約の賃貸オーナー様に向けて、不動産投資ローン借り換えの促進を図ります。今よりも条件の良いローンへ借り換えることで、オーナー様の収支改善を目指します。

 現在、不動産投資ローンを取り扱う金融機関の多くは金利を公にしておらず、借入者の年収や勤務形態などの属性、購入する物件の担保評価などにより大きく利率が異なります。そのため、個人が他金融機関の審査傾向や、提示される利率を正確に推測することは難しい状況です。

 「INVASE」はオンラインに特化した不動産投資サービスです。今よりも条件の良い不動産投資ローンへの借り換えをご提案するサービスでは、これまでのお客様の審査結果をもとに金融機関の審査傾向を分析し、審査基準を満たすであろう金融機関をご紹介しています。ご利用者様の毎月返済の平均削減額は1.3万円、利回りは最大3.1%の改善が実現しています。2018年10月のサービス開始から、2万人以上の不動産投資家にご利用いただいています。

 アパマンプロパティは、賃貸管理・サブリース(一括借上)事業を展開し、賃貸管理戸数約91,421戸の総合不動産管理会社です。「アパマンショップ」ブランドのAPAMAN株式会社のグループ会社であり、オーナー様の大切な資産である不動産を適正に運営するため、専門的な知識を身につけたプロパティマネジャーが不動産収益の最大化を実現すべく取組んでいます。

  本提携では、不動産投資ローン借り換えの知見が豊富な「INVASE」が、アパマンプロパティが契約するオーナー様へ借り換え先金融機関をご提案することで、収支見直しをサポートすると同時に顧客満足度向上を図ります。借り換えのご案内は、アパマンプロパティのサイトでのバナー設置やメール、郵送から始めます。

  なお、「INVASE」が不動産管理会社と提携をするのは今回が初めてです。今後も管理会社との連携を行い、より多くの不動産投資家の支援を進めてまいります。
 
  • 株式会社MFS概要
代表者:代表取締役CEO 中山田 明
本社:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLAB
設立:2009年7月(2014年10月株式会社MFSに商号変更)
事業:オンライン住宅ローン比較サービス「モゲチェック(https://mogecheck.jp/)」の運営
   オンライン不動産投資サービス「INVASE(インベース)(https://investment.mogecheck.jp/)」の運営
URL: https://www.mortgagefss.jp/

 2015年8月に住宅ローンの借り換えサービスから始まり、2018年10月からはこれまで住宅ローンで培ってきた金融機関との連携を活かし、不動産投資サービスを開始しました。業界初の不動産投資ローンの借り入れ可能額を判定する「バウチャー」サービスや、今あるローンの借り換え先金融機関を紹介してくれる「借り換え」サービス、保有物件の「売却」サービスなどがあります。不動産投資では珍しい場所や時間にとらわれないオンラインサービスであることから、不動産投資を副業とするサラリーマン投資家の皆様を中心にご利用いただいております。
 
  • Apaman Property株式会社概要
代表者;代表取締役社長 泉 憲佑
本社:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル3階
設立:平成17年9月1日
URL:https://www.apaman-property.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MFS >
  3. 不動産投資サービス「INVASE」がアパマンプロパティと業務提携、ローン借り換えによる賃貸オーナーの収支改善支援を開始